2021年夏ドラマ(月曜日)続3新1終0 随時更新

2021年6月28日

シェフは名探偵(続)

項目
放送局テレビ東京系
放送開始時刻23:06
放送時間49分
放送開始日5/31
前クール珈琲いかがでしょう
話数9
主要キャスト西島秀俊/神尾佑/石井杏奈/濱田岳/佐藤寛太/橋本マナミ
ジャンル飯テロ

累計発行部数29万突破の近藤史恵のミステリー小説シリーズ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」を原作にした連続ドラマです
下町の片隅にある小さなフレンチレストランのシェフ。彼が、並外れた洞察力を駆使して客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解き明かしていく
シェフ・三舟忍(西島秀俊)スーシェフ・志村洋二(神尾佑)ソムリエ・金子ゆき(石井杏奈)ギャルソン・高築智行(濱田岳)「ビストロ・パ・マル」のオーナー・小倉大輔(佐藤寛太)三舟と親しげに会話する謎の人物・上原美里(橋本マナミ)
久しぶりの素直な飯テロドラマですね、主演の西島秀俊さん、民放連ドラ主演は「きのう何食べた」以来、単独主演は「無痛~診える眼~」以来なんだそうですよ「きのう何食べた」は飯テロ作品で料理をする手元を撮影する事が多くて、中々お腹の減るドラマでしたね、今回はフレンチシェフ、どうなるかな?
1話で原作の2つのエピソードを扱っていてスピーディーに展開していきます

開始は春クールですが、おそらく全体の半分以上が夏クールなので、ページを移動しました

第1話、原作は「割り切れないチョコレート」と「ロニョン・ド・ボーの決意」
名探偵というタイトルだけど、別に何かを捜査して事件を解決するわけじゃなく、店に来るお客の素性を推理して悩みを解決する的な内容、料理人が客の顔色や体系、話す内容やしぐさ等々からその日の体調や人となりを予想して料理にひと手間なんて話は現実でもあるわけで、そういう部分での名探偵という事

テレ東お得意の全仏オープンテニスの放映時間が流動的で突然飛ぶ番組がある時期なので、本作も2話目の放送日が来週に飛びました、せっかくドラマが少ない月曜日だったのに勿体ない

飯テロドラマは週末にやって欲しいな、と思うのは私だけ?
千駄ヶ谷って事は道の先に見える建物は国立競技場?超一等地!調べたところ、ロケ地は外観も内観もあの場所にある元レストランのレンタルスペースだそうですよ

第2話、原作は「ぬけがらのカスレ」と「氷姫」
ゲスト俳優は松本若菜さんと山下リオさんだけど、一番演技をする俳優さんは西尾友樹さんという舞台俳優さん「劇団チョコレートケーキ」所属の俳優さんです
劇中に出てくる「ばんしょー」ってなんなん?って思ったけど、ホットワインの事なんですね、正式には『ヴァン・ショー』と言うんだそうですよ、ヴァンは(VIN=ワイン)ショーは(CHAUD=ホット)

第3話、原作は「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」と「ガレット・デ・ロワの秘密」
ゲストはスーシェフ志村の妻・志村麻美を演じるシルビア・グラブさん、俳優の高嶋政宏さんの配偶者、アコーディオン奏者の安西はぢめさん、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の映美くららさん、西原誠吾さん

第4話、原作は「憂さばらしのピストゥ」と「マカロンはマカロン」
ゲスト俳優は青柳翔さん、土居志央梨さん、梶原ひかりさん、澤田育子さん、イシヅカユウさん、原元太仁さん
三舟シェフの後輩シェフのやらかしを諫める話と、LGBTが絡む話、悩める従業員がトランスジェンダーだと気づかなかった三舟シェフの元同僚で現有名レストランオーナーに、おそらくあの人はそうなんだろうという話をする三舟シェフ、唐突にソムリエのゆきがレズビアンでそれを何事もなく受け止めたシェフとスーシェフと言う話が入ったり、どうしても「きのう何食べた」の史朗さんが話している様に聞こえて説得力が見えるみたいなw

第5話、原作は「共犯のピエ・ド・コション」と「オッソ・イラティをめぐる不和」
ゲスト俳優は占部房子さん、瓜生和成さん、利重剛さん、洞口依子さん、パートナーの話を聞き流してせっかく用意してくれたサプライズプレゼントを何も気付かず知人にあげてしまう事で愛想をつかされる男性とパートナーと一緒に居るためにお店を辞めたソムリエゆきがボロボロになって帰ってくる、無理する必要はないって優しく三舟シェフが向かい入れてくれる、このドラマは冬に見たいドラマかもね

