2021年春ドラマ(土曜日)新0終8夏1 随時更新

2021年3月26日

高嶺のハナさん(終)

項目
放送局BSテレ東系
放送開始時刻24:00
放送時間30分
放送開始4/10
前クール京阪沿線物語~古民家民泊きずな屋へようこそ~
話数12
主要キャスト泉里香/小越勇輝/香音/猪塚健太
ジャンルラブコメディー

漫画原作のラブコメディードラマ
仕事はできるが、恋愛スキルは小学五年生で止まっている高嶺華(泉里香)ダメ社員の弱木強(小越勇輝)に心の底から恋しているのに、職場ではキツく当たってしまい、本心である「好き」とは言えず、もんもんとする。ハナは弱木が自分を愛してくれていることを知らず、弱木もハナに嫌われていると思い込んでいるから二人の恋はいつまでたっても平行線。ハナの恋路に花は咲くのか!? 二人の両片想いは成立するのか!? 恋のギャップにすれ違う二人の邪魔をするプレイボーイ社員の更田元気(猪塚健太)や社内アイドル・天井苺(香音)も絡んで、ホンネとタテマエが錯綜。恋する乙女の表と裏の心理をコミカルに描く

第1話、なんか同じような感じのドラマだらけですね、王道ストーリーだもんね、でもこうなってくると、俳優さんの演技力で勝敗が別れますね、ヒロイン役の泉里香さん、美人だけど高みの花という感じでは無い様な?
社内アイドル苺ちゃんのキャラは面白い、ヒーローの弱木強、命名がベタだけど良いキャラですね

第2話、水曜ドラマの『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』と同じようなツンしか見せられないツンデレ、そしてお互い勘違い、独り言が漏れる、脚本が悪い、もう見る必要ないかな候補、その2です

第3話、あれ?弱気くんがひどすぎて逆に面白い!w普通ツンデレ女子が惚れるのは、出来る弟系男子なのに、弱気くんは出来ない弟系男子、部長の送別会の幹事をさせたら、会場が体育館!「この前部長が運動したいって言ってました」これはひどいw

第4話、ゾンビ系お化け屋敷は何が怖いのか意味不明、ゾンビはキリスト教で土葬だから欧米では現実味がある文化で、仏教で火葬の日本では現実味が皆無
上司から「あなたには足りない部分がある」まるでパーフェクトウーマンみたいじゃないですかwダメな部分だらけなのを見抜けてない年功序列上司なのかな?

第5話、妄想シーンと独り言とリアルの境目が無いのでつまらないんだなこれ、こういうのはしっかり見せ方を変えてそれと分かる様にした方が面白い、あと女優さんの脳内台詞の声が高すぎで強すぎ、それと弱木くんがダメすぎ、やり過ぎのダメさ加減は逆に興味を失うんだよね

第6話、ラブコメの掟の方は告白して偽恋愛マスターから脱却したけど、こっちはいつまで、心の声「よわききゅ~ん」を続けるの?っていうか会社の先輩たちとその家でタコパするのに苺ちゃん肌露出しすぎじゃない?

第7話、いつまでやるのこれ?ドラマの9割5分高峰さんはじめ弱気、苺、チャラ田の妄想と心の声で構成されたドラマ、もういい加減お腹いっぱい

第10話、苺ちゃん、ワンカップはそのプラの蓋の下に本当の蓋があるんだよ!
いつまで「弱気きゅーん」続けるの?早く終わってくれないかな、飽きた

第11話、メジャーどころがどんどん最終回を迎える中、B級ドラマは何故か話数多いよね、なんでなんだろうね?
見るの止めれば良いじゃんって思うかもしれないけど、ストーリーはつまらなくても役者の演技は上手いので最後までそれを見ないと勿体ないという事で、苦痛でも見続けています、これで演技が下手なら簡単に離脱できるんだけどね

このドラマには関係ないけど、Tverは新作と再放送を分けてくれないかなー、改変期になると再放送だらけになってどれがどれなのか意味不明

第12話、最終回です、やっとこの地獄から解放されるw主役級4人の中でチャラ田役の猪塚健太さんだけ知っていたのですが、残りの3人の別の演技を見てみたい、特に弱木くん役の小越勇輝さん、女性陣は何となく想像つくんだけど、小越さんはどんな演技ができる人なんだろう?苺ちゃん役の香音さんは野々村真夫妻のご息女なんだね、子役でちょい役以外はほぼ初演技、だとしたら超優秀!ちゃんと味のある演技になってます
猪塚さんはポルノグラファーの久住くんだったり、直近だと配信だけど『結婚できないにはワケがある。』のスピンオフドラマでまりこの妹のバンドマンの彼氏・陽介(発音:ヨウスケ⤴)役だったり、夏クールのドラマでもレギュラーを獲得したそうですよ

まあ見る必要は無かったドラマでしたwしいて言えば新しい俳優さんを見つけたことは良かったかな?

