2022年春ドラマ(土曜日)新5終1 随時更新

2022年4月3日

今夜はコの字で Season2

項目
放送局BSテレビ東京
放送開始時刻24:00
放送時間30分
放送開始日4/9
前クールまったり!赤胴鈴之助
話数12
主要キャスト中村ゆり/浅香航大/優希美青/小園凌央/北香那
藤井武美/竹財輝之助/堀部圭亮/下條アトム
ジャンル飯テロ
公式Twitter@BS7ch_konoji
公式Instagram@bs7ch_konoji

2020年冬クール放送の『今夜はコの字で』がシリーズ化、2期がスタートしました、1期でも書いたんだけど、『孤独のグルメ Season9』は「食」が主役、『ワカコ酒 Season6』は「酒と食」が主役なのに対して、本作の1期は「人」が主役だったのでうまくハマらないと…

  • 田中恵子(中村ゆり)フードコーディネーター/コの字酒場マスター/吉岡の大学時代の先輩
  • 吉岡としのり(浅香航大)広告代理店「シューエイプロジェクト」のマネージャー/恵子が好き
  • 池ハルカ(優希美青)広告代理店「シューエイプロジェクト」の新入社員
  • 山田大河(小園凌央)広告代理店「シューエイプロジェクト」の社員/洋子が好き
  • 田中洋子(北香那)恵子の妹/就活中
  • ミキ(藤井武美)恵子のアシスタント
  • 透(竹財輝之助)恵子の元カレ
  • 角倉誠(堀部圭亮)広告代理店「シューエイプロジェクト」の社長
  • 月島(下條アトム)ナレーション/吉岡のコの字デビューに居合わせた常連客

コの一、お店は蕨「㐂よし
相変わらず「人」が主役っぽい作り方だなー、それにコロナ禍で窮地に陥っている飲食店を応援する必要があるのは解るけど、酒場を大々的に紹介するフェーズにはまだ入っていませんよ?ドラマの世界ではパンデミックが終了した世界の様だけどね

コの二、お店は蒲田「さしみや五坪」と大森「蔦八
店主や従業員さんは本物なんだね、これは見る価値が低いドラマだなー、プロの演技を見るためにドラマ見てるのになんで素人の下手くそな演技をみなきゃいけないの?コの字のスタッフちゃんと考えた方が良いよ
ヒロミさんの長男の小園凌央さん、イヤな奴とかチャラい奴の演技上手くなって来たよね

コの三、お店は金町「大力酒蔵
恵子先輩役の中村ゆりさんは大阪出身なので砕けた時は関西弁が出る、これはS1から一緒、対して妹・洋子役の北香那さんは東京出身なので関西弁は演技、たぶん演出家はここまで求めてないと思うけど本当に中村ゆりさんの妹の様に似せてくる、声のトーンも仕草もね
この人は若いけど超憑依系俳優さんで2021年冬クール放送の『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~(終)』では番組外のYouTubeチャンネルでも中国人・茉莉(ジャスミン)役のままドラマ外の日常を演じ切る、カメラの回っている所ではOFFにならない人です

コの四、お店は門前仲町「だるま
なんで平日の明るい時間からサラリーマンがコの字で飲んでるの?吉岡何やってるんだよwまあ「だるま」っていう名前は居酒屋が付けがちな名前だけどね、指導係になった新人と恵子先輩がコの字で意気投合している所に吉岡登場、良くあるベタベタストーリー

コの五、お店は小岩「一力
吉岡がヘタレってやつだから恵子の事を間柄でしか呼べないんだよね、1期で奥手ながらも頑張ったから帰国後の関係を築けたのにそこからのひと推しがないからね、デートに誘って「さすがに僕にも後輩が増えて先輩と呼ばれることも増えて格好がつかないので恵子さんと呼ばせてもらいます」こんな感じで宣言すれば良い、お伺いじゃなくて宣言ね

コの六、王子「宝泉
恵子さんって呼んだね理由は「何となく」で流したけど吉岡一歩成長したね!私は本人に対して「○○先輩」と呼んだのは学生時代止まりです、酒の席をご一緒した年配男性を「先輩」と呼ぶことはあるけどね、街の飲み屋で知り合うその場限りの年配者とかね、名前は知らないけどなんか意気投合しちゃう事あるでしょ?そういう時は楽しく飲んでもらうために「先輩」って呼んだりしますね、あとは冠婚葬祭とかで遠い親戚とかを呼ぶときにも使うよね
年寄り向けに柔らかくふやかしたアタリメを出すお店、それのメニュー名はヤワリメ可愛い名前になったね

