2022年夏ドラマ(木曜日)続0新0終13秋3 随時更新

2022年6月27日

相変わらず木曜日はヤバすぎる、7/14時点で11本、7/21に何かが始まらなければこれがおそらく最高本数、時間は429分、CM等を飛ばしても約7時間、これは酷い
7/21に1本始まって1本終わるので先週同様に11本、7/28に何かが始まらなければこの2週が過去最高本数、新たに始まるのは7/14に終わった枠の次作なのでトータルの時間は変わらずの約7時間です
7/28に1本始まったのでやっぱり11本、先週終わった枠で別作品がスタートしたのでトータル時間も変わらずの約7時間、やっぱりテレビ業界頭がおかしいw
8/25に3本終わったけど次週どうなるかな?まだ改変期じゃないから同じ枠で同じ位の長さの物が始まりそうですが

テレビ大阪放送の海外ドラマ枠『宇宙戦争』と『都市と都市』は話数も少なく日本語吹替であったため視聴し記載しましたが次作の『ダークハート猟奇殺人捜査班』は字幕となるため視聴も記載も致しません
実はTverは前からアジアドラマの配信しているのですが、基本は字幕なので視聴も記載もしてきませんでした、以降も話数が少なく日本語吹替の物を見つけたら視聴し記載をしますが、まあおまけです

OUR STORIES 120秒の物語(終)

項目
放送局カンテレ
放送開始時刻22:54
放送時間120秒
放送開始日5/12
話数21
主要キャスト吉瀬美智子
ジャンル日常

120秒という短い時間の中で、日常のさまざまな感動があふれ出す瞬間を切り取る、長年連れ添った夫婦の結婚記念日や、少し世話焼きな姉と素直になれない妹、1人暮らしの娘とその姿を優しく見守る母の物語など、ありふれた日常の一場面が映し出される

すごい!最初の15秒はナビゲーター(吉瀬美智子)が一言二言、その後の105秒がドラマパートです、名だたる名優たちがさらっと演じる105秒まるでCMの様です

第1話「結婚記念日」
出演者:夫・神崎任(神保悟志)妻・神崎深雪(中島ひろ子
銀婚式はしないけど結婚記念日に夫が妻へ料理を作る回

第2話「お姉ちゃんと妹」
出演者:姉(小林涼子)妹(入山杏奈
ここの公式WEBページはちょっと変、放送済みの紹介データを残さず次回予告を上書きする事、放送前じゃないと役名の漢字が解らないという本末転倒なインフォメーションです
私は長子しかしたことが無い、父方母方どちらのいとこたちの中でも最年長、上に兄弟がいるってどういう事なんだろう?

第3話「おてつだい」
出演者:娘・飯島遥海(北原里英)母(正木佐和
一人暮らしの飯島遥海の元に母親からお手製の品々と、遥海自身が昔、母親にあげたおてつだい券が届く

第4話「お返し」
出演者:西村仁美(石田ニコル)櫻井璃那(柿原りんか
おせっかいを自覚している西村仁美が、タイツを渡した櫻井璃那に後々気持ちを救われる

第5話「想いやり」
出演者:妻(森レイ子)夫(内野謙太
仕事が忙しい妻の代わりに、夫がそれしか作れない毎度のチャーハンを作ってあげる

第6話「父の日」
出演者:父(河西健司)息子(水橋研二
お互いに年を重ねた父と息子、二人きりで迎えた父の日、趣味の釣りの話をしながらビールを囲む

第7話「思い出のケーキ」
出演者:同棲カップル(宮下かな子)(三濃川陽介
忙しくてすれ違い気味の同棲カップル。思い出のケーキを買ってきたある日、実は相手もそのケーキを買っていて…

第8話「いいところ」
出演者:シングルマザー・千佳(桜木梨奈)千佳の父・善一(おかやまはじめ
シングルマザーである千佳は再就職の壁にぶつかり自信喪失していたが父・善一の一言で救われ前を向く

第9話「仲間」
出演者:佐野歩生(佐野岳
佐野歩生は、昔、友人から借りっぱなしになっていた本に書かれていたメッセージのお陰で救われたと思っていたが、実は別の友人のものだった

第10話「おじいちゃんの手帳」
出演者:孫(鈴木宗太郎)妻(丘みつ子
大量の荷物を片付けている中から、亡くなった夫が自分にあてた手紙を孫が見つける。初めて夫の想いを知った妻は…

第11話「お互いさま」
出演者:大吾(尾関伸次)夏弥(北川弘美
大吾はリモート会議中、取引先の夏弥からの一言で当たり前だと思っていた日常に感謝が生まれ、妻にそれを伝える

第12話「娘の決意」
出演者:娘(野村麻純)父親(野添義弘
一流企業に勤める娘が退職し、潰れた家業の店をやると言い出す。父親は大反対するが、娘の文集に書かれていた夢を見て娘の思いに気付き、認める

第13話「夏祭り」
出演者:妻(山田キヌヲ)夫(斉藤陽一郎
夏祭りに浴衣を着て出かける娘(村山優香)
その浴衣は、妻が自分とのデートに着てきたものであり、年頃になった娘の成長を感じつつ出会った頃の甘酸っぱい思い出を久々に思い出しながら夫婦で語らう

第14話「お盆」
出演者:巴子(音無美紀子)長男一家(根本正勝/桜一花)次男(河野良祐
夫を亡くし、三回目のお盆を一人で迎える巴子、長男一家が訪れ、父親の好物だった焼き鳥をつまみつつ、
滅多に顔を出さない次男の話題に。言い争う長男夫婦に哀しい表情を浮かべる巴子だが…。

第15話「カテイサイエン」
出演者:晋平(三上真史)妻の恵美(前田亜季
自宅の庭で家庭菜園をやろうと考え子供達を収穫体験に連れてきた晋平、しかし文句ばかりで言う事をまるで聞かず、妻 恵美にばかり従う子供たちの態度に落ち込んでいると…。

第16話「はやり」
出演者:豊橋(横山涼)藤田(大西信満
仕事で大きなミスをして落ち込む若手サラリーマン 豊橋が仕事熱心で単身赴任中の上司・藤田に「この後、時間あるか?」と声をかけられる。連れて行かれたのは今時思いもよらない場所だった。

第17話「ぶきっちょ」
出演者:妻・梨花(生越千晴)夫・紀彦(大東駿介
大事な仕事で遅くなる妻 梨花の為に家事に奮闘する夫 紀彦だが、とにかく不器用で上手くいかない。「雑巾持ってきなさいって言われてた!」寝る直前の息子の言葉に戸惑う紀彦、やがて、帰って来た梨花は意外な光景を目にする。

第18話「つれないとき」
出演者:美月(夏子)幼馴染の友里子(能條愛未
久しぶりに帰郷した美月は幼馴染の友里子に釣りに誘われる。釣れなくてものんびりと楽しんでいる友里子、東京で起業したが思うようにいっていない美月は釣れずにイラつく。そんな美月に友里子は昔話をし始める。

第19話「まだまだ」
出演者:津山(目黒祐樹)中島(不破万作
鋭い眼差しで野菜を選び、真剣な表情で丁寧に黙々と料理を作る津山、完成を見計らったようにやって来る友人 中島は津山の作った美味しそうな肉じゃがをゆっくりと味わい、口を開く「…美味い。でも……」

第20話「大丈夫」
出演者:父親(渡辺いっけい)妻(藤吉久美子
一人娘の結婚式を終え、二人きりとなった家に帰ってきた夫婦、娘が作り置きした料理を食べ、その下手さに呆れる父親は結婚の先行きを心配するが、妻は「大丈夫」と自信ありげに微笑む。その理由は…

第21話「天使の輪」最終回
出演者:磨く男(きづき)恋人(小島藤子
少しの汚れも見逃さないようにグラスを丁寧に磨く男、やって来た恋人はキャンドルが灯された部屋や手作りの洒落た料理に驚く。いつもと違う様子に戸惑う恋人に、男は【ある奇跡】について語り始める。

詳細情報が何も無いので推測でしか無いのですが、公式WEBページに次回予告が無いのでおそらく全21話で終了です
スーパーショートでなんてことない日常の一部を切り取ったストーリーを名優たちが演じるスタイル、良いと思います!

教祖のムスメ(終)

項目
放送局MBS毎日放送
放送枠ドラマ特区
放送開始時刻24:59
放送時間30分
放送開始日6/3
前クールモトカレ←リトライ
話数7
主要キャスト茅島みずき/藤原大祐/豊嶋花/莉子/小栗有以
池田優斗/萩原聖人/柳俊太郎/近藤公園/渋谷謙人
山中崇/持田将史
ジャンル学園サイコサスペンス
公式Twitter@dramatokku_mbs
公式Instagram@dramatokku_mbs

突如転校してきたミステリアスで美しい女子高生をきっかけに、同級生の双子の兄妹や生徒たち、そしてその家族までもが、疑惑と混乱の渦へと知らず知らずのうちに巻き込まれていく、学園サイコサスペンス

  • 桐谷沙羅(茅島みずき)一真たちが通う高校に転校してきた女子高生
  • 湯田一真(藤原大祐)沙羅の同級生/いちかの双子の兄
  • 湯田いちか(豊嶋花)沙羅の同級生/一真の双子の妹
  • 中野亜紀(莉子)沙羅の同級生
  • 黒沢美優(小栗有以)沙羅の同級生/クラスの中心人物
  • 本間拓実(池田優斗)沙羅の同級生/一真の友人
  • 湯田和広(萩原聖人)一真といちかの父親/雑誌「週刊新春」の編集長
  • 中野隼人(柳俊太郎)中野亜紀の兄/刑事
  • 下山夏樹(近藤公園)沙羅のクラスの担任教師
  • 木村直也(渋谷謙人)雑誌「週刊新春」編集部員
  • 松尾昌平(山中崇
  • 山下(持田将史

第1話、ヤングケアラーだった黒沢美優(小栗有以)は湯田いちか(豊嶋花)の弱みを握ってカツアゲをしていた、そこに桐谷沙羅(茅島みずき)が転校してきて状況が変化する、沙羅が何かをした事は解るけど何をしたかはまだ分からない
いちかの父・湯田和広(萩原聖人)は雑誌「週刊新春」の編集長、どこかの新興宗教の教祖に関するネタを却下されている描写があって「教祖のムスメ」という事なので沙羅はその新興宗教をつかっていじめっ子を成敗したって事なのかな?
見ごたえのあるドラマだけど何が起きているのはまだ分からない

第2話、情報源はどこなのかは解らないけど学校内での一種の世直しをしてるっていう事かな?でも単純に同級生の為ってわけではなさそう、罰を受けるべき人に罰を与えて楽しむ遊びをしている子って感じかな?
なぜ湯田一真(藤原大祐)に近づいたんだろう?この先何か関係性が出てくるのかな?

第3話、カルト教団『ナユタの民』とのつながりが少しずつ露呈し始めた?ナユタとは漢字で『那由他』と書きます、元は仏教用語でサンスクリット語の「ナユタ」の当て字、意味は「極めて大きな数量」10の60乗、この指数がぱっと見良く分らない
100は10の2乗は解る、その通り10×10は100だから、1,000が10の3乗なのも10,000が10の4乗なのも解る、0の数だよね?1億は10の8乗だから0が8個、でも10の60乗とかってなってくるともうイメージがわかないから思考停止しちゃうんだよね

第4話、それぞれの登場人物のエピソードが薄い中で次々と事件が起きて自殺したのは誰なのかが一瞬では解らないし、誰と誰が親族なのかとかもふわふわしています
最初に教祖の娘の桐谷沙羅(茅島みずき)が近付いたのは湯田いちか(豊嶋花)、いちかは黒沢美優(小栗有以)と中野亜紀(莉子)にいじめられていてその敵を取ってくれたのが沙羅でそれを目撃したのがいちかの双子の湯田一真(藤原大祐)、美優は沙羅の策略にはまって転校を余儀なくされて離脱、次の標的は亜紀で校舎から飛び降りて死亡、亜紀の兄は刑事・中野隼人(柳俊太郎)いちかと一真の父親はカルト教団『ナユタの民』を追い続けてきたジャーナリスト・湯田和広(萩原聖人)そしていちかが撥ねられた…
こうやって書き出すと繋がりが多過ぎて色々見失いがちになります、ストーリーは面白いだけにもう少し良い見せ方無かったのかな

第5話、前回のエンディングでも思ったんだけど、電話しながら車道に飛び出して車に撥ねられる、そりゃ仕方がないよ、なんで飛び出したの?スマホに夢中っていうなら分かるけど電話なんだから周り見えてるでしょ?
お?新展開、ジャーナリストである一真といちかの父親は自分の妻が『ナユタの民』に入信して家庭崩壊した恨みを晴らすために飛ばし記事を出したという事?教祖の娘の桐谷沙羅は父親の冤罪を晴らすべく仲間を探していたって事かな

第6話、そういう展開かーこれは一真が辛いね、でも前半で起きたいじめ加害者の成敗はやっぱり教団の協力者が居たって事だよね?
確かに現在はSNSもあるし動画配信サイトもあるから一般人が世間に向かって何かを発表しやすい環境は有るけど、やっぱり注目されないのでライブでの影響力は無いんだよね、どこかの複数のインフルエンサーの協力が必要だし例えバズっても伝えたいことが全部伝わる事はない、捜査関係者が「おい、これ見てみろ!」なんてことはあり得ない

第7話・最終回、死刑は回避ならずだけど状況証拠だけっていうね、日本の司法の悪しき風習ですね、基本のキである推定無罪の法則が身に付いていないとても近代的とは思えない司法制度です、警察は状況証拠だけだと取り合ってくれない事が多いのにね、リアルでは和歌山カレー事件が状況証拠だけでの死刑判決ですが昨年の5月に再審請求が受理されました、状況証拠って言うのは捜査側の思い込みが強すぎると誤った方向に進みかねない「四大死刑冤罪事件」なんて物もあって状況証拠と自白の強要という警察・検察の思い込み捜査が生んだ冤罪事件は数多く基本のキを徹底した方が良いと思うんだけどね
教祖の娘が犯人だった?元信者がいちかに証言した?JKに証言するくらいなのに警察は捜査できなかったの?腹部を包丁で一突きで死亡?患部からしか血がにじんでないのに?ちょっとやっつけすぎるエンディング

終悪けりゃすべてダメの典型になってしまいました、まさかとは思うけどカルト宗教が絡む話だから打ち切りになったなんてことないよね?MBSは政権寄りのテレビ局だから無いとも言い切れないw

先輩、断じて恋では!(終)

項目
放送局MBS毎日放送
放送枠ドラマシャワー
放送開始時刻25:29
放送時間30分
放送開始日6/16
前クール不幸くんはキスするしかない!
話数8
主要キャスト内藤秀一郎/瀬戸利樹/松田悟志/渡部秀/坂田梨香子
新原泰佑/朝田淳弥/畦田ひとみ
ジャンルBLドラマ
公式Twitter@tunku_shower
公式Instagram@tunku_shower
公式TikTok@drama_mbs

BLコミックサイト『COMICフルール』で連載されていたBL漫画を実写化
CG制作会社「マックスピクチャーズ」で働く優秀なCGクリエイター・柳瀬は、新人として入ってきた無愛想な後輩・金田の教育担当を任されることに。仲良くなるために親しみをこめて接するも「もっと距離をとってください」と冷たい態度で返されてしまう。しかし会社の歓迎会の帰り道、酔って饒舌になった金田から【本当の想い】をぶつけられる。それを聞いた柳瀬は……!?