最高のオバハン 中島ハルコ(終)

項目
放送局東海テレビ放送系
放送開始時刻23:40
放送時間55分
放送開始日4/10
前クールリカ~リバース~
話数8
主要キャスト大地真央/松本まりか
ジャンルエンタメミステリー

小説化・林真理子さん原作のシリーズ小説をドラマ化
東村アキコによってマンガ化もされている「最高のオバハン」シリーズ。主人公は忖度無用の毒舌で人の心をグサグサ刺す中島ハルコ(大地真央)だ。還暦を迎える彼女は東京・恵比寿で超人気美容クリニックを経営しており、自らを美のスーパードクターと名乗っている。そんなハルコにひょんなことから出会ったのは、不倫に悩む弱小出版社の編集者で38歳の菊池いづみ(松本まりか)ハルコの舎弟のようになってしまったことをきっかけに、いづみの嵐のような日々が始まることに。劇中では跡継ぎ問題を抱える老舗ういろう屋、高学歴ゆえに結婚できない東大女子、夫源病を抱えるセレブ主婦など、悩みを抱えた人間たちをハルコがバッサバッサと斬っていく姿が描かれる。

第1話、大地真央さんめっちゃ綺麗、松本まりかさんは雑誌編集者で同僚・尾石初郎を演じるのは今野浩喜、真央と今野…アイフル!「今野、そこに愛はあるんか?」サラ金のCMの台詞が有名になる国、それは日本
このドラマは面白い、まりか様の今の売り、あざと可愛いじゃない役で良い

第2話、松本まりかさん演じるいづみが貧乏くさいのは「アニメの様な声」と「痩せすぎなところ」まんままりか様の特徴w
コント風ドラマ化と思ったけど、世直し先生なんですね、高須クリニックみたいな感じ、高須院長は歴史修正主義者で頓珍漢な政治感で間違った方向に進んじゃったけど、余裕があるから決断できるから成功するんですね
東海テレビなので東海地方の方言や文化がドラマ内に散りばめられていますね

第3話、女医を専門に狙う結婚詐欺師を成敗するお話、ハルコ先生チームは水戸黄門スタイルだけど、いづみは自分がおとりになっている事を聞かされていないので、コロッと騙されるところが面白いスタイル

第6話、ゆうたろう(石原の方ね)のブランデーグラスはどこまで大きくなるんだろう?

第7話、タレントのヒロミさんのYouTubeチャンネルで言ってたけど、狩猟は追い込むチームと狙撃するチームに分かれるんだけど、狙撃する方は周りに溶け込む必要があるから話をしちゃダメ、極力動いちゃダメ、だから白い服着た人が混ざった4人組で話をしながらとかじゃ野獣はこっちに来ないよ!って事

第8話、最終回です、東海テレビオリジナルのドラマだし、東海地方の良い所自慢を散りばめた内容が多い物なので、演者は愛知にゆかりのある人で作ったのかな?って思ったけど、まったくそうじゃなくて、中には居るんだろうけど、そうするとずいぶんチープなストーリーだなとw

私の夫は冷凍庫に眠っている(終)

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻23:25
放送時間30分
放送開始日4/10
前クール
話数6
主要キャスト本仮屋ユイカ/白洲迅/浅田美代子/斉藤由貴
ジャンルサスペンス

小説原作のサスペンスドラマ
数カ月前に知り合った婚約者・佐藤亮(白洲迅)と暮らし始めた如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、ある日亮の暴力に耐えかねて彼を殺してしまう。しかし翌朝、冷凍庫に眠っているはずの亮は、夏奈の前に再び姿を現すのだった

第1話、え、ちょっとまって、そんな大きな倉庫で電気通ってるのに電灯無いの?冷凍庫って電源入れたその時から冷え冷えなんて機械じゃないよ?まあここは物語の大前提で重要な部分ではないけどね
ドラマの内容は何故生き返ってるの?っていう部分を追い求める物になるのかな?今はそれが何故なのかは一切わかりません

第2話、1話と根本的な部分はなにも変わっていないので、まだ何も分からない

第3話、おぉ?心霊とかじゃなくて?ちょっと次週が楽しみになってきました

スポンサーリンク

第4話、え!?双子落ち?こんなの確かめようがないよね、っていうかもう一人居る?

