2022年春ドラマ(月曜日)新4終0 随時更新

2022年4月3日

受付のジョー

項目
放送局日本テレビ
放送開始時刻24:59
放送時間30分
放送開始日4/25
前クール恋の病と野郎組 Season2
話数
主要キャスト神宮寺勇太/トリンドル玲奈/西原亜希/田辺桃子/美山加恋
松井愛莉/冨手麻妙/六角慎司/田村健太郎/橋本じゅん
ジャンル
公式Twitter@shindora_ntv
公式Instagram@shindora_ntv

広告代理店の入社3年目の営業マン・城拓海が何げなく提案した「受付デジタル化計画」が採用されるが、そのためリストラされる“受付嬢”から猛反発をくらい、女性社員を理解するために受付の仕事に取り組み、究極のホスピタリティーを目指し悪戦苦闘していく

  • 城拓海(神宮寺勇太)主人公/広告代理店の入社3年目のスマートな営業マン/業務改革チーム兼任
  • 花房カレン(トリンドル玲奈)受付チームの最古参
  • 佐知山瞳(西原亜希)受付チームのチーフ
  • 家田仁子(田辺桃子)受付チームの最年少/上昇志向
  • 熊本淑子(美山加恋)受付よりも得意な経理や事務処理の仕事がしたい
  • 春口光咲(松井愛莉)城の同期で、同じ営業部勤務
  • 林姫乃(冨手麻妙)総務課社員/受付チームと仲良し
  • 高木義彦(六角慎司)総務課長/受付を統括する立場
  • 西大輔(田村健太郎)営業成績ナンバー1のエース
  • 藤堂武徳(橋本じゅん)営業部の統括部長であり、直属の上司

ジャニーズ忖度のシンドラ枠ですが、タイトルは駄洒落だけど脇を固める俳優が豪華で内容も悪くないし演技も悪くないし期待できそうなドラマですよ!

第1話「受付をデジタル化します!」
「受付嬢」なんて言い方色々あれだよね「受付スタッフ」「受付担当」とか、社内の会話で受付担当の同僚を呼ぶとき「受付嬢」なんて呼ばないよね?「うちの受付がさ」とかって会話が普通でしょ?「受付嬢」なんて言うのは会社の役員クラスのおじさんだけ、結局日本の悪しき風習の大部分がの原因はおじさんです

第2話「受付は甘くない!?機械よりダメな男」
あれれ?おかしいぞ?スーツの首の後ろにタグが付いたままになってても前からくる人には解らないでしょ?なんで振り返る人が居るの?透視?
企業の受付担当がホテルコンシェルジュの様なことまでするとかあるの?打ち合わせをしに来たわけでサービスを求めに来たわけじゃないでしょ?グローバル企業のCEOっぽい人が日本特有のジェンダー無視の受付嬢なんていうシステムに嫌悪感抱かないの?
フランスには「コーポレートコンシェルジュ」という職業があるそうです、でもこれは受付嬢では無く社員への福利厚生、本作の脚本家さんはジェンダーバイアスを助長してるよね

第3話「受付嬢は笑顔とお茶出し!?戦う受付のジョー」
受付を利用する男性社員の態度はミソジニー女性を受付嬢を自分より下と無意識に考えて行動してるよね感謝の念がない、ジョーくんはまずそこに気付きました

第4話「社員になりたい受付嬢…自分にしかできない仕事」
何故カタカナ言葉だらけになるのかというと日本語にはそれを一言で表す言葉がないからです、例えば「ジェンダーバイアス」もうジェンダーの時点で同じ意の言葉がない、日本語の性別は英語で言うとSEX(セックス)生物学的な性別の事、GENDER(ジェンダー)は社会的・文化的につくられる性別の事、バイアスとは「そうであると思い込む事」『男なんだから人前で泣くな』『女なんだから料理をしろ』これがジェンダーバイアスです、なんで男は人前で泣いちゃダメなの?プロの料理人は大抵男性だけど?男らしさ女らしさのベースは誰なの?

