2021年夏ドラマ(水曜日)続0新5終2 随時更新

2021年6月28日

にぶんのいち夫婦(終)

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻24:40
放送時間30分
放送開始日6/2
前クール理想のオトコ
話数8
主要キャスト比嘉愛未/竹財輝之助/坂東龍汰/黒川智花/秋元才加/瀬戸さおり
ジャンルラブミステリー

夏川ゆきの著恋愛小説原作を黒沢明世が漫画化した作品を実写ドラマ化
結婚2年目、32歳の中山文(比嘉愛未)は、周囲も羨むイケメンで誠実な夫と平穏な日々を過ごしていた。しかし、ある日、文は夫・中山和真(竹財輝之助)の携帯電話に届いた意味深なメッセージを見てしまう。さらに夫の帰りが遅くなり始め、文は夫を問いただして夫婦関係が壊れるかもしれないリスクを取るか、自分の心にしまってこれからの日常を守るか、迷いの結婚生活を送ることに…

開始は春クールですが、おそらく全体の半分以上が夏クールなので、ページを移動しました

第1話、初回はあらすじ通り、ただし、夫の浮気が本当なのか、妻の妄想なのかが今の所不明なので、様子見ですね
主演の比嘉愛未さんが適応障害で活動を休止した深田恭子さんの代役で夏クールの主役を務めることになったそうですよ、比嘉さんよく見るけどバイプレイヤーで主役はあまりないんですよね、でも綺麗な人だから楽しみですね

テレ東恒例の放送時間が流動的な全仏オープンテニス中継と重なるため、前もって連ドラなのに2話目が次週に流れました、こういう契約ってたぶん安いんだろうね、大手はすべての放映権を買っちゃって中止の場合は○○を放送ってやるけど、テレ東は放送をするって決まったら急遽レギュラー番組の放送を取りやめるというスタイルなので、この時期はいつも色々放送がズレズレになります

第2話、今の所はまだ妄想、考え過ぎなのか事実なのか、こういうのって周りが煽るよねw親友4人今井優香(瀬戸さおり)畑野さやか(黒川智花)三浦香住(秋元才加)旦那がゴルフに行って留守の優香の自宅に集まっての女子会、香住のプロファイリングが所謂鬼女(5chの既婚女性板の住人の通称)ばり、でも女子会中に優香の夫が突然の帰宅、優香の態度が一変する様を見てDVを疑う面々、でもこれも映像としては見せないので「かも?」止まり、演者が沢山居る様で、芝居はそれぞれ一人芝居が多い面白いスタイルのドラマです

第3話、一人妄想の住人で勝手に盛り上がって勝手に盛り下がって、さらに空気を読むのが若干苦手?女友達のあの態度を見て察してあげられないの?年下の異性の同僚に妊活を打ち明けたり、ヒステリックで優柔不断でわきが甘い、このまま最後まで妄想のまま進むのかな?うまい脚本ですね

第4話、職場の後輩バイトの樋口亮(坂東龍汰)カッコ悪くは無いけど、ホスト顔では無い様な

第5話、本当に浮気してるの?この引っ張り方だと、何か隠し事があるのは事実だろうけど、それは浮気じゃない様な…だってここまで引っ張って、浮気してました!じゃ「最初から言えよ」になっちゃうでしょw

第6話、あれ?突然の実家スタート、4人組はJK時代からの友達なんだね、樋口くん本業ホストなんだ、ちょっと似合わないなーっていうか、なんで君は相手が文の夫じゃないのに現場に呼んだの?だってこれが現実でしょ?本当の浮気相手がいつもの4人組の中に居る!?なんかメンヘラっぽいし、たぶん彼女の独りよがりを何とか拒んでる和真みたいな構図っぽいな、文が優柔不断だから周りが勝手に妄想で盛り上がる感じ

第7話、そういう事なのね、黒川智花さんは病んでる女性の役上手いんだよね、ホスト崩れがグルだったのか、なんか怪しかったしね、実際は寝てないんだろうね、こういう貰い事故は防ぎようがない、次回が最終回、予告では離婚なんて言葉も出てくるけど、間違いだったとはいえ、一度疑いを持つとすぐには元に戻れないのは解るけど、和真が可哀想すぎる

第8話、片棒を担いだホスト崩れとなんでまだ一緒にお酒飲んでるの?こいつを許せるのになんで和真は許せないの?和真が許せないんじゃなくて自分を許せないのに、誠意をもって謝罪せず無言で飛び出すのはズルい、ホスト崩れも旦那を愛している時の文が好きとかって言っちゃう、和真に手紙書かせるとか最低だよ、元々の彼が好きだったんでしょ?彼は何もしてないのに