第5話、亮なのか奏なのかという謎もあるけど、夏奈の過去にも秘密がある様で、母親の如月木芽(浅田美代子)は実の母親ではない!?隣人のミステリー作家・孔雀(斉藤由貴)は何かの真実を知っている様、次回が最終回、どんな結末なのか興味津々です

第6話、最終回です、本当の母親の再婚相手がDV夫で母親を殺害した事への復讐で父親を殺害、唯一の見方だったカウンセラーの養子に入り事件を隠ぺい、そのカウンセラーが如月木芽
俺がもし幸せに出来なかったら…「こっちはもういっぱいなんだよね…あっちかな」

コントが始まる(終)

項目
放送局日本テレビ系
放送開始時刻22:00
放送時間54分
放送開始日4/17
前クールレッドアイズ 監視捜査班
話数10
主要キャスト菅田将暉/神木隆之介/仲野太賀/有村架純/古川琴音
ジャンル群像劇

俺の話は長い』で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹さんによるドラマオリジナル脚本
「あの頃」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の「幸せ」とめぐり合う現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語
メインキャストは高岩春斗(菅田将暉)朝吹瞬太(神木隆之介)美濃輪潤平(仲野太賀)の3人による売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」と、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレス・中浜里穂子(有村架純)その妹のつむぎ(古川琴音)の5人

第1話は前提を見せる回、高校の文化祭で「ロミオとジュリエット」を「あいのり」風にした劇が受け、大学の落研にいた真壁先生(鈴木浩介)にも絶賛された高岩は進路をお笑い芸人と決め、一緒にコントを演じた美濃輪とコンビ「マクベス」を結成。やがて、高校生ぷよぷよ日本一に輝いたものの若手プロゲーマー達についていけなくなった朝吹も合流し、トリオとなって再出発した
しかし、現実は厳しくバイトの日々が続いていた。3人には「デビューから10年経ってもブレイクしなかったら解散」というルールがあり、ある日、実家に帰った美濃輪は両親からその10年目の期限が迫っている事を突き詰められ、高校卒業時から付き合っている彼女からも結婚したい素振りを見せていたと告白。また朝吹もバイト先の焼鳥店から正社員昇格の話を聞かされ、ひとり苦悩する高岩
そこで朝吹の提案で、「次のネタ見せオーディション不合格なら解散」とするも玉砕。マクベスは解散と決まり、翌日の単独ライブでファンに報告した。その帰り道、高岩は勤め先でネタ合わせをしている内に彼らの熱狂的ファンとなった里穂子に声を掛けられる

第2話、なんか毎回さまぁ~ず三村さんがこのドラマについてツイートするんだけど、確かにさまぁ~ずのコントは秀逸だけど、なんか協力してるのかな?

ホリプロの俳優さんが出ているわけでもなく、単にコントがテーマだから見てるみたいです
主要キャストみんなめちゃ演技上手い、コントは本当につまらないけど、脚本はよく出来てるね

第4話、初めに「コント、○○〇」とタイトルを言うスタイルはショートコントだけ、コントにタイトルが付くのは円盤化された時で、舞台ではタイトル何て出ないよね

第6話、視聴率が低迷しているそうです、面白いドラマなのに、主要キャストの演技めちゃウマなのに、タイトルがいけないのかな?
潤平の彼女でマクベスの名付け親でもある岸倉奈津美(芳根京子)の過去のエピソードを交えたストーリーだけど、仲野太賀さんは本当に演技が良いね、彼の父親は体系からキャラが付いちゃう系俳優さんなので演技が上手い!って感動した記憶は無いけど、息子は素晴らしい、芳根京子さんもめちゃウマで、この演技を見てない人が多いとか本当に勿体ない