第5話「鉄壁のチーフ退職へ!?好きな場所で働ける幸せ」
根本的な事として藤堂統括部長(橋本じゅん)は城(神宮寺勇太)くんに何かを期待して受け付け廃止担当にしたわけじゃないけど城くんは自分は部長から重要な任務を任されたと思ってるんだよね?だから受付チームの意識改革をいくら達成しても今のままじゃすべて無駄になる、後半戦突入で今度は部長含む会社側の意識改革をしていかないといけない、どうしていくのかな?

吉祥寺ルーザーズ

項目
放送局テレビ東京
放送開始時刻23:06
放送時間49分
放送開始日4/11
前クールユーチューバーに娘はやらん!
話数
主要キャスト増田貴久/田中みな実/片桐仁/田島芽瑠/濱田マリ
國村隼/岩本蓮加
ジャンルシチュエーションコメディ
公式Twitter@tx_losers
公式Instagram@tx_losers

秋元劇場です、吉祥寺、駅近物件で月額25,000円の格安シェアハウスに引っ越して来た高校教師の安彦聡や、元ファッション誌編集長の大庭桜など6人、鍵が掛かった部屋に絶対入らないことが絶対ルール、奇妙な共同生活が今始まる!

  • 安彦聡(増田貴久)主人公/女子校の教師
  • 大庭桜(田中みな実)元女性ファッション誌の編集長/夫と離婚調停中
  • 秦幡多(片桐仁)実演販売員/自称ネクストブレイク芸人
  • 望月舞(田島芽瑠)生意気なキャバクラ嬢
  • 胡桃沢翠(濱田マリ)公務員/ギャンブルに溺れて借金まみれ
  • 池上隆二(國村隼)元広告代理店勤務のエリート/リストラされて天涯孤独
  • 間宮リコ(岩本蓮加)聡の過去を知る謎の女子高生

第1話「僕たちはフレンズじゃない」ゲストは犬居(皆川猿時)自称「オーナー代理」
劇中で当然の様に使う「ルーザー(loser)」意味は「敗者」「負けた人」という意味、それの複数形だからルーザーズって事、何をもって負けなのかっていう部分だよね、価値観は人それぞれだしね
シェアハウスに住むのって気力と体力居るよね、疲れを癒しに帰宅するのにそこに他人が居るっていう環境は正直キツイ、昔長期出張で職場近くの2Kのボロアパートの1室にはじめましての他会社の他業種の年長者の方と3か月同居しなきゃいけなくなって…もう最高にきつかった、今なら人権侵害で元請を訴えてるけど当時は知恵が無かったのでストレスで病気になりました><
このドラマの様にプライベート空間が物理的に仕切られていたらだいぶ違うんだろうけどね

第2話「秘密だらけの花園」ゲストは宅配業者(野田クリスタル
1週間暮らしてみて、それぞれの不満が爆発し始める時期、ルールを決めるために試しに本音を言い合ってみたら喧嘩寸前になったのでそれは止めることに、ここで大家から伝言が、人に知られたくない秘密を担保にしてルールを決めることに、最初に決めたルールは「毎週日曜19時に一緒に食事をする事」何もなくても定期的に顔を合わせて食事をとる機会を作るのは良い事だね!実際シェアハウスで暮らしてる人たちはどうしてるんだろうね

第3話「容疑者Iの困惑」ゲストは鍵の業者(宮崎吐夢)と舞を訪ねてくる「クローム調査会社」の社員・黒鉄真二(坪倉由幸
今時「アボガド」って言う人だいぶ減ってるよね?私なんか「アボガド」って書きたいのに手が勝手に「アボカド」って打っちゃうくらいで「アボガド」は気持ちが悪いw

