2020年冬ドラマ(金曜日)3作 随時更新

2020年1月7日

実際はNHKやWOWOWのドラマも視聴していますが、録画漏れ等で視聴を断念する場合があるため
放送局側の都合以外で確実に視聴できる見逃し配信サイトで配信中のドラマのみを紹介しています
昨今はネット配信サービスやCS放送でドラマは頻繁に再放送されますよね
それらを見る時に、多少の参考になれば良いなとの思いで記事を書いています
冬春夏秋の4クール、各曜日ごとにまとめています
そのクール内でスタートした順に随時更新しています
初回視聴評、中間評、終了評を書くことにしています
視聴を中断したドラマも中断した理由を添えて紹介しています

コタキ兄弟と四苦八苦(終)

古舘寛治さんが演じる堅物ダメ兄と滝藤賢一さんが演じるチャラいダメ弟と
芳根京子さんが演じる兄が恋心を寄せる行き付けの喫茶店店員
ひょんなことから無職のダメ兄弟が「レンタルおやじ」業を始める事に
ぶっ飛んだ依頼者とクズのバカ真面目とクズのチャラ男の掛け合いが面白い

面白かった!古舘寛治さんの堅物感の出し方は上手いし、滝藤賢一さんのチャラさの出し方も
芳根京子さんのすっとぼけた演技も上手い、こういう上手い役者をうまく使った良い作品ですね
なんだろう、今クールで○○ロス第1候補かもしれません「コタキロス」

スポンサーリンク

病室で念仏を唱えないでください(終)

漫画原作の作品、僧侶で救命救急医という異色の医者が居る病院の物語
生きるとは何なのか、死ぬとは何なのか、そういうことを考えるドラマです
主演の伊藤英明さん、テレビ局と原作者の都合ではまり役が無くなって可哀想
良い役者さんだから活躍してほしいですね

良いドラマでした!
僧侶と救急救命医、割合的には3:7位かな
医者を主人公にする医療ドラマは星の数ほどありますが
それは医者は国家資格で得手不得手はあるだろうけど、どの病院でも同じ対処
でも僧侶を主人公にする仏教ドラマとなると、宗派が沢山あり過ぎて誰もが納得できる物にはなりにくい
よって、3:7のバランスはギリギリ出来る最善策なのかもしれませんね
生きるとは死ぬとはなんなのか、という哲学を追い求めてまだ答えが見つからないとう結末
そんなの答えられる人多分居ないので、無難な終わらせ方なんだと思います
伊藤英明さんの泣きの演技は相変わらず良い

スポンサーリンク

女子高生の無駄づかい(終)

漫画原作の作品、女子高生が繰り広げる学園コメディードラマ
主人公の「バカ」こと田中望を演じるのは岡田結実、ますだおかだの岡田の娘さんですね
昨年の冬クールで放送した「私のおじさん〜WATAOJI〜」も中々面白いドラマだったけど
今回のドラマでは弾け切ってます、ギャグ漫画の実写化は良くあるけど大抵30分番組
でもこのドラマは1時間枠、え?このペースで毎週1時間持つの?と思うほど
ハイテンポにコメディー満載のドラマです

細かいネタを後ろに引きずらずにどんどん出してくる手法、良いと思います
数撃てば当たるという手法、コメディーには必要不可欠
ライブなら、その場で客の反応を見てネタを変えられるけどドラマは無理だからね
中には何も面白くないエピソードもありますが、一瞬で終わるので問題なし
作者側が勝手に「どうよ、おもしろいでしょ?」のごり押しをすると
ハマって無い視聴者は次週から見なくなる、これをうまく交わした上手い演出です
機会があったら原作漫画を読んでみようと思いました

Pick Up!