2020年秋ドラマ(火曜日)新3再1終1 随時更新

2020年9月23日

実際はNHKやWOWOWのドラマも視聴していますが、録画漏れ等で視聴を断念する場合があるため
放送局側の都合以外で確実に視聴できる見逃し配信サイトで配信中のドラマのみを紹介しています
昨今はネット配信サービスやCS放送でドラマは頻繁に再放送されますよね
それらを見る時に、多少の参考になれば良いなとの思いで記事を書いています
冬春夏秋の4クール、各曜日ごとにまとめています
そのクール内でスタートした順に随時更新しています
初回視聴評、中間評、終了評を書くことにしています
視聴を中断したドラマも中断した理由を添えて紹介しています

今年は本来であれば夏クールはオリンピック期間でイレギュラーなクールだったところにコロナ禍まで起きて連ドラ界は大混乱しています 一般的に、春クールは4月~6月、夏クールは7月~9月、秋クールは10月~12月ですが
今年に限ってはクール分けが難しい という事で、独断で終了が各クール後半になるであろうドラマを各シーズンドラマとして掲載しようと思います

DIVER-特殊潜入班-(終)

漫画原作のドラマ、かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

今年は東京オリンピックやコロナ禍の影響で、各局、話数もクール分けもめちゃくちゃ
このドラマは9/22スタートで、全5話との事、これは夏なのか秋なのか悩みましたが、秋にしました


フジテレビ系、火曜21:00、9/22スタート、夏クールは「竜の道 二つの顔の復讐者」です

ミッションインポッシブルみたいで結構面白いのに、なんで全5話なんてショートストーリーにしちゃったんだろう?
福士蒼汰さんと野村周平さんのバディーも形になって来たのに、終わりなのは、だいぶもったいないと思っています

スポンサーリンク

巷では福士蒼汰さんの演技力が云々言われていますが、ぜんぜん大丈夫だと思うんだけど、何が気に障るんだろ?イケメンだからかな?
絶対フルサイズで見たかったな、所謂スパイ物になるんだと思うんですけど、日本のドラマで本格的スパイ物って今まであまりなかったので、ショートはだいぶもったいない

姉ちゃんの恋人

脚本家「岡田惠和」さんのオリジナル脚本、主演の有村架純さんとは「ひよっこ」をはじめ6作目の作品
ハロウィーンからクリスマスにかけて女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”が
職場の男性と恋に落ちながらも懸命に生きていくさまを描くラブ&ホームコメディ
地上波では2年ぶりの連ドラだそうで、私はWOWOWの視聴環境があるのでしょっちゅう見てる感覚

フジテレビ系、火曜21:00、10/27スタート、夏クールは「DIVER-特殊潜入班-」です

この恋あたためますか

アイドルになる夢が破れ、現在は無気力にコンビニチェーン「ココエブリィ」でアルバイトをしている井上樹木(森七菜)の唯一の生きがいはコンビニの新作スイーツ。趣味でSNSにスイーツの批評をしていたところ、その的確な批評を偶然目にした「ココエブリィ」本部の社長・浅羽拓実(中村倫也)が、樹木をスイーツ開発のスタッフに迎え入れ、ともにコンビニオリジナルの「一番売れる」スイーツ開発を手掛けることになる。
2人はコンビニスイーツの開発を通して社長とアルバイトの立場を超え「企業として勝たなくてはだめだ!」「スイーツなんて何も知らないくせに!」とそれぞれ歯に衣着せぬ物言いでことあるごとに対立するが、次第にお互いを意識して惹かれあうようになる。

TBS系、火曜22:00、10/20スタート、夏クールは「おカネの切れ目が恋のはじまり」です

良い!ドラマの雰囲気が可愛い、夜のコンビニスイーツテロだよ

スポンサーリンク

ラブホの上野さん season2(再)

夏クールで『ラブホの上野さん season1』が再放送されていたので引き続き視聴します
2017年の秋クールで放送された物の再放送です
素直な続き物です、続投組のキャストと2ndで新たなキャストが追加されて、やることは一緒です
ラブホテル「五反田キングダム」のマネージャー『上野さん』が恋愛指南をしていくもの
演者が特別うまいわけでも、ストーリーが特別良いわけでもありませんが
理由は知りませんが、火曜日はドラマが少ない曜日なので、つまらなくなければ見ておこうと

荒ぶる季節の乙女どもよ。

漫画原作の学園ドラマ、アニメ化もされたばかりとの事
文芸部に所属する女子高校生5人の物語。変わり者の多い文芸部は他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。
ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、部員の一人が投じた「セックスです」という発言。
その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く”性”に向き合い、”性”に振り回される日々が始まるのだった…。

ああ、これか、まとめサイトで見ました!アニメの描写で作者が女性と断定された作品ですね
男性の自慰行為は机の上に脚を乗せるスタイルじゃありません、性器の位置とか方法の関係上ね
原作はもっとひどかったようだけど、アニメで結構話題になったのに、なんでそのまま実写化しちゃったの?
撮影スタッフに男性居なかったの?wikipediaを見ると撮影監督に男性が一人確認できるけど、話数が違うのかな?
世界中の男性の大多数が「これは違う」という姿勢ですw演じた俳優さんは日常感がなくて逆に羞恥心が沸かなかった可能性はありますね

結構攻めてますね、地上波のドラマという事を考えるとギリギリの線なのかも?

チープな陰キャ系女子の学園ドラマなのかな、と思っていましたが、結構ガチでした

Pick Up!