瀬戸利樹さんはゲイの役ばかりしている印象、2021年夏クール放送の『推しの王子様』ではゲイでヒーローに恋して破れるストーリーだったので彼主演でTverで延々流れているスピンオフ作品『ぼくの推しは王子様』はタイトル通りもちろん彼の王子様を探すストーリーだと今まで思ってたんだけど、彼の彼女を探すお話だったのでちょっちゅうゲイ役してると思っていた認識が間違いでした、2021年秋クール放送の『お茶にごす。』でヤンキー役もハマってたけどね、彼を初認識したのは2019年夏クール放送の『偽装不倫』ピンク頭が似合っていなかった記憶

第1話「CGの基本はよく観察して手を動かしまくる事」正しくもあるし間違いでもある、CGとはコンピューターグラフィックスの略なので数字が厳密に決まっているCADで描く図面もCGです、今回の場合は「架空の物の3DCGを作るならよく観察して手を動かしまくる」が正解
「Detail」の発音ここでも出た!スペルを見ればわかる様に「でぃ」と読む部分はありますが「てぃ」と読む部分はありません、引っ張られてるんじゃねえよって事です「ディテール」です「ディティール」とか言い方気持ち悪いでしょ?
マウスを手の上から操作できないよ?っていうかスカルプトでしょ?プロの世界のスカルプト作業は見たこと無いけどペンタブでやるんじゃないの?
CGアプリはBlenderだね、私もBlender使いだけど業務に耐えうるのかな?物理シミュレーションとか遅いしアドオンが原因で前触れなく落ちたりするしね、同じCG制作会社が舞台だった2021年夏クール放送の『来世ではちゃんとします2』はMayaだったよね、MayaならVFX業界では圧倒的なシェアの業務用アプリだから安心できるけどね
BL漫画っていうのは同性愛が自然な世界なんだよね、男女っていう区切りが特に無い

第2話、3DCGを理解できていないお客は2Dの絵やアニメと同じ様に修正を要求をしてきます、でもこれは営業が悪い、3DCGが何なのかを理解させないで仕事を請けた会社のせい
私が初めて仕事で展示会用の3DCGアニメを請けたのは四半世紀前、FF7が出た頃です、サイズは320×240-30fpsで30秒の装置組み立てアニメーション(900枚のパラパラアニメです)余談ですがFF7に収録されていたプレレンダムービーのサイズも320×240です、これを拡大してTVに表示させていました
当時のPCスペックではレンダリング時間が約1週間かかります、9時5時の1週間ではなく24時間x7日の168時間です、途中で止められません付けっぱなしです、今のPCスペックなら数分で出来ます、技術進歩はすごいよね、で、こちらとしては細かく指示が欲しい、絵コンテを書いてくれないとお客が欲しいと思う物をイメージできないって再三言っても向こうは「おまかせで」としか言わなくて第1回プレ納品で物を見せたら「ここはもう少しこう、こっちはこの色で」なんて注文を付けてくる、で「いつごろできる?」なんて聞いてくるので「直しに1日、計算に1週間かかります」って答えたら絶句していました、結局第1回納品の物が採用されたんだけどね
営業はプレゼン資料としてレンダリングの工程を可視化してタブレット等で客先に説明をして本当に3DCGが必要なのかを確認する義務があると思うんだよね

何らかの影響で6/30はお休みです、第3話は7/7放送予定です

第3話、3Dモデラ―にも種類があって人体や動物を作る人と建物や乗り物を作る人、これらは観察目線が違うので本来は兼業は出来ないジャンルなんだけどクリエイター以外には解らないよね
テクスチャ素材で照明も当てずに撮った画像が使えるのかどうかは微妙だな、仕事中でも移動時間に何しようが勝手だけど変なこだわりある人居るよね、私なんか徹夜明けで客先に納品に行った帰りに直帰じゃなく職場に戻るのにエレキギター買って帰った事とかあったよw

第4話、「レッドハニィ」のCG統括をしている田中ベンジャミン(ネルソン・バビンコイ)は柳瀬淳(内藤秀一郎)のカナダ滞在中のルームメイト、自己紹介で柳瀬との関係性を「Dear Best Friend」と言った「Dear」に金田優希(瀬戸利樹)は引っかかるw「Dear=親愛なる」(大切な人、特別な人への手紙の書き出しで使われます)
金田くんは発達障害かな?やばいでしょ刺し飲みしてるお洒落なバーに突撃しちゃうとか

第5話、そんなに喉鳴らしてビール飲んだらめっちゃゲップ出ちゃうよ?w妄想を具現化するのは見ててキモくない?私は嫌いです
同性の同僚がどちらかの部屋に泊まって一緒に出勤とかよくある事だけど腐女子脳で見ると…?それとも先輩にはそういう気があって女性同僚は気付いていた?
なんか最近BLドラマ多くて混乱、本作の2人はヘテロなんだっけ?ゲイなんだっけ?この世界はリアルと同じまだまだ差別のある世界なんだっけ?

第6話、BlenderのPrincipledBSDFは解りやすくて良いよねっていうか最初の設計思想に無かったことの方が不思議だけど何か特許的な物が絡んでたのかもしれないので簡単には言えないのがオープンソースプロジェクト
女性先輩なんで新人が社長がみんなには内緒にと言われたことを知ってると思ったの?クリエイターの大村知世(坂田梨香子)と経理の谷本さくら(畦田ひとみ)はBL仲間で柳瀬x金田のカプで盛り上がってたんだね
そんなにすごくないwレンダリングエンジンなんだろう?レイトレースが上手くいってないから実写には全然見えない、まあドラマのこのシーンだけで使う予算だとこの程度しか無理なのが日本のドラマがしょぼい原因なんだけどね、せめて3DCG会社が舞台の物語ならもう少し頑張ってほしかったけどね、ゲームのシーンを作っているはずなのでここからゲームエンジンに渡してレイトレースするんだろうからこの会社が納品する中間データを使って簡易的にレンダリングした結果がこれが精一杯ってことなのかな?この脚本そこまでリアルに描写してるのかな?木の葉が舞い散る以外は静止画だからCyclesなら時間を掛ければもっと高画質できるんだけどね?

第7話、1年の海外研修から帰ってきた柳瀬は金田とのあれこれを妄想してきたけど金田は大分変っていて後輩もできていて…まあいつもの金田のままで気を使い過ぎてギクシャクしちゃってるっていういつものパターンでしたね

第8話、最終回、腐女子の同僚の言う通り、君たち二人は今まで何してたのよ!
えーキャッチボールがしたかったの?BL漫画原作だけどあれやこれやは無い綺麗なBL作品だったって事なのかな?原作読んでないし読む気もないけど、キャッチボールとフレンチキッスだけのゲイカップルなんて居ないよ?w
内藤秀一郎さんめっちゃ綺麗な顔してるね

まあヤオイでしたね

量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-(終)

項目
放送局テレビ東京系列
放送枠木ドラ24
放送開始時刻24:30
放送時間30分
放送開始日6/30
前クール花嫁未満エスケープ
話数10
主要キャスト与田祐希/藤井夏恋/望月歩/与座よしあき/森下能幸
マギー/中島歩/前田旺志郎/石川恵里加/田中要次
ジャンルホビー・ヒューマンドラマ
公式Twitter@ryosangatariko
公式Instagram@ryosangatariko

巷にいるごく普通の女子である主人公が仕事にプライベートに自問自答しながら「プラモデル」というホビーとの出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記
「BANDAI SPIRITS」制作協力のもと、各話実在するさまざまなプラモデルが登場し、これまでにない“ホビー・ヒューマンドラマ”を描く

  • 小向璃子(与田祐希)主人公/イベント企画会社「FUNFUN CREATE」社員/イベント3部
  • 中野京子(藤井夏恋)璃子の先輩/イベント3部/お姉さん的存在
  • 高木真司(望月歩)璃子の後輩/イベント3部/イベント1部から異動してきた
  • 猿渡敦(与座よしあき)年長3人組の一人/イベント3部
  • 雉村仁(森下能幸)部長代理/年長3人組/イベント3部
  • 犬塚輝(マギー)部長/年長3人組/イベント3部
  • 大石亮太(中島歩)エース社員/イベント1部
  • 浅井祐樹(前田旺志郎)璃子の同期/イベント1部
  • 郁田ちえみ(石川恵里加)矢島模型店アルバイト
  • 矢島一(田中要次)矢島模型店店主/通称:やっさん

主人公がガンプラをきっかけにプラモデルに魅了されるお話だそうです、2021年春クール放送の『ガールガンレディ』もプラモがテーマと言ってた割におもちゃメーカーの宣伝用ドラマでプラモデルがクローズアップされるわけでは無く期待外れだったけど今回はどうなるのかな?私ガンプラ買ったこと無いので解らないけどネットで聞きかじった知識によると接着剤も要らないなんかビッグワンガムのおまけみたいな難易度らしい?

第1話「量産型なワタシ」『バンダイスピリッツ 1/144 量産型ザク ベストメカコレクション11
最近はプラモ女子なんて人たちも居て、実はプラモデルって細かい作業で色を塗ったりしてデコ好きな女子には向いてる趣味なんだよね
矢島模型店はガンプラ専門店なのかな?店主やっさんを演じる田中要次さんはガンプラ世代よりちょっと年上だから説明台詞がしっくり来てないよね
ゲートからパーツを切り離す時はパーツ際にニッパーの歯を当てちゃダメ!少し突起を残して切り取ってヤスリで仕上げるのがベター、合わせ面をヤスリで削ってつなぎ目を消す工程があるんだけどロボットだって鋳造で張り合わせで作られてるんだから合わせ面あっても良い場所もあるんだよね
次回予告を見ると次回はカーモデルなので矢島模型店はガンプラ専門店ではなさそうですね

第2話「1/24の情熱」『青島文化教材社 1/24 ニッサンR35GT-Rピュアエディション’14 ザ・モデルカーシリーズ03
スポーツカー、一言でいうには広すぎるジャンルだよね、軽自動車のレースだってあるくらいなので数千万円のスーパーカーから数万円の軽自動車までピンキリです
R35GTRは「アールサンゴージーティーアール」が正解、劇中では「アールサンジュウゴジーティーアール」と言っていますが間違いです、確かにRならスポーツカーの名に恥じないね
GTRは元々日産スカイラインのグレード名、初代のGTRは通称:ハコスカGTR、2代目が通称:ケンメリGTR、3代目がR32GTR、4代目がR33GTR、5代目がR34GTR、ここまではスカイラインのグレード名、今回のR35GTRはスカイラインではなく車種名「NISSAN GTR」が正式名称、トヨタが「トヨタ86」を出したのと同じ感じの命名ですね、ちなみに86とは頭文字Dで有名になったスプリンタートレノの車両型式がAE86で走り屋はトレノと呼ばずに86「はちろく」と呼んでいたのでそこから付いた名前です、GTRも同じ、車両形式名がBNR32で走り屋がR32「アールサンニー」と呼んでいたことが始まり、ちなみに他の有名な走り屋車も型式で呼ぶのが通、RX-7はFCとかFDとかって呼びますね、劇中で部長が乗っていたシルビアもS13とかって呼ばれるしシビックはEKだしスターレットはKPとかEPとかね
持つ場所が逆、ゲートを持つんじゃなくてパーツを持つの、じゃないと飛んでっちゃうからね、エアブラシの持ち方が違うよ?もう少しプロモデラーの監修を受けて欲しい

第3話「イベント3部の真司君」『バンダイスピリッツ RG 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機
Z世代を強調してるのかな、台詞がなんかクールで面白いね、今回はエヴァのプラモ、ガンプラはロボットだから解るけどエヴァはロボットじゃないんだよね?私エヴァンゲリオン見たこと無いんだよね、まあガンダムも見たこと無いけどねw作るのが後輩の高木真司(望月歩)エヴァの主人公?は碇シンジ、シンジなんだからエヴァだよねっていう安易な選定w

第4話「雉村さんの船出」『バンダイスピリッツ 1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202(最終決戦仕様)
宇宙戦艦ヤマトかー歌は知ってるし絵も何となく知ってるけどほぼ見たこと無いなーって調べてみたらアルプスの少女ハイジの裏だったから視聴率が伸び悩んだという事らしい、2期3期とあったらしいけど調べても簡潔に書いてある解説が見当たらないオタク的知識は豊富にあるんだけど一般向けが無いから敬遠されるんだよ、オタクのみなさんもっと簡潔にうんちくとか無しで軽く纏めておいて欲しいw

第5話「リコ、レディ・ゴー!」『タミヤ フルカウルミニ四駆シリーズ No.34 ビクトリーマグナム プレミアム カーボンスーパーIIシャーシ
今回は『ミニ四駆』Wikipediaを見ても歴史が解らないんだけどミニ四駆オタクは新規参入を拒んでるの?
ミニ四駆ブームは3回あると言われていて最近またブームが来るかも?!なんて言われているそうですよ、第1次ブームが1988年、第2次ブームが1994年、第3次ブームが2012年なんだそうです、私は第1次の頃はもう実車に乗れる年齢だしもう少し若い頃からバイクいじってたので模型で疑似体験をする必要ありませんでした

第6話「8歳のパイセン」『バンダイスピリッツ BB戦士373 LEGEND BB 武者頑駄無
姉の子・翔真(小山蒼海)を預かる、超今時の子Z世代よりさらに下は何世代になるのかな?母親に嘘をついて一日中タブレットでゲームしてYoutube見て、そんな彼にリコは別の遊びを教えるよ!
今回は『SDガンダム』SDとはSuper Deformed(スーパー・デフォルメ)SDも可愛いしねんどろいども可愛いよね、頭身が小さいと可愛いと感じるのは「ベビースキーマ」という心理現象なんだそうですよ

第7話「ローマは一日にして成らず」『バンダイスピリッツ Figure-riseLABO 南ことり
フィギュアのプラモ?可動フィギュアなわけじゃないのか、ラブライブ?聞いたことあるけど全く分からない、漫画と小説とアニメのメディアミックスなんだそうで、まあこれまでは原作ラノベがあって漫画化されてアニメ化されるみたいな流れだったのを最初から全部やる事前提っていう企画なのはわかるけど、2010年スタートって事なので、その当時思春期だった人たちがメインターゲットなのかな?