スポンサーリンク

第4話「同・窓・会」ゲストは舞のバイト先の同僚・トーコ(喜多乃愛
前回から舞が失踪していて心配している所に「同窓会で福岡に戻っている」という連絡、でも調べてみると開催は1か月先の事、嘘をついて何をしているの?ってみんなが協力して探すっていう内容なんだけど、単に共同生活しているだけでプライベートには踏み込まないのがルールじゃないの?まあそれだとドラマが展開しないんだけどねw

第5話「女子高生は二度ベルを鳴らす?」ゲストは無し
聡の元教え子・間宮リコ(岩本蓮加)登場、聡の過去を知るJKらしい、Tverのドラマ間CMがキャスト出演なんだけど地上波ではどうだったんだろう?

スポンサーは放送局に付くので本来地上波と見逃し配信サイトの広告主は違いますが、おそらくテレ東が本作のTverCM枠を買ったんだね
そう言えばもう新作のギリジンは見られないんだね、ラーメンズのコント好きだったんだけどなー

第6話「吉祥寺ラブストーリー」
マンタのナイトルーティーンはTVでもネットでテレ東でもTverでもヤクルトが枠を買っている模様、CMは話題になってなんぼなので大成功ですね
ライフハック(Lifehack)は元々情報技術業界の人間が作業効率を上げる独自の手法の事、簡単に例えると電卓で計算していた会社に入って表計算アプリを使う事、これがネットで広まって最近では字のごとく生活の知恵的なニュアンスに、ライフはそのまま生活ハックはハッキング、ハッカーの技の事、バカなマスコミのせいでハッカー=コンピューター犯罪者の様に広まっていますが本来の意味は凄腕技術者の事
テレビ局のアナウンサーから転身した最近の女優さんたちの中で田中みな実さんが一番上手いよね

第7話「スタンド・バイ・ミー・ばい!」
マンタがCMしている「ヤクルト1000」今鬼バズりしてるんだけど「みんなそんなに睡眠の質悪いの?」って私は思います、まあ自宅が職場で突貫仕事を受注した時以外は時間に追われない生活なので勤め人とは比較できないけどね、でもね多分プラシーボ効果

恋なんて、本気でやってどうするの?

番組の正式なタイトルは末尾の?を全角にしているけどWikipediaに乗せた人は半角にしたおかげでまたブログカードが使えない、ネットリテラシーのない情弱がどんどんネットを使いにくくしていく現象に名前を付けて欲しいw

恋なんて、本気でやってどうするの? – Wikipedia

項目
放送局フジテレビ系
放送開始時刻22:00
放送時間54分
放送開始日4/18
前クールドクターホワイト
話数
主要キャスト広瀬アリス/松村北斗/西野七瀬/飯豊まりえ/岡山天音
小野花梨/安藤ニコ/長田成哉/牧野莉佳/三浦獠太
戸塚純貴/味方良介/アキラ100%/古川雄大/香椎由宇
藤木直人
ジャンル群像ラブストーリー
公式Twitter@koimaji_ktv
公式Instagram@koimaji_ktv
公式TikTok@koimaji_ktv
公式Line月10ドラマ「恋マジ」

仕事やプライベートが充実していて人生のビジョンもはっきりしているため、「恋愛なんて不確かなもので心と時間を無駄にしたくない」と考える恋愛経験ゼロの女性・桜沢純。彼女をはじめとする6人の男女が、人生最大の本気の恋に落ちる姿が描かれる