純烈ものがたり(終)

項目
放送局フジテレビ系
放送開始時刻25:15
放送時間24分
放送開始日6/30
前クール
話数4
主要キャスト純烈/酒井一圭/白川裕二郎/小田井涼平/後上翔太/松下由樹
ジャンル

FODで昨年秋に配信された物の地上波放送です

純烈って良く聞くけど、どんな人たちなのかは正直知りません、ムード歌謡コーラスグループ、ムード歌謡ってイメージとしては解るけど…Wikipediaによると「ムードのある歌謡曲」まんまかよw
所謂昭和に流行ったちょっと色気の漂う、チークダンスが踊れそうな楽曲の事だね、石原裕次郎さんとかテレサテンさんとか「銀座の恋の物語」みたいなやつね

フジテレビ系列のFOD配信済みの地上波版WEBサイトはやる気が感じられない、欲しい情報ほとんど書いてません、次作の予告だけが書いてある、放送済み回の情報は無し、Wikipediaのページも無いし、やっつけで作るなら無い方がまし

第1話、純烈が純烈役で出るドラマという事なのかな?顔見てもそれが本物なのか判断できないけど、間違いなく歌は上手いしムード歌謡だからそうなんだと思います
シュッとした人が2人と、うさん臭そうなヒゲとデブ、なんだろうこの組み合わせwおデブさんの酒井さんがリーダー兼プロデューサーだから首にならないんだねw

スポンサーリンク

放送日時がぐちゃぐちゃなうえに、関東ローカル、こんなの相当なFANしか見られないでしょ

  1. 6月30日(水)24時55分~
  2. 7月 5日(月)25時15分~
  3. 7月 8日(木)24時55分~
  4. 7月15日(木)24時55分~

第2話は月曜日に放送されたけど、月曜のページに書くスペースは無いのでこちらに
なんだろう?これって実話なのかな?純烈って苦労して売れたグループ的なイメージがあるので、4人組で全4話で、マネージャーだけは役だけど、誇張している部分もあるだろうけど、ショーパブで下積みとかって良く聞く話だしね

第3話、連ドラなのに同じ週に2話あるっていう不思議な放送スケジュールに翻弄されてますwでもおかげで純烈少し知る事が出来ましたw

第4話、最後はリーダーのエピソード、隠れてアイドルグループをプロデュースしていたって話、成功した純烈のプロデューサーなんだから素材さえよければ成功する可能性はゼロではないけど、本人たちにやる気がないなら無理だよね、色々あって、彼女たちに純烈オンステージを見せてエールを送って終了
歌めちゃウマだね、こぶしやビブラートでごまかせる演歌やアップテンポで評価させない歌謡曲と違って、スローテンポなムード歌謡だから歌が下手だとはっきりバレる、高齢者の居る席でのカラオケとかなら純烈良いかもね!

ガル学。~ガールズガーデン~

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻17:55
放送時間25分
放送開始日7/7
前クール
話数
主要キャスト小田柚葉/隅谷百花/鶴屋美咲/小川桜花/増田來亜/菱田未渚美/山口綺羅/原田都愛/石井蘭/EXILE TETSUYA/筧美和子/袴田吉彦
ジャンル

EXILEの事務所『LDH』所属のガールズ・パフォーマンスグループ『Girls2(ガールズガールズ)』を元にしたテレビアニメ『ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜』の実写ドラマ
内容や放送時間帯を考えると、おそらく子供というかティーン向け?アニメ版の話数が50とめっちゃ長いんだけど、おはスタ内のミニコーナーとの事なので、1話5分とかって物の可能性大ですよね?
一応紹介しておきますが、おままごとの可能性が高いのでどうなることやらw

Tverで『放送記念配信』というのをやっていて、イベントの客層が子どもたちだったので、上で書いた通り、見る価値があるかどうか微妙です
要はアミューズなら『さくら学院』みたいな芸能事務所おかかえのアイドルユニットって事だね、子供でもティーンでも演技によっては十分見られる場合も多々あるので、第1話を見てから判断しようと思います
PV撮影で「誰も間違えなかったよね?」「あー良かった」これって意識低くない?その程度のグループって事か…見る価値無いかもね

第1話、うーん…学園青春ドラマとGirls2を足して2で割ったみたいな、掴みどころのないストーリー、演技は覚悟していたよりはましでしたが、それは脇を固める俳優陣が上手いから、次回が楽しみ!とは今の所はなっていませんが、脱落するほどひどくはない、少なくともジャニーズ忖度ドラマと比べたら全然大丈夫です