第8話「姉御はヒーロー」『バンダイスピリッツ Figure-rise Standard ULTRAMAN [B TYPE] -ACTION-
今回は『ウルトラマン』ウルトラマンのプラモ?なんか変wだって着ぐるみ的なスーツ的な物でしょ?ソフビが伝統です、っていうか今のプラモはこんなにバラエティー豊富なのが普通なの?
プラモと言ったら乗り物と建物が王道、そこにガンプラでロボットが入って来たけど、車・バイク・船・飛行機・戦車・ヘリコプター・お城・ジオラマ・ロボット位かな、でも今の所ロボット・車・ロボット・船・車・ロボット・人形・人形、残り話数は恐らく2話だけど次回はガンダム?みたいな予告、バイクは?お城は?

第9話「機動戦士アサイ」『バンダイスピリッツ ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー 1/144 RGM-79 ジムム
今回は『量産型ジム』初代ガンダムを作っているつもりで出来上がったのは量産型ジム「ガンダムシリーズには量産型ザクの他に量産型ジムもある」なんて説明台詞があるんだけど、ザクは敵側であるジオン軍のロボット、ジムは地球連邦軍のロボットだから言い方が変「敵軍に対抗して自軍でも作った」が正解だよね?
本作の作者さんはプラモデル=ガンプラな世代の人なのかもね、私はプラモデル=カーモデルな人なのでプラモ選定にちょっと違和感がありましたがこれはもうジェネレーションギャップなので仕方が無いよね

スポンサーリンク

第10話「1/1のワタシ」最終回『MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0
最後まで田中要次さんの台詞が素人丸出しなのは何故なの?「ウェザリング」を「ウェザーリング」って言ったり[weathering]発音はwerherと読みたいなら「ウェザーイング」とならなきゃおかしい、英語が堪能な人がカタカナ読みをせず英語読みをしてちょっと発音違うね?!ってなるなら良いけど、そうは読まない読み方をするから気になります、プラモ屋の頑固おやじなのにウェザリング言い慣れてないとか設定自体がおかしい、演出家さんのサボリ?

うーん、まあまあってとこかな?マニアックなテーマなのに制作陣の知識が浅くてライトな出来で、どっちつかずだよね、プラモ好きな人には物足りない、プラモ興味ない人にはとっつきにくい、誰も得しないドラマになっちゃった感が否めない、まあ主演の与田祐希さんの演技は悪くなかったよ!2期は無さそうだけどあるならプラモ屋店主はリアルにプラモ好きな俳優さんをブッキングするべきですね、俳優さんって結構マニアックな人多いから多分居ると思うんだよね、さらっと調べても本作で作られたプラモの傾向を見るとリアルな乗り物モデルよりはガンプラ系なのでそれ好きを調べるとカズレーザーさんとか稲垣吾郎さんとか岡村隆史さんがヒットしました、田中要次さんよりはプラモ用語知ってそうな感じだよね

宇宙戦争(終)

項目
放送局テレビ大阪
放送開始時刻25:00
放送時間60分
放送開始日6/30
話数4
主要キャストエレノア・トムリンソン/レイフ・スポール
ロバート・カーライル/ルパード・グレイヴス
鳥越まあや/相原崇明/岩田安宣/前田剛
ジャンルSF

2019年に英国BBCで製作されたテレビドラマをWOWOWが日本語吹替&話数延長をして放送した物を地上波で再放送、宇宙戦争といえば1898年に発表したSF小説でメディア初登場はラジオドラマでこれを聞いた人たちが現実だと思い込んでパニックが起きたという都市伝説がある有名な作品ですね、後年パニック騒動はフェイクだったと証明されました
私が知っている宇宙戦争は舞台を米国に置き換えて2005年に公開されたトム・クルーズさん主演のスピルバーグの宇宙戦争、いかにもアメリカ映画っぽい作品でしたね
本作は舞台を現代の英国に置き換えたものになっている模様、ドラマ版だからCGしょぼいのかな?w


第1話「遭遇」
本作は1時間x4話なので映画版より濃密にストーリーは展開していきます、なので最初は火星人侵略とは関係のないヒューマンドラマが展開されています
現代に置き換えてって言うけど衣装が中世?ロシアと日本が戦争をしていて日英同盟を組むとか組まないとかって会議をしていて新聞社はタイプライターを使っていて…原作は19世紀英国で起きた火星人との侵略戦争のお話なので言葉遣いを現代風に変えたという意味での置き換えですね
CGは日本のドラマと違ってちゃんとしてましたw日本のドラマのCG金かけなさすぎ問題何とかしないとダメだよね、今のままだと世界で勝負できないよ、アニメーターを薄給で使う事に疑問を持たない業界だからその延長でCGクリエイターにも対価を払わないからしょぼいCG納品されるんだよw
状況を教えてくれる軍人役の人はハリーポッターでハリーのいとこ・ダドリー・ダーズリーを演じたハリー・メリングさんですね

第2話「壊滅」
トム・クルーズさん主演の映画しか見たことが無いので原作通りの19世紀だとどうやって火星人と対峙するんだろう?理解できない現象に住民はパニックになって時には火事場泥棒を疑って、イギリスってこういう大規模自然災害無いのかな?日本だと地震や津波で街が壊滅なんてことは繰り返してきた歴史だから比較的周りと助け合う精神が自然と生まれるけどね、って調べてみると緯度が高いので台風はほぼ来ないしプレートが無いので地震も無いし、年中天気が悪いくらいで1度に数千人が亡くなる様な大規模災害は起きない様です
第2次世界大戦でナチス軍がおこなった空襲が最大の大規模災害の様なので、本作の19世紀だとあたふたするだけで何もできないそんな国でリアリティーがある様に見えます
映像はお金かかってるね!ここまで作り込めば世界で売れるんだよね

第3話「生存」
火星人の侵略というストーリーだけど現時点でさえ地球人は火星に無人探査機しか送る事が出来ない科学力、19世紀に地球を滅亡させかねない科学力の火星人に対峙する科学力は無いと思うんだけど、ここの火星人はどうも視力に頼っている様でwこう言う所が当時書かれた空想科学の限界っていう事なのかな?
ちなみに現在の最新技術で火星に行く場合でも約8か月かかるそうですよ、宇宙マニアの人たちは色々理由を付けて簡単に答えようとしないのが不思議です「火星 最速」って調べても屁理屈こねて小難しい計算式を並べて自分の知識をひけらかすだけで数字を出さない、なんでなの?

第4話「啓示」
エイミーを逃がすために火星人を挑発して殺されるジョージ…足引きずった火星人の移動速度を考えると二人でダッシュすれば逃げられた感w
火星人は肉食、まあそうだろうね、星に居る時は何かしらの抽出し生成した栄養補充手段があるのかもしれないけど、それがない星にきたら一番手っ取り早く栄養補給をするのは肉だろうからね、そして同じ様に必須アミノ酸で出来ているはずだから病気にもなるだろうし、トム・クルーズ版の壊滅作戦よりこっちの方がよっぽど科学的
でもドラマ的には何も言わず、何も解明せずに終わるんだね、視聴者が想像して判断してくれっていうスタイル、まあ科学技術が発展していない時代での終わらせ方としてはこれが一番ベストなのかもね

日本のドラマもこのくらいお金かけて海外に売っていかないと将来ないよ?世界配信謳ってるドラマいくつかあるけどSF物は恥ずかしくて外に出して欲しくない出来栄えだからね、さすがエンタメにちゃんとお金を使う欧米先進国のドラマだよね、お見事でした!

復讐の未亡人(終)

項目
放送局テレビ東京
放送開始時刻26:35
放送時間30分
放送開始日7/7
前クール新設枠につき無し
話数8
主要キャスト松本若菜/桐山漣/淵上泰史/平岡祐太/足立梨花
森永悠希/小西桜子/前川泰之/松尾諭/小林涼子
浅田芭路
ジャンルサスペンス
公式Twitter@tx_fukusyu

愛する夫が自殺に追い込まれた真相を探るため、別人になって会社に潜入。夫を追い詰め、自殺に追いやった同僚たちひとりひとりへ借りを返すため、周到かつ華麗に仕掛けられていくわな。妖艶さと狂気を武器に“甘美でSexyな復讐”を繰り広げるサスペンスドラマ

  • 鈴木美月 / 密(松本若菜)主人公/IT企業「CODテクノサービス」の派遣社員プログラマー
  • 斎藤真言(桐山漣)密の同僚/密の夫・優吾の元部下
  • 鈴木陽史(淵上泰史)優吾の双子の弟/探偵
  • 鈴木優吾(平岡祐太)陽史の双子の兄/密の夫
  • 佐伯麻穂(足立梨花)社長秘書
  • 古武一也(森永悠希)サボリ社員/縁故入社
  • 板橋ともみ(小西桜子)若手社員
  • 若月勇(前川泰之)社長/元アスリート
  • 橋本雅也(松尾諭)パワハラ課長
  • 山下晴菜(小林涼子)プログラマー
  • 勝浦凛(浅田芭路)密に保護される小学生

主演の松本若菜さんは『やんごとなき一族』で大化けした俳優さんですね、本作を撮影&配信したのは今年の3月なので「松本劇場」でバズる前から注目株だったって事だよね

第1話、プログラマーっていうのは力仕事をする人でキーパンチャーと大差なしなので能力はあまり必要ない仕事です、言ってみれば翻訳家、人によって訳しかたが違ったらダメなのに同僚の感想がおかしい
夫を追い込んだ人間を順番に成敗していくお話なのかな?それの第1段がパワハラ上司・橋本雅也(松尾諭)に毒を盛って再起不能になせるという事?次回を見ないとこれからどう展開していくのかまだ分かりませんね

第2話、あのね、プログラマーとハッカーは別の人種ですよ?っていうか職場で堂々とFPSやってて良い会社なの?古武一也(森永悠希)は縁故入社か…最低だね、会社名義でゲームに課金してたとかスゲーな縁故入社w作業しかけのPCモニタのケーブル抜いてもPCは生きてるよ?もしかしてモニタがパソコンだと思ってる系?やっぱりこの脚本家さんITの事何も分かって無いね
今回はターゲットがもう一人いるのかな?板橋ともみ(小西桜子)のペットに手を掛けたのは誰?あ、違うのか、精神攻撃だね、でもこのペースであと6話だとこの会社潰れちゃうんじゃないの?

第3話、今回は元アスリートの社長・若月勇(前川泰之)とその秘書・佐伯麻穂(足立梨花)がターゲット、板橋ともみ(小西桜子)は蜜の夫・鈴木優吾(平岡祐太)に関係した人が次々と襲われていると気付いた?!
蜜の関係者を除いて夫を自殺に追い込んだ側の主要社員は7人、そのうち5人に復讐をしてまだ3話!全8話あるけどどうなるの?

第4話、表示されてる部分だけ見て「コードが綺麗」そんなの解るはずがない、あのね、コードが綺麗っていうのは機能美の事、質問と答えは一緒でも書き手によってそこに到達する手段が違う、その手段の部分が整然としてエラーの出ない綺麗なコードである、こういう使い方、見た目が綺麗な物を「コードが綺麗」とは言わない
「キーボードの1が押されたら画面に1を表示しなさい」これを実現する時、キーボードの押し下げを常時監視する必要があります、でも[監視]という命令はあっても[常時]という命令は無いので[監視]を繰り返すコードを書くんだけど、この繰り返しをする命令は複数あります、どの手段を使うのかの選定に根拠があって機能的なコードを「コードが綺麗」と呼びます
今回のターゲットは斎藤真言(桐山漣)なの?密の夫・優吾の信頼が厚い元部下だからターゲットではなさそう?勝浦凛(浅田芭路)は蜜が自分の過去を見る為に居るのかな?