  • 桜沢純(広瀬アリス)主人公/洋食器メーカー「相良製陶」のチーフデザイナー
  • 長峰柊磨(松村北斗)フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン兼見習い料理人
  • 清宮響子(西野七瀬)専業主婦/純の高校時代の同級生
  • 真山アリサ(飯豊まりえ)純、響子と同じ高校のラクロス部時代からの親友
  • 内村克巳(岡山天音)メガネをかけていて、考えていることが読めない不思議系キャラ
  • 竹内ひな子(小野花梨)柊磨にまとわりつく「恋多き女」で純の最大のライバル
  • 横井めぐみ(安藤ニコ)女子力高めな純の後輩
  • 青田課長(長田成哉)キャラ強めな純の上司
  • 岡真奈美(牧野莉佳)イマドキ女子な純の後輩
  • 木下健吾(三浦獠太)やや空気の読めない「愛されおバカ」な純の後輩
  • 大津浩志(戸塚純貴)純と同じラクロス部の同期/恋愛に発展する可能性ゼロの「安心安全の大津」
  • 清宮敏彦(味方良介)響子に無関心なダメ夫
  • 田辺良和(アキラ100%)アリサのパパ活の「専属パパ」
  • 坂入拓人(古川雄大)純、響子、アリサの高校のラクロス部時代からの先輩/純の人生でたった一人の「推し」
  • 中川岬希(香椎由宇)純が働く洋食器メーカーの元先輩/現在はネイルサロンを経営する
  • 岩橋要(藤木直人)「サリュー」のシェフ/既婚者の響子と恋に落ちてしまう

広瀬アリスさんは木曜放送の『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』とWブッキング、向こうは便宜上主演では無いけど2番手の中枢キャスト、主役も脇役も出来る俳優さんだけど同じクールで違うタイプの役をやるのは見てる方が感情移入し難い事をテレビの中の人は気にしないの?ちょっと最近多いよね

第1話「恋に難あり男女6人 本気の恋が始まる!?」
相変わらずテレビの中の人たちが考える「性的指向」の種類が少ない、代表的な物で8種類(異性愛/同性愛/男性愛/女性愛/両性愛/無性愛/多性愛/全性愛)現実社会はこれらが入り乱れているんだけどゴールデンやプライムタイムの連ドラは基本「異性愛」で稀に「同性愛」どまり
今回も誰もが必ず異性と恋愛をするという事を前提に物語は進むんだよね、こういう事を「異性愛規範」と言います、性のあり方はグラデーション、登場人物の中には「無性愛者」がいたって良い世の中なのにさすが中世日本だね、G7の中で同性婚やそれに準ずる法整備が無いのは日本だけです「もしかしたら無性愛者の話かも!」って小さな期待をしてたけど普通に違いましたw

第2話「沼男子VS安心安全男子!三角関係勃発!?」
広瀬アリスさんが休業だそうですね、所属事務所はなにやってたの?マネージメントがあなた達の仕事でしょ?詰め込み過ぎなの目に見えて明らかだったでしょ?発表されたコメントには本作の撮影の話は出て無いのでもう撮り終えてるのかもしれないけど、2021年の連ドラは冬クールの『知ってるワイフ』と秋クールの『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』おそらく同年に撮影されたであろう映画が『地獄の花園』と『劇場版 ラジエーションハウス』の2本で2021年スケジュールぎっちり、主役も脇役も出来る貴重な俳優さんだから出番が多くなるのは解るけどちょっと酷いよね

第3話「逃れられない恋」
フジテレビの月曜22時枠は『SMAP×SMAP』の枠で25年ぶりにドラマ枠として復活した枠なのね、復活第一弾は2021年秋クール放送の『アバランチ』次が2022年冬クール放送の『ドクターホワイト』…両方とも今一で今回も今の所今一(今がゲシュタルト崩壊
6者6様の恋があるっていうドラマみたいだけど一応の主役は純役の広瀬アリスさんだけどドラマとして面白みがあるのはそれ以外の人たちの様に見えます

第4話「直接対決!?初めての三角関係に衝撃結末」
なんでのドラマがつまらないのかを考えてみたら「なんか古い」これなんじゃないのかなと、使い古されたストーリー「仲良し女子たちの恋愛模様」
メインの恋模様はベタ過ぎてつまらないけど専属パパ・田辺良和(アキラ100%)と真山アリサ(飯豊まりえ)と内村克巳(岡山天音)の三角関係やシェフ・岩橋要(藤木直人)と清宮響子(西野七瀬)とダメ夫・清宮敏彦(味方良介)の三角関係は今の所面白い