コの七、神保町「兵六」「Japanese SAKE STAND 85
急に上司らしくなる吉岡だけど気が利かないのは相変わらずって所で、あのギクシャク感を感じ取れないとダメだよね、っていう感想が素で出てくる演技力はスゴイ

クロステイル~探偵教室~

項目
放送局フジテレビ
放送開始時刻23:40
放送時間55分
放送開始日4/9
前クール准教授・高槻彰良の推察 Season2
話数8
主要キャスト鈴鹿央士/堀田真由/檀れい/板尾創路/草川拓弥
篠田麻里子/髙田延彦/福山翔大/伊藤正之/遊佐亮介
冨樫真/山口香緒里
ジャンル探偵学園ドラマ
公式Twitter@tokaitv_dodra
公式Instagram@dodra_tokaitv
公式TikTok@dodra_tokaitv

行方不明になった父親を探すために、ジョーカー探偵学校に入学した男性が地道な調査の連続に幻滅しそうになりながらも、課題や実習などの経験を重ねていくうちに人間の心に寄り添う探偵という仕事にやりがいを見出していくさまを描く

  • 飛田匡(鈴鹿央士)主役/ジョーカー探偵学校の生徒
  • 芹沢朋香(堀田真由)ジョーカー探偵学校の生徒
  • 新偕理子(檀れい)ジョーカー探偵社代表であり、ジョーカー探偵学校の校長
  • 飛田迅平(板尾創路)匡の父であり、推理作家
  • 藤巻敦也(草川拓弥)ジョーカー探偵学校の生徒/ホスト
  • 堀之内純子(篠田麻里子)ジョーカー探偵学校の生徒
  • 南武辰彦(髙田延彦)ジョーカー探偵学校の講師/尾行・張り込み調査のスペシャリスト
  • 野木明生(福山翔大)ジョーカー探偵学校の生徒/陸上の元選手
  • 丸川喜三郎(伊藤正之)ジョーカー探偵学校の生徒/クラスの最年長
  • 都賀真一(遊佐亮介)ジョーカー探偵学校の生徒
  • 皆川瑠依(冨樫真)ジョーカー探偵学校の講師/盗聴・盗撮調査のスペシャリスト
  • 飛田千穂子(山口香緒里)匡の母親

第1限「張込みと尾行」
探偵に国家試験は無いからね、探偵業をするには探偵業法に基づいて最寄りの公安委員会に届け出をするだけ、資格は何も必要ありません
堀田真由さん好きなのでそれも含めてドラマの方は面白そうだよ!

第2限「盗聴盗撮調査」
スクールじゃないの?自分で考えろ!っていう課題を与えてそれをクリアできなければクビっておかしいでしょ?探偵事務所の就職試験って言うなら分かるけど
マジックショップでの実演販売しかできない駆け出しマジシャンが鉄骨むき出しの部屋なんて住めるわけないじゃん、お母さんのトンチンカンな行動面白いね

第3限「信用調査」
捜査権の無い私立探偵が出来る信用調査、自称で問題ない職業になりきる必要があるけど、それをするにはその職業の事を知らないと無理なので結構難しい
檀れいさんの口から出る「コミュ障」はものすごい違和感w「コミュ障だから脅迫は出来ない」それどういう根拠?脅迫は面と向かってする物っていう先入観が邪魔をしてるんだね
経歴詐称をしているからダメというのは先入観では無いの?

第4限「行方調査」
堀之内純子(篠田麻里子)の言い分が支離滅裂、試験だって言ってるのに感情に振り回されて妨害を始めるし、校長は「そんなこともあり得るから良いじゃない!」と言うし、何かしらの障害が無いとドラマが盛り上がらないのは解るけど同じ志を持って協力をしている同級生が日和るのはチープな展開で今一、調査先で出会った店主は元彼、そこは「上からマリコ」でいるべきでしょ?元彼との和解のシーンでBGM、いやいや問題それじゃないでしょ?w
えー、そういう終わり方?これのなにが行方調査なの?探偵の仕事はどこに居るかを調べる事で連れ戻すのは依頼者側の話でしょ?