第5話、蜜が鈴木美月だった頃の話、性的虐待?母親の児童虐待?陽史(淵上泰史)はその頃からの仲なのか
蜜の夫の元部下の斎藤真言(桐山漣)は他人の振りをして夫が映っている社内写真を見て「この人はなぜ自殺をしたの?」と聞くと「いえ、彼は自殺ではありません、俺が殺したんだ!」それは精神的に?物理的に?ストーリーが後半戦に入って色々な謎が解けていきます

第6話、なるほどね、止められなかったのは自分だからって事ね、まあそんな事だろうとは思ってたけどね
まず大前提として密の夫・優吾は自殺とされているけど真実は違うと遺族は感じていて色々な証拠を元に調査をしているって事なんだね、で、その有力候補に社長秘書の佐伯麻穂(足立梨花)が今回浮上してきたという事、残り2話なのでもうひと悶着ありそうな予感はするけどね

第7話、夫へのいじめの首謀者は社長秘書の佐伯麻穂で確定?でも復讐とは関係のない所で斎藤真言(桐山漣)の事が好きな山下晴菜(小林涼子)に恨まれる、それも計画の内なの?次回が最終回です、予告はなんか嫌な終わり方になりそうでちょっと不安です

第8話、最終回、矛先が恋敵に行くのはわかるけど実力行使をしようとは思わないのが男性脳ですね、佐伯麻穂役の足立梨花さんは良い子役が多いからギャップがすごい、端役で出てくる芸人邪魔、クライマックスに突入するのに司会が有名人とか興ざめですよ
結婚披露宴のバックスクリーンに映し出された映像の相手は誰なの?彼女がビッチだって事?そうだとして蜜に何の関係があるの?佐伯麻穂の罪は単に自殺する夫を止めもしなかった事で貶めることが目的って事だったのかな?ちょっとわかりにくい最後でしたね
そういえば最終回で気付いたけど後半から出てきた斎藤真言役の桐山漣さんWブッキングだね、水曜放送の『テッパチ!』でも後半から出てきたレギュラーですね

面白かった!ところどころ脚本の荒はあったけど松本若菜さん綺麗なバイプレイヤーで終わっていく俳優さんにならなくて本当に良かった『やんごとなき一族』での松本劇場なキャラも出来るし、なんかのドラマの振り返り座談会みたいなところで『なんでもしてくれる美人さん』っていう紹介をされていて結構前から知ってたんだけどもっと色々な役を見てみたいです

オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜(終)

項目
放送局日本テレビ系列
放送枠木曜ドラマ
放送開始時刻23:59
放送時間55分
放送開始日7/7
前クール探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り
話数10
主要キャスト飯豊まりえ/浅香航大/山中崇/ニシダ・コウキ/日比美思
松井玲奈/臼田あさ美/豊本明長/船越英一郎
ジャンル刑事サスペンス
公式Twitter@8octo_ytv
公式Instagram@8octo_ytv
公式TikTok@8octo_ytv

「感情の“色”は、嘘をつかない」――愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つける朱梨には、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。そんな彼女が、エリート街道を歩んでいたが、とある事件がきっかけで神奈川県警へ異動となった警部補・風早を相棒に、動機の見えない事件を解き明かす“感情ビジュアライズ”サスペンス

  • 心野朱梨(飯豊まりえ)主人公/神奈川県警 東神奈川署 刑事第1課強行犯1係/巡査部長
  • 風早涼(浅香航大)神奈川県警 東神奈川署 刑事第1課強行犯1係 係長/警部補
  • 雲川幸平(山中崇)神奈川県警 東神奈川署 刑事第1課強行犯1係 課長代理/警部
  • 南条貴広(ニシダ・コウキ)神奈川県警 東神奈川署刑事第1課強行犯1係/巡査部長
  • 北村聡子(日比美思)神奈川県警 東神奈川署刑事第1課強行犯1係/巡査
  • 心野紫織(松井玲奈)朱梨の7つ年上の姉/入院中
  • 甲本祐希(臼田あさ美)精神科医/紫織の主治医
  • 心野陽介(豊本明長)朱梨と紫織の父
  • 平安衛(船越英一郎)警察庁次長
  • 小野寺大伍(片桐仁)元東神奈川署 刑事第1課の刑事で雲川の元バディ

超能力系刑事ドラマか、上手くハマると面白いんだけど今回はどうなるかな?

第1話「恋人の死に【期待】を抱く女」ゲスト:宇野渕咲子(本田望結)/岩田川俊介(芝大輔)/神城ユウマ(浅野竣哉
あれ?精神科医・甲本祐希役の臼田あさ美さんはWブッキング、なんでピンポイントに重なるの?向こう(ちょい釣りダンディ)は初主演なんだから集中させてあげてほしいな
動機の見えない事件の動機を見る能力ってことだけど、なんで警察が動機を知る必要があるの?警察の仕事は加害者の罪を立証する事だけでしょ?犯罪を犯した事実が有るか無いかだけでそれ以上は警察の仕事じゃないよね?犯人が解らなくて事件関係者の心理状態を読み解いて犯人を捜す手助けをする物語なんじゃないの?
ドラマオリジナル脚本ということでまだ方向性が煮詰まっていないように見えました

第2話「愛する夫が心中したのに【喜ぶ】女」ゲスト:鈴本千弦(橋本マナミ)/鈴本拓人(吉岡睦雄)/吹田美琴(浦郷絵梨佳)/鳴島奏一(野澤剣人)/鳴島響子(あいなぷぅ)/綿貫猛司(こがけん
なるほどそういう過去があったのね、えー現場の血痕それは無いわ、血は時間を置くと黒くなるんだよ?そんなインクを撒いたような赤色のままで残ってるわけ無いでしょ?こう言う所はちゃんとして欲しい
橋本マナミさんは悪女とかサイコパスとかの役上手いよね、主役級では無いけど気になるバイプレイヤーさんですね

第3話「あおり運転男に見えた謎の【信頼】?」ゲスト:鳥飼一輝(若林時英)/雛見すみれ(本田仁美)/鳩崎優太(早川進人
「感情ビジュアライズ」っていうスタイルは邪魔だな、もう少し他の見せ方無かったのかな、取り調べの目の前でスケッチブックに何か書いてるっていう状況はとてもおかしいし、その絵を読み解くベースの表があるっていうのも実に中途半端だし、ドラマが多い木曜日で勝ち抜くにはもう少しシンプルな超能力の方が良いと思う
描いた紙を並べて脳内を整理するとかSPECみたいでもあるしガリレオみたいでもある、とにかく何となく二番煎じに感じるこのスタイル
南条刑事役のニシダ演技上手いじゃん!って褒めようと思ったらおまえが原因の事件かよw

第4話「笑う殺人看護師と悲しまない遺族の謎」ゲスト:佐久巻麻美(徳永えり)/葛木花恵(松金よね子)/葛木かんな(しゅはまはるみ)/佐久巻百合子(今藤洋子)/密偵(嶋田久作
風早涼役の浅香航大さん、昔は嫌いだったんだけどそれはエピソードごとの嫌な奴の役こなしていく脇役の使命でそう思わせるだけの演技力があったって事なんだよね、だから最近ゴールデンやプライムタイムの準主役ポジションに上がってきて上手い役者は好きなので浅香さんの魅力に取り込まれつつあります
風早涼は平安衛(船越英一郎)警察庁次長の息子で入院中の朱梨の姉・心野紫織(松井玲奈)の事件に関わりがある風の描写、それを捜査している雲川幸平(山中崇)は逆に風早涼から監視されている
邪魔な「感情ビジュアライズ」分を薄くして裏を濃くしていくとこのドラマは多分面白い

第5話「葬儀で人質事件!【驚き】続ける犯人」ゲスト:潮田昴(浅利陽介)/望月暁子(千葉雅子)/望月経二郎(佐戸井けん太)/望月郁人(板倉武志)/望月チエミ(あいだあい)/望月生弥(田辺歩)/望月アワコ(佐分利眞由奈)/望月八葉(yukino)/鐘井雅彦(桜井聖)/木暮満(高橋ジョージ
心野(飯豊まりえ)の恩師・望月暁子(千葉雅子)が亡くなった、葬儀の席で暁子の秘書(実は息子)が暁子は殺されたと言いだして参列者を拘束して犯人捜しを始める…なんだろう、今回はずいぶんあっさり事件解決しちゃって肩透かし?最後に雲川課長(山中崇)の目が心野の両親を殺害した犯人の目!事件捜査現場の裏で蠢くドラマに急展開!?

第6話「記憶喪失の殺人犯が隠す【恐れ】の謎」ゲスト:円山宗吾(尾上寛之)/菱田芳郎(コウメ太夫)/円山泉(佐藤ケイ)/三隅遥斗(坪根悠仁
ゴシップ系Youtuber菱ちゃん、この風貌はガーシーのパロディーだよね、私は芸能界のゴシップとか全く興味がないから彼の動画は一つも見たこと無いんだけど、彼の何に期待して投票したんだろう?N国立花孝志を見てて何か成果合った?無いでしょ?単なるにぎやかし要員、税金の無駄、自分で自分の首を絞めてる事に気付かないとかクズですね

第7話「動機なき殺人。全ての感情を捨てた女」ゲスト:成海道子(室井滋)/川瀬洋和(ベンガル)/社長(キンタカオ)/清掃スタッフ(日野陽仁)/川瀬佐和子(大西多摩恵
感情が無い犯人、でもまって!普通は感情なんて見えないんだよ!見えないから解決しないって思っちゃってるけどそれ普通じゃないからw
何も反応しない演技、肩を抱き起されても反射が無い演技は大変だと思うんだよね、心野紫織を演じる松井玲奈さんは本作で一番演技をしているという事実

第8話「最終章へ!2つの殺人事件が繋ぐ真実」ゲスト:戸田大和(濱田龍臣)/家長敏則(水澤紳吾)/庭木由香子(山田キヌヲ)/タクミ(栫良太)/鴨居圭(田野良樹)/鴨居美保(川島佐智子)/東海林隆三(住田隆)/庭木紗良(久保乃々花)/庭木元春(鶴田翔
え!親子だったの?!まあだからってどうって事は無いんだけどね、毎話ある事件捜査は超能力が邪魔で今一集中できないので早くバックストーリーを展開させてほしいです

第9話「親子対決!父の死に隠された警察の闇」ゲスト:棚田雅彦(モロ師岡
都合よく事件に関係していた警察官が一つの署に集結しているのは誰かが裏で未解決事件を解こうとしているからなのかな?平安次長(船越英一郎)は情報隠蔽をしていただけで実行犯では無かったのね、ちょっと肩透かしだな
そして後半からレギュラー出演の小野寺大伍(片桐仁)が真犯人?心野の両親を殺害した犯人の目だと思っていた雲川課長(山中崇)のバディーだった男、今まで出番が少なくて感情移入されていない人が犯人っていうストーリーはちょっとがっかり、日和ったの?元々の脚本?ドラマオリジナル脚本なので途中で変えて来た可能性も否めない

第10話「【黒い感情】が導く衝撃の結末」最終回、ゲスト:容疑者(本間朋晃
小野寺大伍(片桐仁)が自首してきて紫織の主治医の甲本祐希(臼田あさ美)は元カノ!精神科医の技術を使って紫織に向いた小野寺の感情をコントロールしてた!
小野寺が色の意味を知っていたのはこれが公にされている理論だから、アメリカの心理学者ロバート・プルチックが1980年に提唱した理論「プルチックの感情の輪」がベースな模様
風早涼(浅香航大)の感情を読み取って「私も」って返して終わる…結局恋愛バカが描いた本w

うーん…感情が見えるっていう超能力は邪魔だったな、でもこの能力が無いとストーリーが進まないから、もっと小さい見せ方を考えて欲しかった、派手に画用紙に書くっていうスタイルが邪魔だった、だって変だもん
ストーリーやキャストはいたって普通、可もなく不可もなく普通の刑事ドラマでした、2期は無いでしょう

六本木クラス(終)

項目
放送局テレビ朝日系
放送枠木曜ドラマ
放送開始時刻21:00
放送時間54分
放送開始日7/7
前クール未来への10カウント
話数13
主要キャスト竹内涼真/新木優子/平手友梨奈/早乙女太一/香川照之
中尾明慶/さとうほなみ/鈴鹿央士/稲森いずみ/近藤公園
光石研/緒形直人/矢本悠馬/田中道子/堀内敬子
松田賢二
ジャンル青春群像劇
公式Twitter@roppongi_class
公式Instagram@roppongi_class

韓国ドラマ「梨泰院クラス」の原作マンガの舞台を日本に置き換えて翻案した日韓共同プロジェクト。人生の崖っぷちに立たされた青年・宮部新が、金と権力を振りかざす巨大企業「長屋ホールディングス」に立ち向かっていくさまが描かれる

  • 宮部新(竹内涼真)主人公/六本木にある居酒屋「二代目みやべ」の店長
  • 楠木優香(新木優子)新の同級生で初恋の人/「長屋ホールディングス」勤務
  • 麻宮葵(平手友梨奈)「二代目みやべ」のマネージャー
  • 長屋龍河(早乙女太一)新と優香の同級生/「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂の長男
  • 長屋茂(香川照之)「長屋ホールディングス」の会長
  • 内山亮太(中尾明慶)「二代目みやべ」のホールスタッフ
  • 綾瀬りく(さとうほなみ)「二代目みやべ」の厨房担当/トランスジェンダー
  • 長屋龍二(鈴鹿央士)長屋茂の息子
  • 相川京子(稲森いずみ)「長屋ホールディングス」の常務
  • 桜木幸雄(近藤公園)長屋茂の秘書
  • 宮部信二(光石研)新の父親
  • 松下博嗣(緒形直人)双葉署の刑事
  • 桐野雄大(矢本悠馬)新の同級生
  • 理沙ガルシア(田中道子)新や優香の行きつけのダイニングバー「Flecha verde」の店主
  • 麻宮英里子(堀内敬子)葵の母親
  • 木野(松田賢二)新と少年刑務所で出会う

テレ朝の海外リメイクドラマは外れが多いけど今回はどうなるのかな?
元の梨泰院クラスは芸能人がSNSで盛り上がってたけど邦題をクラスにしたせいで意味不明なんだよね、本来の意味はClass=地位とかレベルとかって意味で、そうなら解りやすいのになんで「クラス」なんてタイトル付けちゃったんだろうね、ソウルにある梨泰院っていう繁華街で成り上がるっていうお話なので日本だと六本木ってことなんだろうけど、まだ見てないけどなんか一昔前に流行った感じの雰囲気が漂ってます

第1話、銀座じゃなくて六本木っていう場所という事でまあ何となく正にクラスが解りますね
うわー、もろ韓流ドラマだw学校が物を言えないほどの大物が大物を振りかざす日本なら昭和の頃に流行った感じのストーリー、リメイクするなら今の日本っぽく作れないのかな?これは酷い
28歳の新木優子さんと29歳の竹内涼真さんと30歳の早乙女太一さんと31歳の矢本悠馬さんが高校生役で回想シーンでちょこっとっていうならアリだけど、長くない?w
芝居も酷いな、これをあと12話も見ないと行けないの?…これはつらいw唯一の救いは本家の梨泰院クラスを見ていない事ですがどうなるかなー…初回の世帯視聴率は9.6%だそうですが問題は次回です、私は苦行でも見続けるけどこの感じだとヤバそうな感じだよね