スポンサーリンク

第5話「禁断の恋に大事件!親友との絆に亀裂も」
メインの2人がおままごとみたいで何だかな~展開がトレンディードラマ?それにしても長峰柊磨(松村北斗)の「サリュー」での態度は気持ち悪い、超えて良いラインを履き違えてる
夫に内緒で自宅でホームパーティー…男が居ようが居まいが裏切り行為だよね、響子とダメ夫がどうなるのかは見たいけどそれ以外は…

第6話「大切な人にピンチ…明かされた過去」
なんか色々急展開というか主要登場人物増えた?しっかり内容吟味して無いので最初から出てたのかもしれないけど「サリュー」のシェフ・岩橋要(藤木直人)は詐欺罪で服役経験のある人、それを知った上でオーナーに雇われていた模様、純(広瀬アリス)の職場の上司・坂入拓人(古川雄大)は長峰柊磨(松村北斗)の腹違いの兄で「サリュー」のオーナーで柊磨の父親(小市慢太郎)が店の閉店を匂わせる、柊磨はボンボンってこと?閉店後にお店を訪れたのはギャンブル依存症更生施設に入っていた柊磨の母・真弓(斉藤由貴)なんだか目がヤバい!
なんか一昔前のトレンディードラマみたいでつまらないなーって思ってるんだけど、Tverの再生数ランキングは堂々1位だそうです、国民総恋愛脳w

元彼の遺言状

項目
放送局フジテレビ
放送開始時刻21:00
放送時間54分
放送開始日4/11
前クールミステリと言う勿れ
話数
主要キャスト綾瀬はるか/大泉洋/生田斗真/関水渚/森カンナ
笛木優子/要潤/野間口徹/白髭善/佐戸井けん太
笹野高史/萬田久子/浅野和之/岩崎う大/ト字たかお
ジャンルミステリー
公式Twitter@motokare_cx_
公式Instagram@motokare_cx_

「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」の大賞受賞作品のドラマ化
敏腕弁護士が「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を残して亡くなった元彼の巨額の遺産と、死の真相に迫る姿を描く

  • 剣持麗子(綾瀬はるか)主人公/敏腕弁護士/容姿端麗でスタイル抜群/栄治の元カノ
  • 篠田敬太郎(大泉洋)栄治の友人/栄治が暮らす別荘の管理人/麗子の相棒
  • 森川栄治(生田斗真)森川金治の次男で剣持麗子の元彼/「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を残す
  • 森川富治(生田斗真)栄治の兄/森川金治の長男
  • 森川紗英(関水渚)栄治のいとこ
  • 原口朝陽(森カンナ)看護師/栄治の元カノ
  • 森川雪乃(笛木優子)拓未の妻/栄治の元カノ
  • 森川拓未(要潤)栄治の従兄弟
  • 堂上圭(野間口徹)獣医師/栄治の愛犬・バッカスの主治医
  • 堂上亮(白髭善)堂上圭の息子
  • 森川金治(佐戸井けん太)森川製薬社長/栄治の父親
  • 村山権太(笹野高史)栄治の顧問弁護士
  • 森川真梨子(萬田久子)森川製薬専務/栄治の叔母
  • 津々井君彦(浅野和之)麗子が所属する弁護士事務所の創業者
  • 山本(岩崎う大)弁護士事務所での麗子の同僚弁護士
  • 神田(ト字たかお)オリエント文庫店主