第8話、端役に主役級俳優いっぱい出てますね、潤平の高校時代からの彼女・岸倉奈津美(芳根京子)だったり、マクベスのマネージャー・楠木実籾(中村倫也)だったり、潤平の姉・美濃輪弓子(木村文乃)だったりね、劇中の小道具もよく出来てる、潤平の家の酒屋の軽トラのナンバーが黒ナンバーだったり(軽の事業用ナンバー・事業用普通自動車だと緑です)ちなみに事業用登録をすると、任意保険が高くなりますが税金が安くなります

第10話、最終回です、ドラマのジャンルが「群像劇」群像劇っていうのはドラマのスタイルであってジャンルじゃない気がするんだけどwしかもWikipediaではジャンルが「連続ドラマ」それもジャンルじゃなくない?しいて言えば日常系青春ドラマって感じかな?
それぞれ主役を張れる役者が揃ってるけど、恋愛に発展するでもなく、何かで成功するでもなく、淡々と日常を、まあそうはいっても、売れないお笑い芸人が解散するまでを書いてはいるけど、売れないお笑い芸人の時点でほぼ一般人と大差ないし『THE3名様』みたいな感じかな?そう私は思いました

コントは最後まで面白くなかったけど(ネタとしてね)有能な俳優陣のおかげでドラマは面白かったよ!

コタローは1人暮らし(終)

項目
放送局テレビ朝日系
放送開始時刻23:30
放送時間30分
放送開始日4/24
前クール書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~
話数10
主要キャスト横山裕/川原瑛都/山本舞香/生瀬勝久/イッセー尾形
ジャンルSFホームドラマ

漫画原作のドラマ、制作はテレビ朝日とジェイ・ストーム(ジャニーズ事務所のレコード会社です)という事で、ジャニーズ忖度ドラマですね
売れない漫画家・狩野進(横山裕)と、彼と隣の部屋に越してきた訳アリ5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が織り成すハートフル・コメディ
出版社の漫画賞を受賞した際の賞金を切り崩しながら、一日中引きこもってグータラな生活を続ける狩野の隣の部屋に、ある日突然たった1人でコタローが引っ越してくる。最初は「なんで子どもが1人暮らし!?」「え、もしかして俺の子!?」と、何やら訳アリな子どもに関わって面倒なことに巻き込まれたくないと逃げ腰だった狩野が、「強くなりたい」と願うコタローのけなげさや、大人顔負けの言動の裏にある切実な思いを知るうちに、何かと世話を焼くようになっていく

「アパートの清水」の住人・関係者
秋友美月(山本舞香)「アパートの清水」の住人、キャバ嬢、源氏名はミキ
田丸勇(生瀬勝久)「アパートの清水」の住人、大の子ども好き
清水のじーさん(イッセー尾形)「アパートの清水」の大家夫婦の夫
清水のばーさん(イッセー尾形)「アパートの清水」の大家夫婦の妻(一人二役)

第1話、ありえない事が前提なので評し難いのですが、子役がなんか不思議、棒ではないけど、上手くはないけどそういう演技にも見える…まだちょっとよく分らない

第2話、うーん、つまらなくはないけど、意味は解りませんw

第3話、この子は何か使命をもってこのアパートに来たのかな?資金援助をしている人は父親ではない?母親の保険金との事、亡くなったって事?とにかく、この子の目的が解らない

第4話、やっぱり山本舞香さんはこういう役が似合うね、彼女は本物だからねw
別人なのは知ってるし、それぞれ認識は出来るんだけど、片方を見るともう片方も思い出すっていう俳優さんっているじゃないですか?私は最近、山本舞香さんを見ると今田美桜さんを思い出します、逆も然りです

第5話、コタローの両親はまだ劇中には登場していないけど、精神的虐待なのかな?

第7話、なんか色々見えてきた様な気がします、子供が独り暮らしをしている意味は相変わらず解らないけど、幼児虐待があったって事は解りました

第8話、そうかコウタローの母親は亡くなっていたのかーその保険金って事なのね、という事は父親のDVって事なのかな?