第2話、原作ファンから厳しい批評を受けてますね、原作を見ていない私でも酷い脚本に見えるので全方位から低評価だけどテレ朝のリメイクは契約でストーリーを大幅に変えられないはずなので巻き返しはキツイ?
夏祭りのラムネが缶!雰囲気勝負なのに缶!それも500ml缶!六本木は大人の飲み屋街なのにジュース缶!韓国の飲酒可能年齢って19歳で2人は同学年で出所して日本酒飲んでたのに夏祭りでジュース?原作もジュースだったのかな?ずいぶん健全な夏祭りだね
なんだこれwジャックナイフタンデムがあんなに飛ぶスピードならバイクも止まれないよ?
酒場内での客の物言いって原作通りなの?さすがに日本人でいくら酔ってても店員を猿呼ばわりする人なんて居ないでしょ?店員も客にガチギレとかありえないでしょ?リメイクするならもう少し日本っぽさを出してくれないと感情移入できないからつまらない

用語解説

ジャックナイフ=特に2輪車でフロントブレーキがロックした時、慣性の法則でリアが浮き上がる現象の事
タンデム=二人乗りの事、2人乗りシートの事をタンデムシートと呼びます

第3話、キャストを日本人にして日本で韓流ドラマを撮影してみた、おまえら楽しめってか?酷いなこの脚本、これはリメイクじゃなくてコピーでしょ?こんなの放送する意味あるの?警察が大企業の牛耳られてるとか日本政府が統一教会に牛耳られてるからってそんなあからさまな脚本そのまま出すとか酷すぎw

第4話、前回の視聴率は世帯で7%個人で3.8%大負け、こういう時にテレビ局がキャストを集めて生配信をしたりコラボをしたりしてるのを見聞きするとまだ自分たちが時代の最先端にいると勘違いしている様で冷めた目で見ています
でね、原作の『梨泰院クラス』を見ていた人たちが酷評してるみたいな逃げ道があるけどネットフリックスに契約していた人の中で見てた人が多かっただけで日本の地上波の視聴率は世帯換算なので正確に人数に換算できるわけでは無いけどNHKの場合で1%=110万人、ネットフリックスの今の日本人の加入者数は500万人『梨泰院クラス』配信開始当時は300万人だったとか、まあ500万人だとして全員が見ていたとしても視聴率換算をすると4.5%、実際は1%いれば良い方、ネットフリックスの宣伝なのか当時は声の大きい(比喩です)芸能人がSNSでめっちゃ盛り上がっててステマかな?って印象はあったくらいで日本人の大多数が見てないんですよ
長々書いたけど、要は梨泰院クラスを見たことが無い人たちが六本木クラスは面白くないって思ってるって事です

第5話、なんか視聴率持ち直したね、麻宮葵役の平手友梨奈さんの活躍で盛り上がったみたいですよ、確かに魅力的な女性の役をうまく演じてますよね、坂道グループの頃の音楽番組の動画でダンスのクオリティーがどんどんおかしくなっていく様を見たことがあるんだけど、あれってなんだったの?仕事放棄?時系列が良く分らないし何かトラブル抱えてた?とか体調不良?とかそういう事全く分からないけど、運営側のせいなのかな?

第6話、視聴率は持ち直したみたいだけど、ストーリーも元の韓流ドラマ特有のタイプに戻っちゃってなんだかなーです、全13話って決まっているのでまだまだ中盤でまだまだ嫌がらせは続くし、復讐も続くんでしょ?

第7話、Tverの扉絵がいかにも韓流ドラマ風なのはわざとなんだろうけど、だったら韓流ドラマ流せばいいのにwリメイクと真似は別だよね?ちょっといかにも過ぎてね、つまらなくはないけどはっきりしすぎてて詫び錆が無くて共感し難い

第8話、ちょっと下手じゃない?韓流ドラマってこうなの?日本なら喧嘩両成敗、当事者全員警察署にお持ち帰りになるんだよ?
撮影は多分終わっていると思うので香川照之さんは続投って事らしいんだけど、クラブっていうのはそういうのが良くあるらしいし示談も済んでて訴えられたのもお店であって香川さんなわけでは無いと言うんだけど…ワイドショー等で見せられる行為は見ていて気持ち悪い「昆虫すごいぜ」だけは見られなくなるの勿体ないけど、テレビ各社は不問って事みたいだけど、はっきり言って見たくない

第9話、香川さんに追い打ちが来ましたね、CMは全停止、朝の情報番組は降板だそうですが本作はもう撮っちゃってるし韓国との契約もあるだろうし簡単に取り直しもできないだろうし打ち切りも難しいだろうし、まして本作の役が超上から目線の役だし、昨今目を引いた役がみんなそんな感じの役で尚更ね、酒の席でもセクハラはセクハラで許さざる行為ではないんだけど、解るんだけどさ…週刊誌も多方面に迷惑がかかるスキャンダルは改変期にして欲しい、ドラマの出来はどうあれ他の演者も居る事だしね
韓流ドラマって一昔前の日本のカルチャーを踏襲してるよね、料理の鉄人かな?意識高い系の葵(平手友梨奈)が使うパソコンがマックじゃなくてHPっていうのも何か関係あるのかな?スポンサーではないんだよね

第10話、やっぱり香川さんで味噌ついちゃった感、まだ撮影は残っていたようで、この撮影はいつなんだろう?国産のドラマなら急遽登場シーンをカットするとかするんだろうけど、おそらく契約でストーリーは変えられないので最後まで準主役の香川さんは出続ける、やっぱり気になるよね
前から思ってたんだけど主演の竹内涼真さんの話し方って棒だよね?演技は下手じゃないけど台詞が下手?棒なおかげで台詞が聞きやすいから吹替みたい、でもそれが韓流ドラマっぽくはあるんだけど目につくんだよね、まあ何でも目につかせた制作陣の勝ちだよね
性適合手術を受けて性別を変えたら正式にそちらの性です、マスコミはコンプライアンス違反、人権問題です、韓国ではありなの?日本ではNGだよ?未成年飲酒やシートベルトは原作と変えてるのにこれは良いの?これって日本側のスタッフの差別意識が露呈してるって事だよ?
きつねさん(中尾明慶)出まくりだよね、コンスタントに有名ドラマの脇役に居る、次作は医者役だそうですよ!朝顔SPもあるしYoutubeもあるし、パートナーの仲里依紗さんもドラマにYoutubeに大忙し、中尾家はめっちゃ儲かってるんだろうな~っていう下衆の勘繰りw

第11話、そうそう、他人に認められたくてマイノリティーなわけじゃないんだから「ほっとけ」って話だよね、派手な悪役が上手い香川さんだけど、これは素の香川さんが悪者で誇張はしてるけどこれが素の香川さんっていうねw派手な悪役の最初は半沢直樹の1期だろうけど本作も半沢直樹に見えるって評する人居いるけど私はそうは思わない、池井戸潤作品は原作を読んでるので見た目のパフォーマンスには釣られません、そういえば秋クールの香川さん出演予定だったドラマの代役はオダギリジョーさんなんだそうですよ、なんかキャラ違うと思うんだけど?
ついでにまたきつねさん(中尾明慶)の話w働きすぎじゃね?10月から朝の情報バラエティーのMCだそうですよ、ドラマも医者とラーメン屋店主、パートナーの仲里依紗さんはNHKの男女逆転「大奥」で徳川綱吉役だそうですよ

第12話、やっぱりちょっと感覚違うよね、日本なら体調の悪い会長は車椅子に乗せると思うんだよね、ねえねえ、救急搬送されたんでしょ?だったら警察の捜査が入るでしょ?会社社長が撃たれたなら会社に連絡いくでしょ?社員から行方不明者居るって聞かされて探すでしょ?警察何やってるの?
死後の世界?間の世界?妄想?臨死体験?それを入れ込むのって韓流では普通なの?韓国人の宗教観は1/4ほどいるキリスト教徒以外は日本と一緒で家が仏教徒なんて感じで個人としては半数以上が無宗教だそうで、日本の神道と同じ様に民間信仰として「朝鮮の儒教」がベースにあって、そうなると三途の川を渡る的な描写は仏教だけど原作はどんなイメージだったんだろう?

第13話、最終回、いかにも韓流って感想をちらっと見たけど本当にそうだねw
なんで君が土下座する必要があるの?忖度メディアが『『六本木クラス』“土下座”の新たな解釈はお見事! 新×葵の愛に満ちた最終回』こんなこと書いてるけど視聴者に伝わって無いよ?
あんなに沢山警察官来たのに大本の喧嘩場にたどり着いたのは元警察官?だけ?現役警察官何してるの?余命いくばくの老人にから揚げ出すの?w
日本と韓国では土下座の意味が違うのかな?日本の実社会では土下座したって気持ちの問題で何も解決しないけど韓国では何か正式な所作なのかな?
韓流ドラマを見たことは無いんだけどみんなこんな感じの壮大なストーリーなの?

うーん…普通、文化が違和感だらけだったけどストーリーは実はたいしたこと無いんだよね、キャストのおかげで視聴率稼いだ感じが否めない、契約で変えられない部分が多かったんだと思うけど、それで妥協しないでとことん日本の文化で脚本を書いて欲しかった、それなら多分全然感想違うと思うんだよね

あなたはだんだん欲しくなる(終)

項目
放送局BS-TBS
放送枠木曜ドラマ23
放送開始時刻23:00
放送時間30分
放送開始日7/7
前クール シェアするラ!
インスタントラーメンアレンジ部はじめました。
話数10
主要キャスト芋生悠/栁俊太郎/松平健/桜井玲香/中村隼人
渡邉甚平/黒田こらん/吉田仁人/高橋惠子
ジャンルお仕事ドラマ
公式Twitter@anahoshi_bstbs
公式TikTokbstbs_drama

主人公・鈴木きららは、同居人の小野希がオーナーを務めるカフェに居候し、日々就活をしながらアルバイトで働いていた。ある日、ひょんなことから知り合った穂村伸から、テレビショッピング番組のプレゼンターに強引に誘われる。穂村はテレビショッピング番組を運営する会社の制作本部長だった。きららは突如放り込まれたテレビショッピングの世界で、元人気子役のプレゼンター・櫻木優など周りの人物との関わりを通し、プレゼンターとして少しずつ成長していく

  • 鈴木きらら(芋生悠)主人公/バイトしながら就活に励んでいる
  • 穂村伸(栁俊太郎)テレビショッピング番組「ザ・ショッピングSHOW」を運営する会社「ルフォン リテイリング」の制作本部長/番組プロデューサー
  • 松宮健(松平健)大物俳優/プレゼンターも務める/通称:マツケン
  • 海江田明日香(桜井玲香)人気ナビゲーター/きららのライバルとなる
  • 櫻木優(中村隼人)元人気子役/プレゼンター
  • 池田浩介(渡邉甚平)アシスタントディレクター
  • 木下洋子(黒田こらん)ディレクター
  • 小野希(吉田仁人)カフェ「LUKE」のオーナー/きららの同居人
  • 鈴木節子(高橋惠子)きららの母親

連ドラ激戦区の木曜日にずいぶん微妙なドラマをねじ込んできましたねw通販番組ドラマ…まあBSは日中ずーっと通販番組だからね、本来なら放送免許はく奪されてもおかしくないんだけどね、テレビが使っている周波数は国民の共有財産だから一部の企業が儲かるだけの通販番組はギリギリのグレーゾーンです

第1話「恋とTVショッピング、キセキの出会い」ゲスト:レジェンド松下(レジェンド松下)/橘美咲(中西悠綺)/水野(水野直
主演の芋生悠さんは初見です、なんか前クールの『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』を思い出します、お仕事ドラマでボブだからね
知ってる俳優さんは栁俊太郎さんと松平健さんと高橋惠子さんくらい、まあ通販番組の裏側なんて知る機会はなかなか無いから新発見が出来るかもしれませんね

第2話「TV初出演は大騒ぎ!」ゲスト:マネージャー(菜本みくる
栁俊太郎さんは今回終了した『教祖のムスメ』とのWブッキングでしたね
うーん・・・何だろう、面白くないw
プロデューサーが通販番組のイロハを教えるんだけど本来ならディレクターがやる仕事だよね?まあ会社の規模にもよるしディレクター上がりのプロデューサー結構いるからそれは良いとしても、栁俊太郎さんの演技が微妙?活舌が悪いのか、たどたどしい印象で指導に説得力が出ないのが致命的
木曜ドラマは強豪ぞろいなので本当のBS-TBSのプロデューサーは反省した方が良いw

第3話「悪魔のレッスンと恋の魔法」ゲスト:カピル・ミタル(カピル・ミタル
通販番組って台本あるんじゃないの?毎回多種多様な商品出てくるのにそれを演者の思い付きでやってるはずがないと思うんだけど?通販番組と言えば一線を退いた?売れなくなったタレントさんが出てるけどどう見ての自分の言葉で話している様には見えないよ?

第4話「業界激震!?衝撃のデビュー」ゲスト:エプロン太田(エプロン太田
ド素人が努力で通販タレントになっていくお話なんだけど、ゴールが通販タレントだと微妙だよねwだって今だと通販番組出てる人って一線から退いた人でしょ?これがジャパネットたかたみたいにタレントを使わずに社員で作る通販番組の専属タレントってことならアリだと思うけど作り手がテレビプロデューサーだから違うよね?

第5話「涙の生放送、そして...」ゲスト:あいりとその友人たち(蛭田愛梨/石原愛梨沙/桐乃みゆ)鷹見(池畑暢平
緊張で本番前になるとお腹が下る元人気子役が自信をもって通販タレントになれるように頑張る物語だとビジュアルが弱いので素人ドジっ娘が一緒に立派な通販タレントになるよう頑張る物語だったのに、元人気子役が会社を辞めて素人ドジっ娘が一人で通販タレントになれるよう頑張る物語になりました

第6話「大切なもの、大切な人」ゲスト:亀田(真砂京之介
プロデューサー・穂村伸役の栁俊太郎さん、深夜ドラマ結構沢山出てるけど活舌が微妙だからハマらないと下手に見えるんだよね、今回のブッキングはちょっと違うかな、ハマって無いなって思っちゃいます、ハマって無いと響いてこないんだよね

8/18は特別編成のためお休みです、第7話は8/25放送予定です

第7話「伝えるんだ!自分だけのストーリー」ゲスト:クレーマーの電話主(見里瑞穂)鴨川(藤井びん
テレビショッピングに自分の地元の食品を売り込むっていうイレギュラーな回、話を持ち込むのは良いけどその先は営業部の仕事でしょ?なんで前に出る人にやらせてるの?