第2話、夢を語るのは悪くないけど、現実性やコスパを考えないのはただの夢、高校生くらいならすぐそこに社会人があるんだから、ただの夢を語るだけじゃダメって事、こういうアイドル出演のドラマでは語られない部分がちゃんとあるのは素晴らしい、でもそれだけだね、毎話感想を書くほどのドラマでは無いのかもしれません、彼女たちのFANじゃないと完走は厳しい
え?写真撮影にBGM流して踊るモデル群、それを見て「完成度高い!」って製作スタッフが…写真でしょ?静止画でしょ?
9人組のアイドルユニットなんだ、初めて知ったwって思ったけど、エンディングはもっといっぱいいる、研修生的な奴?AKB48だけど100人位居るって言うのと一緒?

第3話、うん、つまらないw
2021年夏クールは曜日に偏りがあって、現状で日月火が3本、金土が4本と少ないのに対して、水曜が6本、木曜が7本、本水曜日は次週で1本終わって5本になるけど、まだ多い、本数の少ない曜日にこのドラマが入っていれば面白みを探してでも見続けるんだけど、そうじゃないので流してみる程度で良いのかなと思っています

第4話、ダンスコンテスト?男女混合なの?求めるスタイルが違うのに?キレのあるダンスとしなやかなダンスを一緒に審査できる物なの?
それにしてもダンサーはコーンロウヘアー好きだねwコーンロウってアフリカ愛の象徴と言われる髪型なんだから、日本人がオリジナリティーを求めるならちょんまげとかの方が良いと思いますよ

八月は夜のバッティングセンターで。

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻25:10
放送時間30分
放送開始日7/7
前クールラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~
話数
主要キャスト関水渚/仲村トオル/岡田圭右/藤田朋子
ジャンルベースボール・ヒューマンドラマ

スマホゲームでアニメ化もされた『八月のシンデレラナイン』から着想を得た完全オリジナルドラマ
都内のとあるバッティングセンター。わけあって夏休みにアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水渚)と、「バットのスイングだけで、その人がどんな悩みを抱えているかわかる」と豪語する47歳の謎の元プロ野球選手の伊藤智弘(仲村トオル)が、毎回バッティングセンターに現れる悩める女性たちを、「野球論」で例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく本作。「ライフ・イズ・ベースボール」を合言葉に、「野球」というテーマを通して、人々の背中を少しだけ押していく、また、各話に野球好きであれば誰もが知っているような、往年の“野球レジェンド”たちが登場する

第1回、(公式で1話でなく1回となっています)なんJかな?w「やきう」とか「やきうのお兄ちゃん」って揶揄される物事を野球に例える感じの
今回のゲスト俳優さんは木南晴夏さん、奥山かずささん、坪根悠仁さん、北代高士さん、ウグイス嬢役にテレ東アナウンサーの池谷実悠さん、ゲストレジェンドに中継ぎ投手・岡島秀樹さん
なんだろうこのドラマ、めっちゃ面白い、野球を知っている必要はない模様

私野球あんまり知らないけど、父が野球好きだったので昔の選手なら少しわかります、岡島さんって巨人に居た人だよね?知ってるとは言ってもこの程度の知識ですw次週の予告で出てきたレジェンド「山崎」さんは存じ上げません
プロ野球は横浜スタジアムと神宮球場で数回ずつ見たことありますが、横浜スタジアムの思い出は、もうただただ蒸し暑いw横浜市民なので、結構チケット貰える機会があったんだよね、なんだろう?新聞勧誘の商品とかなのかな?子供の頃なのでわかりません、社会人になってから1回だけ内野席にビール飲みに行ったけど、外野席のどんちゃん騒ぎを経験しちゃうと内野席はつまらないよね、特にチケット屋さんでボックス席を買ったりすると、7位回以降はビール売りが回ってこないしね
神宮球場の思い出は外野自由席の順番待ちでヤバい色のアイスキャンディー食べた記憶だけw野球の記憶はありません
高校野球は底辺校で部活も盛んじゃない学校で野球部員9人いなくて他の運動部からの助っ人で市大会かなんかに出場したら優勝?しちゃって、夏の高校野球でシード権取っちゃって、横浜高校にぼろ負けした試合を見に行った思い出w確か7回コールドだったかな?当時の相方さんがラグビー部からの助っ人選手で出場してたので見に行きました、普通学校あげて応援に行くでしょ?でも学校からヨタ高(横浜高校の通称)との試合があること自体告知は無いっていうw酷い学校だね