第10話、最終回です、狩野はコタロウを見ている事が漫画を描くモチベーションになっている、コタロウはやはり父にDVまがいの事を受けて父親が逮捕されて父親から隔離されている、という事は誰かが依頼をしてコタロウを見守っているわけではないので、これがリアルな社会なら、施設に入る必要があるタイプの子供って事なのね、なにか資産家の両親が子供に何かを経験させる目的での1人暮らしかと思ったけど、パラレルワールド、非現実社会のお話でしたって事ですね

上手い俳優呼んだ割に意味が解らないドラマでした、ジャニーズ忖度ドラマ枠だけど、横山裕さんも幼稚園の先生・花輪景介をえんじた西畑大吾さんもちゃんとした演技でしたね、そこは評価できました

泣くな研修医(終)

項目
放送局テレビ朝日系
放送開始時刻23:00
放送時間30分
放送開始日4/24
前クールモコミ~彼女ちょっとヘンだけど~
話数10
主要キャスト野村周平/柄本時生/恒松祐里/木南晴夏/山口智充/大平修蔵
ジャンル医療

外科医・中山祐次郎さん著の小説が原作、デビュー作でベストセラー医者が書く医療ドラマです
地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修することになった研修医の雨野隆治(白濱亜嵐)を待っていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司からただ怒られるばかりの毎日。だが、患者さんは待ったなしで押し寄せる。医師とはいえ、研修医はまだ知識もない、経験もない、まだ何者でもない。傷ついた患者や、時に救えない患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながらも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描いていく

研修医仲間
川村蒼(野村周平)実家は総合病院の跡取り
滝谷すばる(柄本時生)サラリーマン経験がある研修医
中園くるみ(恒松祐里)優等生の研修医
牛ノ町総合病院の医療関係者
佐藤玲(木南晴夏)消化器外科医、雨野たち研修医の指導医
藤堂浩司(山口智充)放射線科医
関和樹(大平修蔵)現場実習に来た医学生

第1話、研修医担当の木南さん、ドラマ出すぎじゃない?撮影時期が違うのかな?まあそれは良いとして、始まりは良くある医療ドラマです、医者が書いた本をドラマ化って実は結構沢山あります、なので、リアリティーだけじゃ勝負できません、今後、どう見せてくるのかに期待です

第2話、空回りして話を盛る研修医となんでも信じる1人と察して話半分に聞く2人の同期生
今時は一般人でも研修医を知っているのに、なんでこの子はそれを患者の家族に言わないの?
なんか医者が書いた小説だからなのか、医療に関係のない部分でリアリティーが薄い気がします

第3話、サブタイトル「患者さんの心見えていますか?」まさにこれですね、医療知識を元に医師の独りよがりで治療方針を決めるのは間違っています、痴ほう症で意思疎通が困難でも、よく観察する事で解る事は沢山あります、指導医の佐藤先生が言っていた事を理解できていない、今回の患者さんは将棋の達人、トロフィーも見てるのに、穴熊と言ったら将棋の定跡、物を知らない事は仕方が無い事だけど、想像力もないのは人として…

第6話、医療ドラマで研修医にスポットライトが当たってるストーリー、よくあり過ぎて、ストーリーも読めるし、何か特別な何かがあるのかなと思って見てるんだけど、今の所これと言って…
それにしても4人の研修医仲間がいるのに、主人公が抱えている患者だけ色々起こってるのは何故?専攻してる科が違うのかな?でも指導医は一緒だし?

第7話、須賀健太さんが患者役だけど、病人の役上手いよね、子役時代は『三丁目の夕日』とか『人にやさしく』とかって色々やって印象に残る役多かったけど、青年期以降は『世界の村で発見!こんなところに日本人』以外は寿司屋か患者ばかりしてる感じがしてます、寿司屋役は『江戸前の旬』でしかやってないし、病人の役だって『赤鼻のセンセイ』くらいしかないんだけどね

嫌な言い方に聞こえなくもないけど「病院の主役は患者」だから「研修医は泣くな」っていうけどね、泣いて良いと思う、涙を我慢する必要はないよ

第8話、今回で前半のフェースが終わった感じですね、次回からは新しいフェーズに突入する感じに見えました

スポンサーリンク

第10話、最終回です、医者は患者の自然治癒力を助けてるだけ、医者は包帯、主役は患者って事、その通りですね

まあいたって普通の研修医ドラマでした、最初にも書いた通り、医者が書いた本なんて星の数ほどあるしね、でも全員ちゃんと演技の出来る俳優さんを集めていたので、安心して最後まで見ることが出来ました

クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術(終)