第8話「恋の魔法がかかる夜」ゲスト:TBSラジオのラジオパーソナリティー関取花(関取花)TBSアナウンサー喜入友浩(喜入友浩
通販番組で司会進行をする人はMCじゃなくてナビゲーターって言うんだね、確かに通販番組の主役は通販商品だからね
テレビカメラの前に出るとお腹痛くなっちゃう元子役の櫻木優(中村隼人)はラジオなら問題ないことが解ってラジオの通販番組で大活躍中!適材適所って言うのはあるよね、元子役なら発声練習は出来てるから聞きやすい話し方なのかもしれませんね、えー恋愛要素を入れてくるの?邪魔だな

第9話「スキャンダルを乗り越えろ!」ゲスト:「ルフォンリテイリング」の社員(横内亜弓
ほとんど巷の感想が無いし視聴率は測れないほど?だしTverのお気に入り登録も再放送並みだしSNSは関係者しか呟いていないし…
代替は「だいたい」が正式だけど最近では「だいがえ」もアリという風潮があるようですが、ビジネスシーンではまだまだ「だいたい」が正式ですよ

第10話「完売御礼!キセキの結末」最終回
198万円の旅行商品が通販番組で放送中に完売ってありえるの?確かに高ければ高いほど売れるのが早いって話は聞いたことあるけど旅行って「さあ!旅行に行こう」ってなって初めて探すものでしょ?今まで旅行を扱った事のない番組を見ている人は旅行商品の紹介を始めて見るのにそれを見て「お!200万円の旅行に行こう!」とはならないでしょ?
まあ無事にMCとしてデビューできました、本部長と恋仲になりましたっていうお話

BSのドラマなので予算が無い中で創意工夫で乗り越えるタイプの作品になるのは致し方ないけど、それにしたってちょっとチープすぎたような気がします、通販番組の裏側を見せたようで実は結構な部分がフィクションで、たぶんだけど毎日収録している物なので台詞とかエピソードは作家が書いてるんだと思うんだよね、でもそんなシーンは出て来なかったよね、プロの実演販売士を本人役で出すような作りなんだから、実際の裏話をドラマにして欲しかったなと思いました

純愛ディソナンス(終)

項目
放送局フジテレビ系
放送枠木曜劇場
放送開始時刻22:00
放送時間54分
放送開始日7/14
前クールやんごとなき一族
話数11
主要キャスト中島裕翔/吉川愛/比嘉愛未/髙橋優斗/筧美和子
和田正人/畑芽育/藤原大祐/神保悟志/手塚とおる
眞島秀和/富田靖子/光石研/佐藤隆太
ジャンル純ドロラブストーリー
公式Twitter@lovedisso_fuji
公式Instagram@lovedisso_fuji

新任音楽教師と生徒の“純愛”が、次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”を生むさまを描く完全オリジナル作品。ふたりが出会う高校を舞台にした第1部と、その5年後を描き、「セカンドパートナー」(※配偶者とは別の、性的関係を持たない異性のパートナーのこと)の概念を盛り込んだ第2部でストーリーが展開する

  • 新田正樹(中島裕翔)主人公/桐谷高校の音楽教師
  • 和泉冴(吉川愛)ヒロイン/桐谷高校に通う女子高生
  • 碓井愛菜美(比嘉愛未)国語教師/正樹の同僚
  • 朝比慎太郎(髙橋優斗)冴の同級生/映像研究部に所属
  • 小坂由希乃(筧美和子)前任の音楽教師/正樹の大学の先輩
  • 碓井北都(和田正人)愛菜美の兄
  • 園田莉子(畑芽育)冴と慎太郎が住むシェアハウスの住人
  • 村上晴翔(藤原大祐)冴と慎太郎が住むシェアハウスの住人
  • 新田秀雄(神保悟志)正樹の父/学校法人立秀学園の理事長
  • 影山勉(手塚とおる)教頭
  • 加賀美理(眞島秀和)冴のクラス担任
  • 和泉静(富田靖子)冴の母親
  • 碓井賢治(光石研)5年後の正樹が勤務する不動産会社・モノリスエステートの社長
  • 路加雄介(佐藤隆太)マッチングアプリを開発するIT会社の社長

キャストが豪華ですね!中島裕翔さんの演技好きなんだよね、憑依俳優吉川愛さんは最近出まくりだし筧美和子さんは土曜ドラマ「イケメン共よ メシを喰え」とWブッキングだし畑芽育さんは若手実力派、ヤバい人の役をやらせるなら富田靖子さん、ドラマが多い木曜日だけど期待大です

第1話「禁断の愛が、運命の歯車を狂わせる」
ものすごく細かく練られた脚本で設定は深くて面白い、登場キャラクターもそれぞれ闇がある感じで今回は紹介回だけどラブストーリーなはずなのに殺人事件?どうなるの!?

第2話「禁断の恋、殺人事件、不協和音が・・・!」
碓井先生(比嘉愛未)が不穏な動きをしてるけど目的は?小坂由希乃(筧美和子)に何かされたとか?朝比慎太郎(髙橋優斗)に「一つ間違えばあなたがやっていたかもしれない、違う?」まだ見えてない裏がありそうだね、冴ママ(富田靖子)の目のヤバさが(・∀・)イイネ!!
学校で酷い目にあっているのになんで部室で一人でビデオを見てるの?一刻も早く学校から遠ざかりたいと思うのが普通だと思うんだけどな?

第3話「第一部終幕!物語は5年後の再会へ・・・」
5年経ったら音楽教師から反社になった?真裏だね、家業との関係は?家業はかんけいないみたいだね、不動産?地上げ屋?まあグレーゾーンって奴っぽいね
唐突に碓井愛菜美(比嘉愛未)先生が有名作家に転身していて冴(吉川愛)はそれに憧れていて、5年後も絡んでくるキャラだったのね、って…そういう絡みなのか、ドラマとしては盛り上がるけどキツイね
シェアハウスで冴と同居する園田莉子役の畑芽育さんの大人っぽい表情初めて見たかも!子役上がりで可愛い系の俳優さんなのでちょっとドキッとしました

第4話「妻の愛憎が、波乱の渦を巻き起こす」
碓井は冴が新田とただならぬ関係だったことは知っていていじってるよね?
悪徳社長・碓井賢治を演じる光石研さんは↑の『六本木クラス』では人が好過ぎて殺される役、真逆の役を同じクールに演じる役者スゴイ!

第5話「結婚記念日に仕掛けられる真夏の一夜」
愛菜美(比嘉愛未)と路加雄介(佐藤隆太)は知り合いだったのか、教師時代の裏も知ってるし、過去に悪徳社長・碓井賢治(光石研)にも因縁があるし、そこに毒母の和泉静(富田靖子)も絡んできて、色々なところに繋がりと妬み憎しみ愛情等が複雑に絡み合っていて、やっぱり日本のドラマのスタイルが好き

第6話「過去へのけじめ・・・運命の選択」
人は誰でも1作は小説を書けるって言われてます、自叙伝ね、何も良いこと無いいたって平凡って言う人だって必ず人と違うエピソードがある物です、専業小説家は例えばそのエピソード1つを題材に1本書ける位の想像力と嘘つき性が必要ですね
愛菜美(比嘉愛未)と路加雄介(佐藤隆太)はなんで?何繋がりなの?「彼はすべてを失うと私の元へ戻ってくるから」実はこのドラマの主演は比嘉愛未なんだね
毒母はなんでそんな大金持ってるの?

第7話「夫婦の崩壊、覚悟のキス」
毒母のあんな言動見ても同居人たちは何も思わないの?詫びを入れてきて然るべきだと思うんだけど子供だから解らないのかな?
私は悪くないと思うんだけど視聴率が振るわない、何故なんだろう?時間帯が悪いのかな?Tverのお気に入り数は悪くないしSNSでもちゃんと呟かれてるけどリアタイが振るわないって事なんだろうけど、マスコミはリアタイの数字を元に有ること無い事書いて俳優の格付けをするから酷い批評が多いんだよね「あなた見て無いでしょ?」って人が書いてる記事結構見ます

第8話「壊れる絆!純愛と泥沼は紙一重」
シェアハウスの同居人で冴母を引き留めている村上晴翔(藤原大祐)にも何か裏があるの?ちょっと簡単に行き過ぎて色々不安になる作りだよね、色々なシーンに感情移入が出来る脚本が上手い!

第9話「過去の因縁、新たな禍い」
本作と『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』がジャニーズ最下位争いとかって言われているけど、どちらも面白いドラマだよ?結局食わず嫌いなんだよね
また勝手な思い込みですれ違い始めるけど今回はお互い歩み寄って一件落着だけどあと2話あるのでまだもうひと悶着あるよね

第10話「逃れられない親子の縁・・・最終章へ」
なんか企業の覇権争いみたいな事が半分メインになってきて『六本木クラス』みたいになって来たよ?まさかの村上晴翔(藤原大祐)の裏はそっちなの!どう収めるのが最善なのかが解らなかったけど諸悪の根源を出す事で収めるのが最善という判断なのかな?次回が最終回です、どうなるの?!

スポンサーリンク

第11話「この純愛は運命か宿命か」最終回
最後までやっぱり勝手に思い込んですれ違う、人の事なんて考える必要ないんじゃない?自分の気持ちに正直にならないとしこりが残るだけで良いこと無いよ
ちょっと終わらせるべくして終わらせてる感がすごいな、なんで突然周りが全員協力的になっちゃうの?それぞれのキャラの改心するきっかけをもう少し深く描いて欲しかったな

面白かった!世間の評判はあまり良くないみたいだけど、キャストが好みだったので人の評判とかどうでも良いです、まあしいて言えば終わりをもう少し深く描いて欲しかった、主役級じゃなくて周りを固めていた脇役の心の描写がちょっと足りないなって思いました

遺留捜査 (2022)(終)

項目
放送局テレビ朝日
放送枠木曜ミステリー
放送開始時刻20:00
放送時間54分
放送開始日7/14
前クール警視庁・捜査一課長 season6
話数10
主要キャスト上川隆也/栗山千明/永井大/戸塚純貴/戸田恵子
宮﨑香蓮/甲本雅裕
ジャンル刑事ドラマ
公式Twitter@iryusousa_tva

木曜ミステリー枠が本作を持って終了します、よって遺留捜査も本シーズンで終了ですが…終わったはずの「科捜研の女」が新設される「火曜21時台のドラマ枠」で放送決定!なんて記事がwもう飽きたよwなんかテレ朝と俳優陣の交渉が上手くいってなかったとか?(´・ω・`)知らんがな

  • 糸村聡(上川隆也)主人公/京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事
  • 神崎莉緒(栗山千明)京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事
  • 雨宮宏(永井大)京都府警捜査一課特別捜査対策室刑事
  • 沖田悟(戸塚純貴)所轄署から京都府警本部に異動してきた若手刑事
  • 滝沢綾子(宮﨑香蓮)京都府警の科捜研研究員
  • 村木繁(甲本雅裕)警視庁科学捜査研究所係官
  • 佐倉路花(戸田恵子)京都府警捜査一課特別捜査対策室・室長代理

木曜ミステリー枠のシリーズ物3作(科捜研の女/警視庁・捜査一課長/遺留捜査)の中で本作が一番謎解きが面白いと私は思うので他の2作は終わって良いけどこれは枠移動してほしいなと思ってたりします

第1話「風変わり刑事再び!! 嵐の中に消えた男〜鳴らない笛の真実!?」
ゲスト:佐津川愛美/押田岳/阿部亮平/松本享恭/八代みなせ/松木賢三/蔵原健/咲田雄作/中原丈雄/岡大介/柴田善行
被害者役の阿部亮平さん久しぶりにピンの仕事だね、最近純悪でしか見てないからね、主演の上川隆也さんは普段は紳士でイケメンなんだけど糸村聡を演じると見事に変人になるよね、俳優さんすごいね!
そういえば神崎莉緒役の栗山千明さん金曜放送の『晩酌の流儀』とWブッキング、日本に俳優星の数ほどいるのになんで合わせてくるんだろうね
ドローンに搭載されたカメラ目線での飛行は免許が必要なのは事実です、目視で飛ばす分にはドローンの重さ次第で免許はいりません

第2話「父にすり替わった男 苦いキャラメルが語る30年間の嘘!!」
ゲスト:下條アトム/国木田かっぱ/板倉チヒロ/関秀人/満腹満/三角園直樹/小松杏/松島紫代/北村友希
前回の続きだけど前回も登場はしていたけどメインの事件関係者では無かった人たちが今回はメインの関係者って事なのかな?前回は確か私設救助隊の不可抗力の事故という結末だったので、盛大なフリって事なのかな?
フェイクニュースを量産するネットメディア「ファクトニュース」とんちが効いてて(・∀・)イイネ!!
そうか、このドラマは凶悪犯罪のトリックを解くとかでは無くて不可抗力とか深い分けがあってとかっていう良い話で終わる事が多いんだね

第3話「双子殺人の謎!? 最強おまけカードが変えた!?兄弟の逆転運命」
ゲスト:入江甚儀/中須翔真/住田隆/曽我廼家八十吉/平野貴大/若草/森乃阿久太/木村康志/七海薫子/下元佳好
京の字の書き順を調べるのにそれを知っている佐倉路花(戸田恵子)が取り調べをしたら嘘をつくことも可能なのになんでなの?
双子の成り変わりとか無理でしょ?顔が似てたってそういう身分で生活してこなかった人が突然成り代わるとか絶対に無理、それと兄が弟の為に身を引くとかって美談は無いと思う、男の双子は一生競い合って成長していくもの