ちなみに、野球が強い横浜を冠に持つ高校は複数あって、略称が出来ました
ヨタ高=横浜高校(横浜中学校・高等学校)私立の普通科高校、今はヨコ高って呼ばれてますね、代表的なプロ野球選手は松坂大輔さんとかね
Y校(ワイコウ)=横浜商業(横浜市立横浜商業高等学校)公立高校なので学区外から入学するのはちょっと厳しめ(今は学区とかの区切りがだいぶ緩いみたけどね)
YTC(横浜低能児クラブ)=横浜商工(横浜創学館高等学校)私立の商業科・工業科高校
3校ともにプロアスリートを数多く輩出する名門校です

第2回、今回のゲスト俳優さんは、堀田茜さん、照井健仁さん、福田ユミさん、瑛茉ジャスミンさん、朝井大智さん、鬼頭真也さん、上田ゆう子さん、ゲストレジェンドに失敗を恐れないバッター山﨑武司さん
山﨑武司さんは中日ドラゴンズ東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していたホームランバッター、なるほど知らないわけだ、関東人で家族が野球好きなだけなので、関東のセリーグの選手はうっすらわかるけど、関西のチームとかパリーグだと全く分からない、西武のスター選手くらいかな、清原さんとか工藤さんとかね
今回伝えたかったことは、勝負しないと勝てないって事、負のイメージが先行して勝負しない人は一生勝負には勝てないっていう至極当然のお話

『このドラマはフィクションです、ただしレジェンド選手は存在します』番組の最後の但し書きです

第3回、今回のゲスト俳優さんは、武田玲奈さん、守谷周徒さん、トクサンさん、池田朱那さん、田久保夏鈴さん、 ゲストレジェンドに毎日の積み重ねに全力で取り組む遊撃手川﨑宗則さん、ムネリンさん知ってます、イチローさん愛あふれる人ですよね?メジャーでのパフォーマンスも有名ですね、 ムネリン 演技は棒だねw
今回伝えたかったことは、下積み大事って事、日本特有の「見て覚えろ」業種によっては必要な時間なのかもしれないけど、言葉を添えた方がより良いに決まってる、言葉に出来ないのは教える側の問題であって、それを教わる側に強制するのはナンセンス、だけど、積み重ねは大事、センスが人よりある人も居る、だけど、積み重ねは大事って事だね

第4回、今回のゲスト俳優さんは、深川麻衣さん、根岸拓哉さん、宮澤佑さん、武イリヤさん、ゲストレジェンドに強気にインコースを攻めるリリーフ投手五十嵐亮太さん、聞いたことがある様な無い様な…顔を見てもピンとこないけど、さまぁ~ずの2人が良く使う野球例え話に出てきた様な?演技はプレイスタイルに似合わずさわやかな声でギャップ萌え
「野球の球が怖い時ってあるよね、わかるー」ってセリフがあるんだけど、いやいやいや、怖いでしょ、だって軟球って書くけど硬いじゃん、それが100km/hくらいで飛んでくるんだよ?当たったら痛いじゃん、怖いじゃん

ただ離婚してないだけ

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻24:00
放送時間40分
放送開始日7/7
前クールDIVE!!
話数
主要キャスト北山宏光/中村ゆり/萩原みのり/深水元基/大原優乃/西川可奈子/山口祥行/武田航平/団時朗/甲本雅裕/杉本哲太
ジャンル不倫サスペンス

成年漫画誌『ヤングアニマル』に連載されたサスペンス漫画を原作としたドラマ
フリーライターの柿野正隆(北山宏光)と、中学校教師の柿野雪映(中村ゆり)は、結婚7年目の夫婦。お互いへの思いはなく、2人は「ただ離婚してないだけ」の関係になっていた。そんな中、正隆は新聞配達員の若い女性と不倫をしてしまう。ちょっとした出来心が最悪の事態を招くことになり…

スポンサーリンク

第1話、主演の北山宏光さん、結構演技上手いんだよね、冬クールの『でっけぇ風呂場で待ってます』は酷かったけど、あれは脚本の問題だからね、2019年秋クールの『ミリオンジョー』は上手でした
本作は中々、本格派のサスペンスドラマの様相、まだサスペンスの部分は出てきてないけど、映像の雰囲気とかせりふ回しとか、期待できる感じです

第2話、人を埋めているシーンから始まって、台詞ほぼ無し、表情だけで語り合う感じとか、まだ関係性がはっきりしてないけど、なんか引き込まれます、映画の様な

第3話、連れ子だったおかげで育ての親から見放されて自暴自棄になっているのは分かります、遊び?不倫?で妊娠中絶させた子を捨てて、いつまでも絡もうとする彼女を避けながら行きずりの女性をレイプ未遂、どういう心理状態なの?そうか、こういう経緯で埋めることになるのか、まだ3話目なのに次回で終わりそうな感じの展開です、これ以上にまだ何か起きるの?