項目
放送局BSフジ(関西テレビ)系
放送開始時刻24:30
放送時間30分
放送開始日5/1
前クール
話数8
主要キャスト久保史緒里
ジャンルサスペンス

“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄するミステリアスな女性・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描くサスペンスドラマ。神出鬼没に現れては「あんたバカ?」と人を見下しながらも、その悩みを解決するため心理術を指南するクロノサキを乃木坂46久保史緒里が演じる。

第1話、次週との2話分で一章という括り、パワハラ上司を心理術を使って撃退するお話
村上和也(田中俊介)上司からパワハラを受ける原々電機営業部の社員、サキの授けた心理術で上司に立ち向かう、山口晃史(佐藤太一郎)パワハラ上司、原々電機営業部の部長、坂崎恭子(朝見心)職場の先輩、バーテンダー(岩部彰

第2話、パワハラ上司は攻略出来たけど、巻き添えで共倒れ、なんなのこの結末?

第3話、次週と2週分で第二章『好きな男のハートを射止めるオクテ女子高生のブラック心理術』
主演は地味で内気な性格でメガネ姿の女子高生・酒井田杏(秋田汐梨)が恋するクラスで人気者のイケメン・松沼秀明(田中亨)でも実は、秀明はクラスの担任教師・川原恵美(納富有沙)をストーキングしている、そんな彼の気持ちを心理術を使ってこちらに向かせるお話

第5話、次週と2週分で第三章『夫の不倫相手を撃退するサレ妻のブラック心理術』
主演は夫の不倫に気づくセレブ妻・美奈子(黒川智花)夫の不倫相手・絵里(北香那)今回は両方にアドバイスをしてそれを見て楽しむみたいw
不倫は犯罪ではないけど民法上は違法です、なので民事訴訟で慰謝料を請求する事は出来るので、不倫側は心象を悪くして得する事は優越感に浸る以外にはありません

第6話、不倫は当事者の男女の問題だけど、このドラマでは男性が悪いという方向性に持っていきたいらしい、男性に依存する妻と愛が100%自分に来るのを避ける不倫相手の両方に男が悪いから解れる方法を伝授する、簡単だけど普通過ぎてつまらない結末

第7話、次週と2週分で第四章『毒親の呪縛から逃れる箱入り息子のブラック心理術』
過保護な毒親に監視されるづける勤務医・正人(森永悠希)母親・利加子(宍戸美和公)に銀行のキャッシュカードさえ持たせてもらえない、母親に怯えていて言いたいことが言えないから心理術が聞かないとサキに愚痴る、正人の心のよりどころはマッチングサイトで知り合った女性・ヒカリ(畦田ひとみ)翌日行き過ぎた母親の愚行に切れて家を飛び出して付いた先の公園に同じ境遇のヒカリさんが!そんなうまい話は無いよ!とサキ登場

第8話、最終回です、やっぱり結婚詐欺師、ATMで振込できるくらいの額の入居金をだまし取られたって勤務医なら大したことないでしょ?家まで取られるのはどういうカラクリ?
「良く分らない財団から声をかけられてフリースクールの教師になって理想の結婚相手も出来た」このくだりをドラマではやらずにセリフだけで終わらせる手法はダメダメです、だって自分で決められない人が職場を辞めて突然救いの手がなんて事は現実では起こりえない事だからね

ストーリーテラー的役割のクロノサキの毒のある心理術は面白かったけど、それ以外がダメダメなドラマでした、もういいや

春の呪い(終)

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻23:25
放送時間30分
放送開始日5/22
前クール私の夫は冷凍庫に眠っている
話数6
主要キャスト髙橋ひかる/桜田ひより/工藤阿須加
ジャンル恋愛

このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の人気漫画『春の呪い』が実写ドラマ化
妹が死んだ。名前は立花春(桜田ひより/田中乃愛)まだ19歳だった。妹の存在がこの世のすべてだった姉・立花夏美(髙橋ひかる/白鳥玉季)春が病死したのち、夏美は婚約者であった柊冬吾(工藤阿須加)に頼んで、過去の春とのデート現場を一緒に遡っていく。妹の心を奪った憎い男と行動をともにしながら、夏美には自分でも抑えきれない感情が沸き上がってくる

第1話、紹介回なので最初のあらすじ通りですが、最後のシーン…ホラーなの?