第1話「殺人犯が全財産を相続!?遺言状ミステリーが遂に開幕」
主演の2人含め顔ぶれを見ると映画の様な布陣で製作費も相当かかっているんだそうですよ、昔の月9はラブストーリー枠でしたが視聴者の年齢層が上がってきて脱ラブストーリー化が進んで、良い傾向ですね!景気が悪い時はラブストーリー流行らないからね
頭の切れる人と感情で生きる人が入り乱れて超面白い、合間に入る洋ちゃんが料理をしているシーンはめっちゃおいしそうで飯テロになってるし、次回が楽しみです

第2話「超敏腕女弁護士が暴く殺人犯の目的!150億の行方は」
え?謎が解けちゃったの?遺産相続の謎解きドラマじゃないんだね、元彼の遺言が「しのだをたのむ」なので洋ちゃん演じる篠田がパラリーガルになって剣持麗子と様々な謎解きに挑んでいく物語って事で良いのかな?それはそれで面白そう!

第3話「最強バディが新しい事件に!家族が消える家?撲殺死体と灰の謎は…」
洋ちゃんの役は専属マネージャー的なパラリーガルくらいの立ち位置かな、弁護士がお金の取れる方の弁護をするのは当然だけど、麗子と篠田は観察点が真逆でこれが合わさる事で鉄壁な謎解きをするって事なのかな?と思ったけど、もう一人いた
遺産相続の遺言状ミステリーは解決してるのになんで栄治のいとこの森川紗英(関水渚)が麗子の事務所に居るの?
今話からは原作者の新作『剣持麗子のワンナイト推理』が原作なのでドラマタイトルの「元彼の遺言状」はストーリーには絡まない様ですが、そうなってくると尚更紗英が居座るのは意味不明、遺言云々とは関係なく3人がタッグを組んで謎解きをしていくのかな?でもこのドラマってリーガルドラマでしょ?違うのかな?

第4話「超人気作家の激白!しかし、新たに実行犯を名乗る人物が現れ…」
篠田優秀だね!そしてそれをしれっと自分の手柄にする剣持弁護士やり手だね、さらにそこに資金力のある紗英が入って、でも紗英は富治の手足になっている感じかな?
綾瀬はるかと大泉洋の名演技があるのにさらにそこに飯テロ入れるとか天下の月9で欲張り過ぎでしょw
「語るに落ちる」ってやつですね、でもちょっと下手?視聴者を下に見たあえての演出?「ベタにやらないとおまえら解らないだろ?」なんて感じの作りはがっかり

第5話「篠田の謎が動き出す!栄治との出会い…!?元彼の真意とは」
麗子が弁護士・篠田がミステリー作家・森川紗英(関水渚)が探偵という三つ巴で華麗に事件を解決していく痛快ミステリー!私はこれで良いと思うんだけど原作ファンには不評の様ですね
初回のエピソードが名作らしくて原作ファンはそれを2話で終わらせたことに憤りを感じているらしいです、でもね原作の実写化を求めるならドラマじゃなくて映画だと思います連ドラで月9でやるには原作の雰囲気を残しつつドラマオリジナル脚本を作らないと難しい

第6話「開始1分で犯人が分かる!?遂に明かされる篠田の正体は…」
ホストクラブ「戦国」No.1「織田信長(土井一海)」が密室で殺害された、そこに居合わせたNo.2「森蘭丸(味方良介)」の母親からの弁護依頼、信長は蘭丸を弟の様に可愛がっていた…No.3「柴田勝家(入野自由)」が色々な情報を教えてくれる…視聴スタイルが映像二の次音声メインなので「柴田勝家が言うには」とか「信長が」とか「蘭丸が」…何を見ているの解らなくなるw

第7話「同時多発事件!事件は全て事務所で解決!?正体は○○の中に…」
「あんた何物?」「言いたくない」「そう、言いたくないならこの話はこれでおしまい」篠田は篠田じゃない!?事件を解決して偽造の各種身分証明書を出して「僕は篠田敬太郎じゃない」「僕は殺人犯」どういう意味での殺人なんだろう?