このドラマと関係ないけど、洞口依子さん懐かしい、近年も年に数本出演しているけど、若い頃の作品のインパクトがめっちゃ強い、伊丹十三監督作品の『タンポポ』で岩牡蠣を食べて切れて血がにじむ役所広司さんの唇の血をなめとる子だったり『マルサの女2』で三國連太郎さん演じる新興宗教教祖の愛人役とか『あげまん』であげまんの恩恵を授かった津川雅彦さん演じる主水の芋っぽい愛人役だったり『北の国から’89帰郷』で泥の付いたお札を取り返す協力をしてくれた純君を好きなヤンキー娘とか脳裏に焼き付いています

第6話、原作は「タルト・タタンの夢」と「ヴァン・ショーをあなたに」
ゲスト俳優は新納慎也さん、真飛聖さん、辻凪子さん、尾上寛之さん、柿丸美智恵さん
三舟シェフが修行時代にドミトリーの同室で出会った川本淳吾(尾上寛之)が来店「ドミトリーで同室だったんだ、懐かしい」そこで、ソムリエ・ゆき「ミドリムシ?って何ですか?」三舟シェフ「いやドミトリー」…ドミトリーは有名でしょw
三舟シェフの元を時々訪れてバックルームに消えていく謎の女性・上原美里(橋本マナミ)探偵だった模様、三舟シェフの父親を捜している様子、ここで思考が飛んで「私立探偵」がいるなら「公立探偵」っているの?って突然閃いて、調べてみました

スポンサーリンク

諸説ありますが、私はこれに納得しました
『探偵』を英語で言うと[Detective(ディテクティブ)]名探偵コナンでよく聞く言葉ですねwこの[Detective]には『探偵』と言う意味の他に『刑事』という意味もあり、刑事と訳す方が一般的、日本で作られる英和辞典では探偵の方が先に書かれていますが、英語圏では刑事の方が先なんだそうですよ
と言うわけで、公務員の刑事と区別するために[Private Detective]これを意訳をして私立探偵、誰が最初にこの言葉を充てたのかはわかりませんが、日本語では『探偵』と『刑事』は別の言葉なので、翻訳ミスとも言えますね
他の説は全部「呼ばれていた」なので、公式に職業として認定されていたわけじゃなさそうで、あんまり納得できませんでした

第7話、原作は「ヴィンテージワインと友情」と「タルタルステーキの罠」
ゲスト俳優は宮下かな子さん、鞘師里保さん、熊谷真実さん、村上穂乃佳さん、声だけ:中垣正太郎さん
友達同士や嫁姑、それぞれ料理で駆け引きをするけど、それじゃダメだと思いますよ!って三舟シェフのお節介が始まるお話

第8話、原作は「ムッシュ・パピヨンに伝言を」と「ブーランジュリーのメロンパン」
ゲスト俳優は山本耕史さん、ほな・いこかさん、近藤笑菜さん、畠山明子さん
オーナーが新たに出店するパン屋のメニューを考える事になった三舟シェフ、同じ地域に昔ながらのパン屋もあるパン激戦区、メロンパンが有名らしい…色々あって、昔ながらのパン屋の娘が新規オープン予定のパン屋さんのパン職人、実家が突然店を閉めた事に衝撃を受けて失踪、両親が店を閉める決意をしたのは娘の店の為、オーナーはリサーチをして共存できる確証を得て出店場所を決めたので閉じる必要はないと両親を説得してめでたしめでたし、お互いがお互いを思いやる事は大事だけど、お互い意思疎通が出来ていないと意味がないってことですね

彼女のウラ世界(続)

項目
放送局フジテレビ系
放送開始時刻24:55
放送時間30分
放送開始日4/21
前クール
話数10
主要キャスト三浦貴大/剛力彩芽/西田尚美/杉山ひこひこ/ゆうたろう/栁俊太郎/霧島れいか/藤田朋子
ジャンル