第5限「調査報告書」
報告書の書き方には事務所ごとにテンプレートとかがあるんじゃないの?探偵がそれぞれ個人事業者で事務所貸しっていう事なら担当によって変わるかもしれないけど「ジョーカー探偵社」に依頼が来たならテンプレートに沿って作られるはずだしプロならそれをクライアントに提出する前にチェックする体制もあるはずで、さらに言えばクライアントがそれを使って何をするかは管轄外で探偵が責任を負うべき問題じゃないから今回の課題はちょっと微妙

第6限「ストーカー調」
実際の依頼を実習にしている最中に誤認私的逮捕をした元警察官の丸川喜三郎(伊藤正之)元警察官だったからこういう結果になったんだろうけど探偵の仕事は実力行使では無いでしょ?
相談中からなんとなく違和感あったけどやっぱりそうだったのね、今回はちょっと脚本雑?束縛男とそれに気付いていた依頼者、良くある展開だよね

第7限「探偵VS探偵」
単純な探偵学校のお話では無かったのね、元々匡(鈴鹿央士)の父・飛田迅平(板尾創路)が失踪したところから物語が始まっているのでそれを回収する必要はあるけど、私は探偵学校の授業パートが色々な新しい知識を吸収できるから好きなんだよね

スポンサーリンク

俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?

↑のは「ブログカード」っていう種類の表示方法なんですけど、このドラマのWikipediaのページを作った人が名称の末尾の「!?」を半角で登録したことが原因でブログカード形式が使えません「パーセントエンコーディング」という物がバグるからキーボードで直接入力が出来る半角記号は使わないのがネットリテラシーなんですが、テレビスタッフは情弱多いからもう仕方がないですね、インターネットに公開する事のデリケートさをちゃんと勉強してほしい物ですよ

俺の可愛いはもうすぐ消費期限!? – Wikipedia

項目
放送局テレビ朝日
放送開始時刻23:30
放送時間30分
放送開始日4/16
前クール鹿楓堂よついろ日和
話数
主要キャスト山田涼介/芳根京子/大橋和也/迫田孝也/鞘師里保
西田尚美/阿瀬川健太/古田新太/室井滋/上西星来
津田健次郎
ジャンルラブコメディー
公式Twitter@oshidoraEX
公式Instagram@oshidora_ex
公式TikTok@oshidora_ex

2021年冬クール放送の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』や2021年秋クール放送の『婚姻届に判を捺しただけですが』を描いた脚本家・田辺茂範さん作のオリジナル脚本
「可愛い」を武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介と、26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉の初恋を描く“キュンムズラブコメ”

  • 丸谷康介(山田涼介)営業1部所属の正社員
  • 真田和泉(芳根京子)商品開発部所属の正社員/恋愛経験ゼロ
  • 一ノ瀬圭(大橋和也)営業1部所属の正社員/康介の後輩/和泉の同期
  • 鏑木悟(迫田孝也)営業1部所属の正社員
  • 森保莉子(鞘師里保)受付嬢/康介の恋人
  • 山室つかさ(西田尚美)営業1部部長の正社員/康介の上司
  • 堀良太(阿瀬川健太)康介の同僚
  • おっさん(古田新太)神出鬼没な謎の多い人物
  • 康介の母(室井滋
  • 大原美波(上西星来)弥生ビールの新商品「夏浪漫」のイメージキャラクター
  • 須藤周平(津田健次郎)商品開発部チーフ/康介の恋敵

主演の山田涼介さんを個人の俳優として初認識したのは2019年夏クール放送の『セミオトコ』突き抜けた意味不明なドラマだったけどめっちゃ良かったドラマ、次に2020年秋クール放送の『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』共演の田中圭さんに霞まずちゃんと主演をこなして好印象
ヒロインの芳根京子さんが出るドラマは外れが無いので深夜の30分ドラマだけど期待大です

第1話、可愛い以外には何もない男の可愛いが終わった時何が起こるのか!
テーマが面白い!主演が女性なら今までもあったかもしれないけど男性だからね、初めて挫折を味わって一皮剥ける感じのストーリーなのかな?

第2話、おっさん(古田新太)は未来の自分!?
なんだ、あざとカワイイだけじゃなくてちゃんと努力が出来る性格イケメンなんじゃない、美容に気を使いながらも内面からにじみ出る良い人パワーで世渡りをしていけばいいと思うよ!