第4話、病んでる人のメイクがすごいね、ドラマでの殺人事件、目を開いたまま亡くなる事が多いけど、人は反射的に危険を感じると目を閉じます、それにナイフ一刺しで即死するなんてありえない、自宅の庭を1mくらい掘って埋める…浅すぎでダメなんじゃないのかな?でも床下に埋めて白骨化なんてドラマはよく見るけど、庭土じゃ腐敗臭は防げない様な気がします
不倫サスペンスってジャンルと紹介されたけど、ホラーサスペンスなのかな?そうだと以降見るの辛いなー、ホラー的要素はサブでメインは内情っていうなら何とか見続けられるけど、怖いのはダメ、予告ではさらなる不幸がって、バレて揺すられる的な感じに見えたけど、どうなのかな?

ハコヅメ~たたかう!交番女子~

項目
放送局日本テレビ系
放送開始時刻22:00
放送時間60分
放送開始日7/7
前クール恋はDeepに
話数
主要キャスト戸田恵梨香/永野芽郁/三浦翔平/山田裕貴/西野七瀬/平山祐介/千原せいじ/渕野右登/ムロツヨシ
ジャンル交番エンターテインメント

週刊漫画雑誌『モーニング』で連載中の警察日常漫画原作のドラマ
地域の人たちのために働いているはずが全く感謝もされず、ただただハードな交番勤務に身も心もボロボロのひよっこ警察官・川合麻依(永野芽郁)「もう辞めてやる…」と辞表を握りしめる、そんなギリギリの精神状態な麻依の前に現れたのが元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)だった、パワハラで交番に異動させられたという話だが…この出会いが2人の人生を大きく動かす

第1話、演者は有名どころだらけ、コメディーなのでゆるくて良いね!
原作者の泰三子さんは元警察官という事で、おそらくこれがリアルな警察事情
そういえば、主演の戸田恵梨香さんのパートナーである松坂桃李さん主演の『あのときキスしておけば』で恋敵を演じた三浦翔平さんが共演者、若手刑事役の山田裕貴さんは前クールはテレ朝『特捜9 season4』でも刑事とかね、こういう繋がり面白いよね
街の交番にパトカーなんて配備されてるの?場所によるのかな?

第2話、コメディーだけど、要所要所に良い話を織り交ぜているので、飽きずに見られます

第3話、金的ガードは女性にも必要です、睾丸は無いけど、急所であることに変わりはないんですよ
コメディーだけど、なんか人間味あふれる良いドラマですね、山田裕貴さん演じる刑事が川合に指導するシーン、徹底的に被害者の立場に立たなきゃいけないって語るところで涙出ました

第4話、踊る大捜査線のパロディーが入ってますねw日テレだけどね!
リアルな現場の警察官もね、実働部隊は命かけて頑張ってます、どこも一緒だけど、事務方から上が腐ってるから全体を評価すると公務員クソってなるんだよね、上層部は心を入れ替えて反省してほしいですね

刑事7人 (2021)

項目
放送局テレビ朝日系
放送開始時刻21:00
放送時間54分
放送開始日7/7
前クール特捜9 season4
話数
主要キャスト東山紀之/田辺誠一/倉科カナ/白洲迅/塚本高史/吉田鋼太郎/北大路欣也
ジャンル刑事ドラマ

警視庁刑事資料係と捜査第一課12係の合同チームとして結成された「専従捜査班」は解散、一旦は7人それぞれ別部署に異動するがそれぞれ物足りない、と有る事件が切っ掛けで7人が再集結『刑事部特別捜査係』が始動する

第1話、結局合流するのになんでバラバラになってる必要があるんだろうか?
だって次回からはもうこのバラバラだった件必要ないんでしょ?

第2話、やっぱりバラバラだった事の必要性はありませんでしたね、初回スペシャルの続きのエピソード回収回だったので、なんか短かった様に感じました、謎解きだけを見せられた感じで若干消化不良気味

第3話、内容には何も関係ないけど、過去の事件の舞台になった宮城県白石市、白石と聞くとホワイトストーンズを思い出すw撮影もしてたよね、ミスターは今、赤平に住んでるから「レッドフラット」とかってヒーローもそのうち出てくるのかな?w

第4話は8/11放送です、オリンピック関連で2週間休止です