第2話、工藤阿須加さん、メジャー級のドラマには中々出ないけど、サブの位置で色々なドラマでいい味出してますね、父親は顔濃いけど、彼は薄くてカッコいいw

第3話、シスコンの姉が亡き妹の婚約者を通じて生前の妹の行動審理を知る目的で婚約者同伴でデートコースを回るうちに婚約者に惹かれていくお話、まあ簡単なストーリーだけど、悪くない

第6話、最終回です、何も引っかからなかった、興味がわかないつまらない話でした、全6回の30分番組、途中の引き延ばしが邪魔に感じるくらい、短い期間の話だし2時間ドラマでやった方が良かった様な?

#コールドゲーム(夏)

項目
放送局東海テレビ011
放送開始時刻23:40
放送時間55分
放送開始日6/5
前クール最高のオバハン 中島ハルコ
話数8
主要キャスト羽田美智子,結木滉星,久間田琳加,やす,篠原篤,和田琢磨,福田転球,椿鬼奴,銀粉蝶,中村俊介
ジャンルSFサバイバルストーリー

東海テレビで羽田美智子さん主演で中村俊介さん共演のドラマといえば2020年春クールの『隕石家族』を思い出しますが、今回もSFです

氷河期に突入した世界で、前科2犯の天才詐欺師・木村祥子(羽田美智子)が“偽装家族”の母親として過酷な日々に立ち向かう、復讐心に突き動かされる長男・木村大輝(結木滉星)頭脳明晰な長女・木村陽菜(久間田琳加)人がいい父親・木村隆(やす)避難所の第七支部を取り仕切る支部長・如月雄一郎(中村俊介)

第1話、氷河期は隕石衝突が影響との事、公式では何も語られていないけど『隕石家族』の後の世界的な、隕石家族はコメディーSFだったけど、今回はネタ的要素は無い模様
夏に向かって氷河期のドラマは良いかもね!外観のロケ地はどこなんだろう?内観も学校のそれだけど、さすがにロケで使うのは東京からアクセスの良い場所だと思うけどね
人が生きている間に地球が氷河期に突入する事はあるのか分らないけど、地球温暖化の心配ばかりしているのはダメなのかもしれませんね

第2話、いつぐらいの時期設定なのか分りませんが、今なら照明は省電力なLEDを使ったものを結構な家庭が使っているし、公共の施設でも切替工事が進んでるし、熱変換効率が極端に低い白熱灯は速めの交換をした方がエコです、この学校には何故か発電室があるし、故障と言っているので燃料はまだある?地熱発電とも言っているけど、現在日本で普及している地熱発電は全体の0.24%、それが学校にある?だいぶ未来の話なのかな?と思ったけど、主幹ブレーカーをONにしたら回転音が聞こえたのでタービン式の発電機、地熱関係なかった、ちなみに、分電盤のヒューズだけど、あれは抜くことに危険性は無いよwヒューズってそういう物だからw

第3話、ドキュメント72時間で献血ルームの回を見たばかりでドラマ内で献血の話、なんだろう?と思ったら「6月14日は世界献血デー」たぶんこれが関係している模様、でも日本には「献血の日」っていうのもあって、こちらの制定日の方が断然古い、1964(昭和39)年8月21日に日本政府が閣議決定した日だそうですよ
このドラマもそうだけど、議員を格上の人って思わせる脚本書く人は社会が何も分かって無いんですね、人に上下関係は無いけど、あえてつけるのなら格上は有権者一人一人、選挙で選ぶ方であって、選挙で選ばれた方ではありません、これは地方自治体の首長も首相もそうです、国会職員がコロコロ変わる議員の名前を呼び間違えないように「先生」と呼んだのが事の始まりであって、指導者ではありません、そもそも社会主義じゃないだから指導者なんて居ないでしょ、マスコミがこういう風にミスリードを延々してきたおかげで、政治家の汚職に寛容な国民感情が出来上がったんだと思います、大罪ですね
木村家父の血液型のカルテに1975年生まれで満50歳とありました、という事はこのドラマの世界は2025年という事になりますね

第4話、みんなそれぞれ裏の顔があって、様々な事情を抱えて駆け引きをして、粗探しをして、協力をして…東海テレビの作るドラマはいつも面白いので次回が楽しみです

途中ですが夏クールのページに移動します