原作は東京カレンダーWEBで連載中、東京カレンダーとはなんなのかっていうのをうまく説明できる日本語が見当たりませんが、公式の説明によると「東京のアッパー層のトレンドを発信するリアルエンターテイメントメディア」だそうです
前半5話は『TOSHIRO SIDE』後半5話は『AKIKO SIDE』
制作会社勤務でドラマのディレクター・西村敏郎(三浦貴大)と3年付き合ってプロポーズをした近藤明子(剛力彩芽)プロポーズの翌日、明子は婚約指輪を残し、忽然と姿を消す。このエピソードを敏郎目線で5話、明子目線で5話というイレギュラーなスタイル
有料動画サイトFODで『TOSHIRO SIDE』を、ひかりTVで『AKIKO SIDE』を全話視聴可能

開始は春クールですが、全体の半分以上が夏クールなので、ページを移動しました

第1話、最近時々双方の視点っていう見せ方見かけるけど、完全に二つに分けるという実験的ドラマ、演者はそれぞれちゃんと演技の出来る人たちだし、原作は人気らしいし、雰囲気は悪くない

第2話、三浦貴大さんは父母の14光だけど、どちらにもなれる良い俳優ですね、今回の役の敏郎は自己中で勘違い男、こういう嫌な奴の役も上手いよね

第3話、明子の別の顔が見え隠れする、マスコミ業界に入って天狗になっちゃった系男子なのかな、三浦貴大さんは不細工ではないけど、父親の様な2枚目ではないから、なんでここまで高飛車になったのか不思議です

第4話「夕べ君は他の男と一緒だったそうだね」「もしかして、兄弟かな?」「うああぁぁぁ~(怒号)」そんなシーン、どうしても前澤友作さんがちらつくw
次回でTOSHIRO SIDEは終了、早くAKIKO SIDEを見てみたい、敏郎は自己中でナルシストだけど、明子はどんな人なんだろう?とても気になる

第5話、TOSHIRO SIDEは最終回、敏郎は明子の事を何も知らない事に徐々に気付いていくけど、やっぱり人の気持ちを勝手に慮る自己中なのは変わらずにホラーの様にTOSHIRO SIDE終了、次回からはAKIKO SIDEがスタート、めごっちの化粧に注目だそうですよ!

第6話、AKIKO SIDEが始まりました、敏郎のモラハラがすごい、2パターンの敏郎が出てくるけど、どちらも病的で、TOSHIRO SIDEと同じ明子が出て行ったことを認めない敏郎のストーリーと、要所要所で逃げ隠れする明子をあざとく見つけて釘をさす敏郎のストーリーが入り乱れてます、どちらかが妄想ってことなのかな?

ナイト・ドクター(続)

項目
放送局フジテレビ系
放送開始時刻21:00
放送時間54分
放送開始日6/21
前クールイチケイのカラス
話数
主要キャスト波瑠/田中圭/岸優太/岡崎紗絵/北村匠海/沢村一樹/野呂佳代/櫻井海音/梶原善/一ノ瀬颯
ジャンル青春群像医療ドラマ

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」救命医を志す者、無理やり配属された者、百戦錬磨の指導医、群像劇なので、毎回誰かにスポットライトが当たるスタイルになる模様

開始は春クールですが、おそらく全体の半分以上が夏クールなので、ページを移動しました

スポンサーリンク

第1話、主演はやる気が有り余るナイトドクター朝倉美月(波留)だけど、今話の主役は「救急医は絶対にやりたくない」と思っていた元内科医・深澤新(岸優太)一晩救命医を体験しただけで、転属を申請する、それを責める廻りだけど、人には向き不向きがあるから向いていない人を責めるのは間違いだと思いますよ?
鉄腕ダッシュに出ている岸くんですが、ジャニーズ俳優部の人かな?とおもったくらいの俳優顔だと思ってたけど、やっぱり俳優は向いてると思います、キンプリのリーダーって言われてもピンとこない

第2話、共働き世帯が増えて昼間に子供を受信させられない親が夜間救急で運ばれてくる「どんな患者も受け入れる」と宣言しているので軽微な症状で受診に来る「コンビニ受診」が増えている現状で、本当にこれは必要な診察なんだろうかと悩む医師、でも患者が自己診察をすることが良い事なのか、医療問題っていうのは単純じゃないですよね
昼間に知らない番号から携帯電話にかかってくるときは出るの躊躇する事あるけど、深夜にかかってきたら普通出るでしょ?
今話のテーマに「普通」っていうのがあるんだけど、それにしたって番号通知で深夜にかかってくるなら普通出るでしょ?
医療ドラマではよく医者が適当にあしらって後で重病でしたって件があるけど、実際の病院で医療従事者にそんなことされた記憶は一切ありません、毎回頭が下がるほどの献身的態度の人にしかあった事はありません、これは所謂かかりつけ医が民医連の病院だからなのかな?大学病院とかだとこういう事あるのかな?