第3話、コロッケおいしそうだなー、このドラマは飯テロドラマじゃないはずなのに…
山田涼介さん綺麗な顔だね、丸谷康介はものすごく誠実な人なのに恋人だった森保莉子(鞘師里保)は彼の何を見ていたの?真田和泉さんは変わり者だけどちゃんと彼の中身を評価できる人、だからこの2人が惹かれ合っていくんだよね?

第4話、なるほどね、今まではルックスだけで乗り越えてきた諸々をこれからは言動で対処できる様にならないと行けないって思い知らされる回なんだね、デマの払拭には大人の機転の利いた嘘が重要ってね、上手い脚本でしたね

第5話、ミタゾノさん居た、そうかこのドラマはジャニーズ忖度枠なのかHey! Say! JUMPなにわ男子が出てるもんね、でもおままごとじゃなくよく出来てるドラマなんだよね
この枠は『オシドラサタデー』2021年冬クール放送の『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』が最初のドラマめっちゃ面白かったよね!さすがの生田斗真さん、以降の『コタローは1人暮らし』や『ザ・ハイスクール ヒーローズ』『鹿楓堂よついろ日和』は意味不明だったけどw2021年秋クール放送の『消えた初恋』で目黒蓮くんがカッコいい事を知って、ジャニオタじゃないと気付けない個々のタレントの良さを知れる良い枠だと思います

第6話「最初で最後のデート」
今まで可愛いだけで来た丸谷康介(山田涼介)だけどデートプランを立てたりして遊び慣れてるって事?真田和泉(芳根京子)は康介の前ではバカ真面目だけど元上司の須藤周平(津田健次郎)の前では女の子、そう見えていたけどあれは単に憧れの上司に部下として接していたって事なのかな?恋愛経験ゼロという事なので本人は気付いていないだけなのかもしれないけどね

妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-

項目
放送局テレビ朝日
放送開始時刻23:00
放送時間30分
放送開始日4/9
前クールもしも、イケメンだけの高校があったら
話数
主要キャスト小芝風花/松本まりか/毎熊克哉/大倉孝二/池谷のぶえ
池田成志/豊田裕大/井頭愛海/尾碕真花
ジャンル妖怪コメディー
公式Twitter@youkaihouse5
公式Instagram@youkaihouse5
公式TikTok@youkaihouse5

2020年夏クール放送の『妖怪シェアハウス』がまさかのシリーズ化、映画化のご褒美かな?ギャラクシー賞を受賞した事で調子に乗った感じ?でもあのクールって軒並みつまらないドラマだらけだったからで言わば棚ぼたなんだよねwまあドタバタコメディーアニメを見ていると思えばアリなのかもしれないけどね

第一怪「初回1時間カッパスペシャル」
水泳教室のイケメン講師で社長の川辺雄介(小久保寿人)は川のゴミを飲み込んで狂暴化した河童だった…千と千尋の神隠しかな?

第ニ怪「わたし…きれい?」
今度のバイト先は白雪美容外科、院長の美人姉妹・赤坂麗(村岡希美)と赤坂紅(内田慈)タイトルから見てこの2人は「口裂け女」?でも澪は「のっぺらぼう」?2話完結なので次回を見ないと真相は解りません

第三怪「お歯黒べったり!?」
お歯黒べったりは人を驚かすだけの妖怪、何かにとりつかれていたと話す美人姉妹「闇落ちか?」と妖怪たち、ダークサイドって事?「フォースと共にあれ」って感じ?
お歯黒は日本の古来の美の象徴、美は時代と共に移り変わるのに「芸能人は歯が命」とかって白い歯至上主義を作ったのはあなた達テレビ側だけどね

第四怪「妖怪パワハラー!?」
今回はたまたま知り合った外資系IT企業「ベンチャーフォレスト」で働くOL・小暮梢(武田梨奈)に紹介されて出版社で働くことに、配属先の出版部門の編集長は昔澪が小説を売り込んだ上竜樹(安井順平)酷評されてトラウマに、編集者の小豆沢琉(岩崎う大)に指示を仰ぐ澪、でも一人前になったら必要な編集者は1人なのでどちらかを切る事に、そこでクビ宣告に負わされて糸が切れる小豆沢の正体は「小豆洗い」うーんと…小豆洗いを調べても「夜中に小豆を洗う音を立てる」くらいの事しか書いてないwラップ音の主って事かな?