第4話「人気体操コーチの死!合格祈願の鉛筆に涙の傷⁉」
ゲスト:堀井新太/小山紗愛/前田亜季/坂西良太
不慮の事故ってあると思うんだけど、なんですぐ救急車呼ばないの?現実社会の今の日本だと医療崩壊してるから救急車呼んでも来ない可能性大だけど、ドラマ内のフィクションの世界なら呼べばすぐ来るのにね

第5話「容疑者・村木繁!!消えた高級スーツの男!?妻が隠した恋の謎」
ゲスト:田中俊介/石黒英雄/小宮有紗/青柳尊哉/峰蘭太郎/行澤孝/中村凛太郎/當島未来/山中正樹/堀くるみ
俳優としての格が高いゲストが犯人説は本作には当てはまりません、何故なら本作のメインは犯人ではなく糸村さんが最後に謎解きの答えを伝える人がメインゲストだからね

第6話「資産家夫人の孤独〜娘が残すレシピの謎!?絹スカーフの殺意!!」
ゲスト:藤真利子/高田里穂/唐橋充/ミスターちん/お宮の松/大出菜々子/小堀正博/朝井千景
なんだかずいぶん単純な殺害動機でアリバイ工作をしたわけでもないのに最初の事件捜査をした警察が無能だったばっかりに2回の殺人を許して最低なのに最後の5分で感動シーンを見せられてもね…

第7話「若き建築士の禁断過去!爪切りに涙のメッセージ」
ゲスト:一ノ瀬颯/荒井敦史/舟木幸/渡辺裕之/広島光/いわすとおる/北川裕介/田中心彩/中野ひろゆき
同姓同名の若手が出てるのかと思ったら5月にお亡くなりになった渡辺裕之さんご本人でした、撮影は4月半ばだそうでこのドラマってもうとっくに撮影終了してるんですね、続いてる芸能人の自殺とはちょっと違って病を苦にした物だったそうなので他の方と違って嫌悪感はありませんが思い入れもありません

第8話「天才ボクサーの挫折…〈糸〉が変えた運命!?」
ゲスト:玉城裕規/徳井優/児玉頼信/佐渡山順久/尾本祐菜/鈴川法子/泉知奈津
過去の事件に巻き込まれて夢を断たれた宮平瞬役の玉城裕規さん、目力すごいし派手な顔立ちだなって思ったら2.5次元を織り交ぜながら活躍する舞台俳優さんだそうで、強めの演技だったけど夢を断たれた元ボクサー役は似合ってましたね

第9話「最終章! 金のチェーンが繋ぐ涙と殺意」
ゲスト:高橋英樹/津田寛治/森日菜美/崎山つばさ/日高のり子/浜田学/渋谷謙人/水沢エレナ/藤田瞳子/中村友香/野田晋市/佐々木誠/多賀勝一/平岡秀幸/村上蘭
なんかゲスト豪華だね、本作はながら見をしてると内容が入ってこないんです、それはなぜかと言うと、捜査一課は犯人捜査をしていて糸村(上川隆也)さんは裏の捜査をしている、同時に2つの捜査が錯綜しているのでしっかり見てないとどちらも良く分らないまま終わるんですよw

第10話「最終回! 糸村、最後のメッセージ」
ゲスト:大石吾朗/しまずい香奈/寒川綾奈/中川浩三/笠原千尋/本山力/竹田和哲/大林菜穂子
今話で遺留捜査の全シリーズが終了します、エピソードこそ前回の続きだけどオーラスなのに放送時間は通常回同等でなんか木曜ミステリー枠の他の2シリーズと比べて扱い低くない?
最後の最後でやっと今まで散々事件捜査に協力しなかった糸村さんが率先して事件捜査に参加する回になってますね、それが禊って事なのかな?

前にも書いた通りながら見には向いていない刑事ドラマなので前半で何か気付くことが無いと何も理解できずに終わる事もあって、でも1話完結なので特別引きずる事もなくというある意味見やすい刑事ドラマですね
それにしても2011年から始まって今回が第7シーズンなのに終わり方が実にあっさりで、まあそれも糸村聡(上川隆也)さんっぽいんだけどね

FLAIR BARTENDER’Z(終)

項目
放送局MBS毎日放送
放送枠ドラマ特区
放送開始時刻24:59
放送時間30分
放送開始日7/21
前クール教祖のムスメ
話数6
主要キャスト阿久津仁愛/立石俊樹/一ノ瀬竜/小西詠斗/植田圭輔
和田雅成/染谷俊之/小南光司/早乙女じょうじ/末吉9太郎
田口司/佐藤たかみち/森山栄治
ジャンル新感覚エンタメドラマ
公式Twitter@flairbartenderz
公式Instagram@flair_bartenderz

華麗なパフォーマンスで客を楽しませながらカクテルを作る競技“フレアバーテンディング”の世界で、一杯のカクテルに情熱を懸ける男たちの姿を描く。BAR「NIGHT&DREAMS」で働く黒沢瑛人、五十嵐涼らが、競技バーテンダーとして戦いを繰り広げていく

  • 黒沢瑛人(阿久津仁愛)父の面影を追いBAR「NIGHT&DREAMS」で働き始める/フレアバーテンディングのタンデム大会に出場する
  • 夏目遠矢(立石俊樹)音楽の道を志していたが夢に破れて自暴自棄に/フレアバーテンディング大会優勝を目指す
  • 久野誠一郎(一ノ瀬竜)実家の酒造を継いだ若手社長
  • 五十嵐新(小西詠斗)伝説のフレアバーテンダー/七郎の子で五十嵐涼の弟
  • 比嘉玲紀(植田圭輔)フレア、ソロ部門で優勝経験を持つフレアバーテンダー
  • 梶原雄大(和田雅成)フレアバーテンディングのタンデム部門の現チャンピオン
  • 峯田伸一(染谷俊之)フレアバーテンディングのタンデム部門の現チャンピオン
  • 五十嵐涼(小南光司)新の兄で、フレアバーテンディングの腕はイマイチ
  • 小日向譲二(早乙女じょうじ)BAR「NIGHT&DREAMS」のマスター
  • 早乙女純(末吉9太郎)遠矢とタンデムを組んで大会に出場する
  • 瀬名大介(田口司)久野酒造の蔵人
  • 神木陽太(佐藤たかみち)新の配信動画チャンネルの撮影者
  • 七郎(森山栄治)伝説のフレアバーテンダー

2.5次元俳優さんたちがわちゃわちゃするドラマですね、小手先で何とかなる技じゃないと思うのでカメラ割とかで手元の吹き替えとかをしていくのかな?Wikipediaのページが作られない程度の注目度、2.5次元俳優ファン向けのドラマですね

第1話、2.5次元のイケメン俳優さん達を愛でるドラマですね、でも実は雰囲気イケメン結構紛れてるんだよねwまあ舞台役者さんたちなので普段のデカい演技をどこまで抑えられるかな?まあ連ドラ激戦区の木曜日にやるドラマじゃないと思うけどね
2.5次元俳優さんが出る深夜ドラマってどれも演者が多過ぎっていう致命的な問題があるんだよね、一応番手はあるんだろうけど、全員に見せ場をみたいな作り方をするのでキャラを覚えられないんだよね

第2話、昔トムクルーズさん主演の『カクテル』っていう映画があってね、そこでフレアバーテンディングを知ったけどめっちゃ見栄えが良いショーだけどボトルやグラスが割れそうで見てるのは怖いwあの格好でしかシェイカー振っちゃダメなの?w
[Flair Bartending]の[Flair]とは才能の事、バーテンの才能を見せる競技って事だから振り回さないスタイルもありそうだし茶道的なスタイルだってありそう、まあ今はまだ無いだろうけどメジャーになるとそういう邪道をあえて混ぜるスタイルは生まれるからね

第3話、なんかそれぞれ色々過去を抱えていてそれを小出しにしながらフレヤが上手くなっていくみたいな流れなのかな?でも前にも書いた通り全員に見せ場を作るスタイルなので間延びしちゃって集中力が持ちません
それと…倍速再生で見てるとフレヤの部分が見えないw

第4話、どれが誰だか分らないw競技はソロとタンデムの2つなのかな?で、ソロに出るのが誰と誰でタンデムに出るのが誰と誰で…こういう当たり前の情報を例えばトーナメント表にするとかってしてくれないので、どれが誰だか分らないという感想しか出てきません、9/2に次作の放送が開始されるので本作は長くて後2話です

第5話、見事に感想がどこにも載って無いwやらせはちらほら見かけるけどね、SNSで演者のファン数人が盛り上がってるだけで公共の電波の無駄遣い、撮影期間短いだろうから吹替シーンも多くて演者が顔見せでプレイするシーンは素人のそれを超えない出来で見どころが無い、かっこかわいい系の黒沢瑛人(阿久津仁愛)と唯一キャラが立ってた夏目遠矢(立石俊樹)が主役級なんだろけど準決勝の結果が実に微妙で、まあこの流なら最終回の決勝で優勝するって事なんだろうけど、他の出演者が入り乱れているので感情移入がし辛くて盛り上がらず終わりそう?

第6話、最終回、2.5次元俳優さんがメインのドラマは何度も見てきてるけど、今回のこれは本当に全員の見せ場をメインにしちゃってる関係で誰か一人が目立つとかが無くて、逆に言うと誰も目立たない、やる意味のないドラマな気がしてね、フレヤの演技も吹替が多いので決めシーンだけを見せられてる感が強くて萎え萎えでした

つまらなかった!何のためのドラマなの?やっぱり主役を決めないと感情移入が出来ないんですよ、あとかっこかわいい系の黒沢瑛人(阿久津仁愛)のエイト呼びが最近有名な鈴木エイトさんに引っ張られてwタイミング悪いねーw

都市と都市(終)

項目
放送局テレビ大阪
放送開始時刻25:00
放送時間45分
放送開始日7/28
前クール宇宙戦争
話数5
主要キャストデビッド・モリシー/マンディープ・ディヨン/ララ・パルヴァー
マリア・シュラーダー/クリスチャン・カマルゴ/ロン・クック
ダニー・ウェッブ/ペッパー・ストーン/ロバート・ファース
ミハエル・モショノフ/モーフィド・クラーク/コーリー・ジョンソン
アンドレア・デック/弦徳/浅井晴美/水口まつり
ジャンルSF/犯罪ドラマ

英国SFミステリーの鬼才、チャイナ・ミエヴィル原作の映像化は不可能と言われた「都市と都市」がついにドラマ化。荒廃が進む都市“ベジェル”の荒れ地で若い女性の死体が発見された。この“ベジェル”という都市は、地理的にほぼ同じ位置を占める“ウル・コーマ”とモザイク状に組み合わさった特殊な領土を有していた。事件を担当することになったティアドール・ボルル警部補。この事件を解決するためには、ボルル自身の内面と対峙し、想像を超えた先にある真実をつかむ必要があった。


第1話「ベジェル」
同じ地域に2つの国がある?「ベジェル」と「ウル・コーマ」お互いがお互いに干渉しないどころか視界に入れないという取り決め?緩衝地帯の事やそこを取り締まるのは「ブリーチ」と呼ばれる組織?場所?
何も説明なく始まったのでこれもあっているか自信はありません

第2話「ウル・コーマ」
外国から入国した被害者の父親が警察の静止を無視して「ウル・コーマ」に密入国して捕獲された?
ボルル警部補は正式な手続きを踏んで「ウル・コーマ」入国して捜査を始める?いまだに全容が見えないんだけど全5話しかないので説明なしに進むんだろうね、警部補が個人的な問題も抱えていて暴走している感

第3話「オーシニー」
ボルル警部補は「ベジェル」の警察官だから「ウル・コーマ」での捜査権は無いはずだから事件捜査をしているのは「ベジェル」かと思っていたけどどうも「ウル・コーマ」の様で…どういうシステムなんだろう?警察権限をもったままで受けられるビザがある様で、それで入国している模様
殺人事件の捜査をしているだけじゃない様で、そこがとても分かりにくい、なにか遺跡を不法に調査して「ウル・コーマ」兵?に捕獲されて…それと事件捜査になんの繋がりがあるんだろう?残り2話しかないのにいまだに何が目的なのかよくわからない
第3の都市が関係しているのかも?って謎をさらに深めて…それが今回のサブタイトルの「オーシニー」?最初に出てきた「ブリーチ」はなんだったの?

第4話「境界を越えて」
やっぱり「ブリーチ」は居るんだね、お互いへの不法入国?に関する事だけを取り扱う軍隊の様な物で第3の都市「オーシニー」を守ってる?
なんだか急展開?ボルル警部補は警察を首になって「ベジェル」での相棒だったリズビエット・コルウィ巡査は「ブリーチ」
「ベジェル」と「ウル・コーマ」の時点で混乱している所に「ブリーチ」と「オーシニー」が出てきてボルルの妻の失踪と若い女性の殺人事件がそこに絡んで…次回最終回だけどここからスッキリ出来るエンディングはあり得るの?