第3話、今回のテーマは無保険者、健康保険料が払えず、保険証を没収されている方を救済する制度があります『無料低額診療事業』Wikipediaには税制優遇措置とかって書いてますが、微々たるもの、事業というだけあって本来は国がやるべきことを民間が代わりにやっています、お金は出さないけど命令はしてきます、私は民医連の回し者なのでw民医連のWEBページをご紹介しておきます

第4話、竹歳輝之助さんドラマ出すぎw今のクールだと水曜日放送の『にぶんのいち夫婦』とかね、こっちは浮気を疑われる夫、今回は浮気相手が患者、こっちの竹歳さんはイケメンホスト役、向こうの竹歳さんはエリートビジネスマン、タイプが違うからWブッキングでもそれほど大変じゃないのかもしれません
医者だって人間だから無理な物は無理なのは解る、これは彼女を恋敵の担当に抜擢した指導医が悪い、医者だから清廉潔白じゃなきゃいけないなんて事は無いからね

第5話、医療訴訟問題ですね、とても難しい問題です、医療過誤なのか心情の問題なのか、と思ったけど、それは問題として背後にあるけど、今回は児童虐待を見かねた他人が誘拐した児童が重症化、原因不明、遺伝的要素を疑い両親の病歴を聞くも答えられず、確実に問題になる方法を取らざるを得ない状況に
岸くん主役じゃないけどインパクトのある良い役ですね、そういえば田中圭さんコロナ陽性だそうですが、撮影は終わっているそうです

オリンピック中継に伴って次回の放送日は8/9となるそうです

武士スタント逢坂くん!

項目
放送局日本テレビ系
放送開始時刻24:59
放送時間30分
放送開始日7/26
前クール探偵☆星鴨
話数
主要キャスト濵田崇裕/今井隆文/久保田紗友/森本慎太郎/長井短/髙嶋政宏
ジャンルタイムスリップコメディー

日テレの「シンドラ」枠、ジャニーズ忖度枠です、前回の『探偵☆星鴨』も酷かったw
ジャニタレが現代劇で一人ちょんまげっていうのは斬新だけど、はたして内容はいかに?
週刊青年漫画雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載された漫画が原作、江戸時代の武士であり人気春画師でもある主人公が、令和へとタイムスリップし、漫画家のアシスタントになる物語

主要キャストの紹介

  • 逢坂総司郎(濵田崇裕)寛政3年に生きていた武士であり、禁制の春画師、現代にタイムスリップしてきた
  • 宮上裕樹(今井隆文)13年目の中堅漫画家、温厚な性格だが漫画には魂をかけている
  • 丹内あたり(久保田紗友)宮上の担当の若手編集、マンガ好きでこの仕事に就いた
  • 緋村清人(森本慎太郎)宮上のチーフアシスタントで宮上を尊敬しまくる、無駄にマッチョ
  • 瀬戸水緒(長井短)宮上のアシスタント、筋肉と男根好きな一面も
  • 鶯谷寛喜(髙嶋政宏)処刑を命じた暗君

第1話、おー!面白い!出オチじゃありませんようにw
江戸時代、春画は違法、裏で取引されていたもので、裏春画の世界で熱狂的な人気を誇った絵師である逢坂総司郎、春画禁止令の発令により、処刑されることになってしまったその時、現代にタイムスリップ、付いた場所は締め切り間際の漫画家の作業場

ちなみに、逢坂が居た時代、寛政3年は西暦に直すと1792年、229年前です、寛政の前は天明、後ろは享和、天皇は光格天皇、解ります?元号変わってるけど、天皇は一緒です
明治元年に「一世一元の詔」を定めてから、今の様に天皇一代に元号一つというスタイルに変えたけど、現行日本法規では旧・皇室典範で失効しているらしいです、だから今は毎年元号変わってもおかしくないし、元号とは本来そういう物、何か国家的不幸があると元号を変えて厄払いをしてるんですよ、ちなみに天明から寛政に変えた理由は火事です、そもそも元号何て意味不明な物を維持するのなら、震災とか大雨とかパンデミックがあったら元号変えて厄落としして行こうよ