第五怪「出た!! 菅原道真!!」
エピソードが「え?それだけ?」っていう悲しい「小豆洗い」資本主義社会に適応するために編み出した特技は数を数える事、編集者には使えるスキルだったけどコンピューターの台頭で職を失う羽目に、菅原道真を演じる山内圭哉さん良い顔だよね!
大作家・大河内龍介(木村靖司)が溺愛するのはLOVOT[らぼっと]っていう愛玩ロボットです、ペットみたいな存在、搭載されたAIが持ち主の接し方次第で個性を持って成長していくので色々なシーンで活躍している超技術です、でもドラマの様に話をする事はありません

第六怪「あざと可愛い狸!?」
澪の鼻の頭になんか痣、狸の妖怪ってなんだろう?調べてヒットしたのは『化け狸』画廊に連れていかれて絵を買わされるやつ?!絵画商法ってやつ…あれは本物の澪じゃないのね、誰が化けてるんだろう?正体はドッペルゲンガー男爵(本多力)でしたどこから出てきたのかな?

第七怪「妖怪だらけの会社」
ヒップ(hip)とは今の流行の事、お尻をヒップと言うのは実は間違いです、服のサイズを測る時に使うバスト・ウエスト・ヒップでも分かる様に腰骨辺りの事でお尻はバトックス(buttocks)=臀部です
一言では言い表せない事を英名(カタカナ文字)で言うのは理解できるけど、ヒップ=流行なのでそれには当てはまらない、意識高い系人たちの言葉って事で使っている人たちを生暖かい目で見て流して差し上げてくださいw

パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜

項目
放送局日本テレビ
放送開始時刻22:00
放送時間54分
放送開始日4/23
前クール逃亡医F
話数10
主要キャストディーン・フジオカ/岸井ゆきの/ユースケ・サンタマリア
佐藤隆太/石野真子/板尾創路/西村和彦/本仮屋ユイカ
安藤政信/シャララジマ/鈴木凜子/塩顕治/仲田育史
三津谷葉子
ジャンルミステリー
公式Twitter@pandorano_ntv
公式Instagram@pandora_ntv
公式Blogパンドラの果実オフィシャルブログ

日本テレビ×Hulu 共同製作ドラマ、Season1は地上波放送、Season2はHulu独占配信
主人公は最愛の妻を亡くし、科学犯罪対策室を創設した警察官僚・小比類巻祐一、科学界を離れた天才科学者・最上友紀子をアドバイザーに迎え、法整備や警察機構の対応が追い付いていない犯罪を捜査する。これまでの考え方では、ただの“不思議で不可解な事件”。2人は、いわゆる科学捜査ではなく、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく。異色コンビによる最先端科学犯罪捜査ファイルが幕を開ける

  • 小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)主人公/帝都大学生命工学科出身の警察官僚/階級は警視正
  • 最上友紀子(岸井ゆきの)科学者/小比類巻が警察庁内に創設した「科学犯罪対策室」のアドバイザー
  • 長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)「科学犯罪対策室」のメンバー/元警視庁刑事部捜査一課の刑事
  • 三枝益生(佐藤隆太)厚生労働省のキャリア官僚/小比類巻の大学時代の後輩
  • 四宮聡子(石野真子)小比類巻の義母
  • 島崎博也(板尾創路)警察庁刑事局長・警視監/科学犯罪対策室の発足を後押しした
  • 葛木信介(西村和彦)警視庁捜査一課長・警視正/科学犯罪対策室の捜査に振り回される
  • 小比類巻亜美(本仮屋ユイカ)小比類巻の亡き妻
  • カール・カーン(安藤政信)「ボディーハッカージャパン」代表
  • 緋山飛鳥(シャララジマ)カール・カーンの秘書
  • 小比類巻星来(鈴木凜子)シングルファザーである祐一の娘
  • 玉木孝(塩顕治)警視庁捜査一課刑事
  • 山中森生(仲田育史)警視庁捜査一課刑事
  • 柴山美佳(三津谷葉子)法医学者

ディーン・フジオカユースケ・サンタマリア、2人とも生粋の日本人、ラテ欄が大変な2人ですね、Huleで独占配信されるSeason2を見なくても完結する脚本であることを願って視聴します
WOWOWと民放がタッグを組むドラマだとちゃんと地上波シリーズで完結しててWOWOW側は後日談というか正にSeason2でそれだけを見ても意味が通じるんだけど、日テレは今までが今までだからちょっとドキドキしながらの視聴になります

スポンサーリンク

第1話、良いキャストだね!各役のバランスも良い!板尾創路さんは上の『クロステイル~探偵教室~』とWブッキングです、脇役で板尾さんでなければできない役なわけじゃないのになんで同じ曜日のドラマでWブッキングなの?撮影がどうとかって話では無く見る側の感情の問題です、こっちは警察庁刑事局長・警視監で科学犯罪対策室の発足に尽力した人、クロステイルでは探偵学校に通う息子を陰ですべて見透かしながら見守る私立探偵で推理小説家の父親、微妙にジャンルがかぶってるよ!