第5話「カトルニア」最終回
「ブリーチ」は「ベジェル」にも「ウル・コーマ」にも出入り自由
「オーシニー」はカルト宗教的な人々が地下に広告の為だけの街のハリボテを作って騙してた、資金集めでもしてたのかな?壺かな?
なんとなくわかった感じ、説明してよって言われても説明できないけど真実をしって「ベジェル」の警察官だったボルル警部補は「ブリーチ」になって相変わらず警察官的な生き方をして行くって事だね

うーん…ちょっと難しかった、毎回ある説明台詞だけど前提をもう少しかみ砕いて説明してほしかった、「ベジェル」と「ウル・コーマ」っていう国境があいまいな隣り合った国があってお互いに警察が居て国境警備として別働の「ブリーチ」っていう軍隊的な物がある、その世界でも汚職政治があってカルト宗教もあって、そこで翻弄される「ベジェル」の警察官のお話
映画で一気見したら少しは解りやすかったのかもしれませんね

高良くんと天城くん(秋)

項目
放送局毎日放送
放送枠ドラマシャワー
放送開始時刻25:29
放送時間30分
放送開始日8/18
前クール先輩、断じて恋では!
話数8
主要キャスト佐藤新/織山尚大/小宮璃央/鈴木康介/那須泰斗
坂井翔/坂口風詩
ジャンルゆるキュンBL
公式Twitter@takaten_drama
公式Instagram@takaten_drama

カースト上位のクール男子・高良と、地味なピュア系男子・天城の関係を描いた“ゆるきゅんBL”。天城の告白から、2人は周囲に内緒でお付き合いを始めることに。だが何かと言葉足らずな高良の言動に振り回され、天城はぐるぐる悩む日が増えていって……

  • 高良瞬(佐藤新)カースト上位グループに所属する雰囲気イケメンの拗らせ男子/金髪/表情筋が死んでいる
  • 天城太一(織山尚大)地味だけど可愛くてピュア/黒髪
  • 田中(小宮璃央)高良の友達/ノリの良さが命
  • 香取(鈴木康介)天城の小学生時代からの友達/唯一高良と天城の関係を知る人物
  • 山崎(那須泰斗)天城の友達/天城の事を可愛がる
  • 瀬川(坂井翔)高良の友達/顔面偏差値高め
  • 土井(坂口風詩)女子のカースト上位グループ所属

MBSのドラマシャワー枠ってBLしかやらないの?今の所3作全部BLです、そして今回はヤオイが予告されてるというね、作者のはなげのまいは「事件も波も起きないお話ですが、実写ドラマという新しい形で彼らの日常をどのように描いていただけるのか、今からとても楽しみにしております」とコメントを寄せた、との事です

第1話、天城太一役の織山尚大さんはめっちゃ女装が可愛い子ですね
ルックス的に言うと「高良x天城」だけどキャラ的に見ると「天城x高良」だね
なんかエンディングみたいな始まりだけどどういうドラマなの?、1話だけを見てもちょっと解りませんね

織山尚大さんって髪型と口の形がTikTokerでYoutuberの『ヤマーノート』さんに似てるんだよね、アップされると見てるのでなんか勝手によく見てる顔と認識しちゃってますw

第2話、高良瞬役の佐藤新さんの鼻尖の形が金曜放送の『NICE FLIGHT!』に出ている玉森裕太さんに似てるよね、ジャニーズの先輩後輩同士だね、今日の高良くんにあまえてる天城太一役の織山尚大さんは一瞬井手上漠さんに似てました

第3話、高良くんはゲイなの?天城くんゲイなの?ヘテロなの?何をしようとしてるの?キスはしたからその先の行為の事なの?その経験があるんだとしたら高良くんはゲイだよね

第4話、ヤオイなので何を見せられてるの?って都度なりますw
ねえねえ!涙が流れてる方とは逆のほほをぬぐったよ?!打合せしておこうよw織山尚大さんは変に表情作らない方が可愛いよ?

第5話、漫画的なせりふ回しは演出なんだろうけど、下手に見えるんだよね、それってマイナスだと思うよ?

何らかの影響で1週お休み、第6話は9/29放送予定です

第6話、静止画はイケてるんだけど動画になると今一だなw
ロケ地の学校は富山県黒部市の廃校になった旧鷹施中学校なんだそうですよ、なんか良い雰囲気の学校ですね、本作以外にも映画やドラマで使われているそうですよ

話数は残り2話あるので秋クールページにお引っ越しです

少年のアビス(秋)

項目
放送局MBS毎日放送
放送枠ドラマ特区
放送開始時刻24:59
放送時間30分
放送開始日9/1
前クールFLAIR BARTENDER’Z
話数8
主要キャスト荒木飛羽/北野日奈子/本田望結/堀夏喜/松井玲奈
和田聰宏/片岡礼子
ジャンルスーサイドラブストーリー
公式Twitter@dramatokku_mbs
公式Instagram@dramatokku_mbs

生まれ育った環境に縛られ絶望の淵にいた高校生の主人公が、ある出会いをきっかけに、生きることは何か…希望を追い求める、“心中”から始まるスーサイドラブストーリー。閉塞感が漂う田舎町という小さな世界のなかで、行き場がない少年と、その家族、幼馴染、教師…強烈な個性を放つ登場人物たちの、心の闇や絶望を赤裸々に描いている(スーサイド[suicide]とは自殺とか自殺志願者の事)

  • 黒瀬令児(荒木飛羽)主人公/向津高等学校に通う高校2年生
  • 青江ナギ(北野日奈子)アイドルグループ「アクリル」のメンバー
  • 秋山朔子(本田望結)令児と玄の幼馴染/愛称:チャコ
  • 峰岸玄(堀夏喜)令児とチャコの幼馴染/有限会社「峰岸建設」の社長の息子
  • 柴沢由里(松井玲奈)執拗につきまとう教師/愛称:柴ちゃん先生
  • 似非森耕作(和田聰宏)小説家/令児の母親の中学時代の同級生
  • 黒瀬夕子(片岡礼子)令児を縛る母親

主役の荒木飛羽さんは連ドラ初主演、元子役で最近でも登場人物の幼少期や青年期を演じていた駆け出し俳優さんなんだそうですよ、2019年春クール放送の『あなたの番です』で第1章の後半から劇場版まで出演していたそうで、マンションの隠し部屋に監禁されていた息子を演じていた方ですね、このドラマは地上波版の最後が酷くて彼の演技の記憶はほとんど残って無いな、他に2021年冬クールに放送された『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』でメイン回のある中学生役だそうです、このドラマ結構考えさせられるストーリーで興味深く見ていたので当時の感想に演者へのダメだしが無いのでちゃんとした演技だったって事だよね?

第1話、このドラマだったのか、本田望結さんのキャラ絵みたいのだけネットで流れてたんだよね、なんだろう漫画のキャラと似てるのかな?って調べたら、まあひいき目で見れば似てるかもね

2人の幼馴染の峰岸玄役の堀夏喜さんの乱暴そうな人風の演技はギャップがすごい!だって堀さん良い人だもんw本田望結さん土曜放送の『ばかやろうのキス』とWブッキングだよね
あーいかにも漫画の始まり方だね、主役・黒瀬令児役の荒木飛羽さんは子供の体だなって思ったらまだ16歳、リアルな年齢だね

第2話、教師・柴沢由里役の松井玲奈さん微妙にWブッキング、本日最終回を迎えた『オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜』にも出てましたね、妄想力が強いヤバい方の先生なんだね

第3話、ヤバい系教師・柴沢由里役の松井玲奈さんは強い役が多い印象なんだけどまあ2021年夏クールの『プロミス・シンデレラ』の印象が強いんだよね、でもアイドル上がりにしては良い演技だよね、ストーリーの方はまだよくわからない感じ

第4話、狭い社会の中で色々拗れまくってるね、この物語はこの街の中で完結するのかな?狭い世界で外を夢見てっていう日常ドラマが面白いと私は思います

第5話、令児とチャコの幼馴染の峰岸玄役の堀夏喜さんが幼馴染っていう設定ギリギリだね、まあ幼馴染と同級生は違うから年齢が違うのはあり得るけどそれにしたって荒木飛羽さん16歳、本田望結さん18歳、堀夏喜さん25歳です、なんだか暗い雰囲気が映画みたいで(・∀・)イイネ!!

話数は残り3話あるので秋クールページにお引っ越しです

チェイサーゲーム(秋)

項目
放送局テレビ東京系列
放送枠木ドラ24
放送開始時刻24:30
放送時間30分
放送開始日9/8
前クール量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-
話数
主要キャスト渡邊圭祐/東啓介/宇垣美里/浜野謙太/景井ひな
若林佑真/今井隆文/金田哲/バッファロー吾郎A
やべきょうすけ/川並淳一/池田良/片岡愛之助
ジャンル青春群像劇
公式Twitter@ChaserGame_tx
公式TikTok@chasergame_official

ゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」で働く主人公・新堂龍也は入社9年目にして中間管理職のプレイングマネージャーへの昇進を果たす。しかし、やる気に満ちあふれる龍也を待ち受けていたのはひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。もうすぐ発売の新作ゲームが、主役声優のパパ活疑惑で大幅な変更を迫られたり、発注元のプロデューサーのパワハラに悩まされたりと問題は尽きない。理想と現実のギャップに徐々に悩み始めた龍也はある決断をする。

  • 新堂龍也(渡邊圭祐)主人公/プレイングマネージャー/シニア/グラフィックデザイナー
  • 魚川貴央(東啓介)チームのメンバー/グラフィックデザイン及びシネマティック担当
  • 桐澤美園(宇垣美里)業務部総務課所属/新堂と同期入社
  • 上田和範(浜野謙太)チームのメンバー/3Dアニメーション担当
  • 久井田みちる(景井ひな)チームのメンバー/ビジュアルエフェクト担当
  • 渡邊凛(若林佑真)インターン生/トランスジェンダー
  • 御厨順平(今井隆文)チームのメンバー
  • 更木裕一郎(金田哲
  • 木本一輝(バッファロー吾郎A)プロジェクトリーダー
  • 穴井昭廣(やべきょうすけ)新堂の直属の上司/グラフィックデザイナー
  • 君島(川並淳一
  • 本田勲(池田良
  • 松山社長(片岡愛之助

第1話「助けてと言えないクリエイターはダメなんだよ」ゲスト:松山洋
「シニア」とは高齢者という事では無く、本作で言えば「シニアマネージャー(上級マネージャー)」の事、日本風に言えばマネージャーが課長でシニアマネージャーが部長です、有名なシニアと言えば弁護士のシニアパートナーですね
使用ツールは[Unreal Engine]そうだよね、CG会社じゃなくてゲーム会社なら今までドラマで出てきたMayaBlenderじゃなくてUEで良いんだよね!まあモデリングも自社でする時はたしてCGツールとしてUEを使うのか?って言う疑問はあるけど、リギングをしてるだけでモデリングはしてないのかもね?でもモニターサイズ小さいよね、劇中に映り込む画面はちゃんとノード引いてたりして本格的、UEだと「ブループリント」って言うんだね、私はメイン28インチ、サブ24インチの2枚モニタを長年使ってるけどそれはCADだからであって、時々使うCGアプリの時はメインは40インチくらい欲しい、場所が許せば50インチとか欲しい、ちなみに28インチのサイズは600×340、これが50インチなると1,100×620で約倍です、今使っているOAデスクでは縦が入りませんw現実的には32インチが限界かな
タイトルの通りです、無理な事を無理かどうか判断するのがマネージャーの仕事です、何故無理なのかを纏めるのがマネージャーの仕事なんです

第2話「優先すべきはコミュニケーションだ!」
進捗表とか懐かしい、私も前は部下多数いるマネージャーしてたからね、設計の仕事はプログラミングと同じ様に進むのでとても懐かしい
マネージャーの仕事は理想を言えばチームメンバーを育てたい、それはわかるけど違うんだよね、仕事で作らなきゃいけないのは製品であって作品じゃないんだよ!作品が作りたいなら一人でやってくれって言う話なんですよ、もちろん100%の出来の物を出したいのはやまやまだけど、その100%を評価してもらわないと意味がない、労力分値段を上げられるのなら、それで購買欲が落ちないのであれば100%の物を出すけどそうじゃないので製品を作る必要があるんです、私も駆け出しのころは良く上司に「○○ちゃん、やり過ぎw」って言われてましたwこっちは図面だけど分担してやるので手をかけすぎると他の図面と差が出来ちゃうんですよ

第3話「最初から完成された会社なんてない」
「普通」「マジョリティー」それってなんなの?って事、あなたとあなたの隣にいる人は同じなの?って話、全員違うのが当たり前「普通」「マジョリティー」それってなんなの?

第4話「パパ活疑惑とクライアントの命令」
架空だから色々好きにキャラ作れるのが利点なのになんで実在するアイドル声優をモデルにしちゃったの?根本のコンセプトが間違ってるよね、結局元のまま発売っていうけどさ、こういう突貫の修正作業してると完成品のバグ見つけたりするんだよねw

話数は不明ですがまだ続くと思うので秋クールページにお引っ越しです

2022年,テレビ,ドラマ,OUR STORIES 120秒の物語,さとうほなみ,やべきょうすけ,エレノア・トムリンソン,コーリー・ジョンソン,チェイサーゲーム,デビッド・モリシー,バッファロー吾郎A,マギー,マリア・シュラーダー,ミハエル・モショノフ,モーフィド・クラーク,ルパード・グレイヴス,レイフ・スポール,ロバート・カーライル,一ノ瀬竜,上川隆也,与座よしあき,与田祐希,中尾明慶,中島歩,中島裕翔,中村隼人,今井隆文,佐藤隆太,先輩、断じて恋では!,光石研,内藤秀一郎,前川泰之,前田剛,前田旺志郎,北野日奈子,吉川愛,吉瀬美智子,吉田仁人,和田正人,和田聰宏,和田雅成,坂井翔,坂田梨香子,堀内敬子,堀夏喜,宇垣美里,宇宙戦争,富田靖子,小宮璃央,小林涼子,小栗有以,小西桜子,小西詠斗,山中崇,岩田安宣,川並淳一,平岡祐太,平手友梨奈,復讐の未亡人,戸塚純貴,手塚とおる,持田将史,教祖のムスメ,新原泰佑,新木優子,早乙女太一,景井ひな,望月歩,朝田淳弥,本田望結,東啓介,松井玲奈,松尾諭,松平健,松本若菜,松田悟志,染谷俊之,柳俊太郎,栁俊太郎,栗山千明,桐山漣,桜井玲香,森下能幸,森永悠希,植田圭輔,比嘉愛未,永井大,池田優斗,池田良,浅香航大,浜野謙太,淵上泰史,渋谷謙人,渡邊圭祐,渡部秀,瀬戸利樹,片岡愛之助,片岡礼子,片桐仁,田中要次,甲本雅裕,畑芽育,畦田ひとみ,相原崇明,眞島秀和,矢本悠馬,石川恵里加,神保悟志,稲森いずみ,竹内涼真,筧美和子,織山尚大,臼田あさ美,船越英一郎,若林佑真,茅島みずき,莉子,萩原聖人,藤井夏恋,藤原大祐,豊嶋花,足立梨花,近藤公園,那須泰斗,量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-,金田哲,鈴木康介,阿久津仁愛,飯豊まりえ,香川照之,髙橋優斗,鳥越まあや

Posted by noheya