第2話、ガリレオみたいだね!実際に可能かどうかは解らないけど、計算上は出来るトリックを使った事件を科学者と足の捜査とそれを纏める頭脳で解決していくストーリーですね
集められたそれぞれに特筆できる過去があってそれも今後展開していくのかもしれませんね、あまり深い過去が今後の事件に繋がらないと良いんだけど

第3話、フィクションでもこういうのはダメだよ、超嫌悪感
いくらなんでもこんな動画配信者はあり得ない、動画配信者が再生階数を求めるのは広告費が入るから、でも反社的な物は収益化できない上に垢BANの恐れもあるからやる人は居ない
生物学的に化学的に計算上は可能な現象が原因の事件なわけじゃ無さそうだね?ガリレオとかSTとかと比べるのは悪いけど本作はSFの様ですね

第4話「ジョイン」がJoinなのであれば意味は加入です、あれVRゲームと自殺が絡んでるフィクション見たことあるな!?相棒で無かったっけ?2020年秋クール放送の『 相棒 Season19』でありましたね相棒の方は本筋とは別でいくつか起こる事象の一つにVR内の行動が元で転落死する話がありました
今回はVRゲームを使って何かしらの暗示をかけて飛び降りに誘導するお話だけどパーソナルなVRは視覚と聴覚を乗っ取ることは可能だけどそれ以外は今の技術では無理ですよ
AIがユーザから提供されるデータをもとにVRステージとバディとなる登場人物を生成する、まあそんなことは無理なんだけどVRステージならアマチュアでもめっちゃリアルなCG作れます、そういう時代です

この駅フルCGです、まあ作った人の職業は解らないのでプロかアマチュアかは断定できないけど一人ないしは一つのグループ有志で作られた作品です、自分を売り込むためのプレゼン的な物だと思いますよ
ゲームの作者は亡くなっているけどゲーム内には生きているっていうフィクションではよくあるお話だけどオンラインゲームっていうのはゲーム会社が運用するサーバ内に世界があってユーザはそこにログインするんだけどサーバは定期的にメンテナンスをする必要があります、バックアップやメモリクリアのリセット等、だからまずサーバを常時起動して置く環境が必要だし作者がユーザであるならメンテ後に自動ログインンする必要があります

第5話、踊る大捜査線ユースケ・サンタマリアさんが演じてたのは交渉人だけど所属していた交渉課準備室はテクノロジーを駆使して事件捜査をする部課でそこの課長と言う役だったんだけど、いかにも台詞でユースケさんがテクノロジーに精通している様には見えなかったのね、演出の問題なんだけどマスコミがハッカーに変なレッテルを貼っていたって時代だったって言うのもあるしね、で「今回のテクノロジー?何それおいしいの?」な真下刑事とは真逆な長谷部刑事はとても似合ってて(・∀・)イイネ!!
次回予告?の「徹底検証!未解決現象ファイル」のBGMが「Xファイル」のパロディーで草

もう少しやりようがあるでしょうにw

私のエレガンス(終)

項目
放送局BSテレビ東京
放送開始時刻21:00
放送時間55分
放送開始日4/2
前クール婚活探偵
話数6
主要キャストファーストサマーウイカ/草刈民代/吉沢悠
滝藤賢一/山崎杷子/奥村佳代/金井成大/山中崇
中山エミリ/村杉蝉之介/田島令子/高橋ユウ
ジャンルラブコメディー
公式Twitter@BS7ch_Elegance
公式Instagram@atai_elegance

2014年に出演者の中の滝藤賢一さんが主演したドラマ『俺のダンディズム』の女性版、このご時世にルッキズム全開でドラマ作るとかテレ東とはいえどうなの?って思うけどねw

  • 薬師寺桃子(ファーストサマーウイカ)主人公/シングルマザー/職業:トラックドライバー/茨城最強の元レディース総長
  • マダム・サリー(草刈民代)「サロン・ド・マリー」の女主人
  • 綾小路眞一(吉沢悠)綾小路グループの最高経営責任者/10歳の息子を持つシングルファーザー
  • 謎の男(滝藤賢一)桃子の前に突如現れ、エレガンスの世界へと導く
  • 薬師寺姫香流(山崎杷子)桃子の娘/セレブな子供しかいない小学校に転校する
  • 朱美(奥村佳代)桃子のレディース時代の後輩
  • 楓(金井成大)ヘアメイクのスペシャリスト/マダム・マリーのアシスタント
  • 碇(山中崇)姫香流の担任教師
  • 白鳥珠代(中山エミリ)同級生ママ/桃子の正体を疑っている
  • 酒井金吾(村杉蝉之介)眞一の会社の専務
  • 千登勢(田島令子)眞一の母親
  • 花園友梨奈(高橋ユウ)眞一の幼なじみ/フランス帰りの美女

第1話「元ヤンママと御曹司の恋!」
ファーストサマーウイカの連ドラ初主演作だそうで、ウイカさんの当初のセールスイメージ通りのヤンキー役だけど、なんだろう古いタイプの不良なんだよねwでもまあこの感じだとこういうコテコテヤンキーの方がエレガンスとのギャップが強くて良いのかもしれませんね

第2話「元ヤンママ恋とエレガンスに迷走!」
一応ストーリーはあるんだけどメインは女性のおしゃれアイテムの歴史とか楽しみ方をマダム・サリーが教示してくれるドラマなんだね「ケリーバッグ」とか「バーキン」とか、日本人女性の名前を冠にしたバッグが生まれたら素敵ですね、でも今の日本の男尊女卑が蔓延した古い社会で堂々と女性が物申して世界から注目されるなんて夢物語だから社会から変えていかないとね

第3話「ついに愛の告白!?」
ウイカさんのスタイルが良いから務まるドラマだよね、薬師寺桃子はヤンキーなのに記憶力すごいよね、サロン・ド・マリーでマナーを教わってレストランでランチ、いつ働いてるの?w
カトラリー」っていう単語突然出てきた感「食器」とか「ナイフとフォーク」って言ってたでしょ?単純に「カトラリー」って検索するとベビー用品がヒットします、要はベビー用品を売るためのシャレオツな商品名を意識高い人たちが使い始めて浸透したっていう事ですね
姫香流ちゃんと綾小路透(山口太幹)くんをくっつける事が目的なら桃子は綾小路眞一と結ばれる目を諦めなきゃいけないよね、どっちに転ぶんだろうね、って思ったら2人で企んでたんだね

第4話、今回は桃子の舎弟の朱美がマッチングアプリで知り合った医学生・石清水尊(田中亨)の為にサロン・ド・マリーでエレガントになりに行く、でも石清水くん詐欺っぽいよね、やっぱりそうだったね
桃子と眞一さんの間に刺客が入ってきましたね、本作は全6話なので次回は修羅場になるのかな?

第5話「恋のピンチ!!迫る卑劣な罠!」
そうか、同級生のママたちと違って眞一さんにはまだ一人親方のトラックドライバーだと告白して無いんだね、まあ今までの流れならそんなの問題無さそうだけどね、やっぱり問題なかったね
マダム・マリーのアシスタント楓(金井成大)の台詞「ディティール」違います「ディテール」です[DETAIL]だよ?[TAI]を「ティ」と読むなんて言語は無いよ?
花園友梨奈(高橋ユウ)の父親の会社?と裏取引がある専務・酒井金吾(村杉蝉之介)は最終的にやり過ぎてクビになる感じの動きだね、次回が最終回です、最後の最後はハッピーエンドだろけど、まだもう少し何かありそうですね

第6話「破談!?……桃子が下した決断とは?」最終回
眞一の母親・千登勢(田島令子)はやり手みたいだから素が出た時が勝負時かもしれないよね、マダム・サリーと知り合いの可能性もある?とにかく専務の思惑通りにはいかないよね?
さすがにマダム・サリーと知り合いでは無かったけどやり手ババアwが出てくる場合は痛快に終わるのがセオリーでセオリー通りの展開でした

お洒落道の歴史や意味をレクチャーしてくれるドラマとしての一面は面白かった、ストーリーはこれと言って特筆出来る様な演出は無い普通のヤンキー成り上がり物でした、全体的に見ると平和で肩ひじ張らずに見られる面白いドラマでした