歌い手と言う職業

先週放送のドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』がちょっと問題に?

劇中で覆面歌手AOIが顔出しと言う事務所主導で作られたスクープと、AOI口パク疑惑って言うスクープと、AOIの中身は売れない一発屋がピッチ変更をして発表した物って言うスクープが出たんだけど、名前も似てるし覆面歌手でもあるAdoさんに失礼だ!みたいな頓珍漢なドラマ批評が上がったという記事

でもね、Adoさんは所謂歌い手という職業でシンガーソングライターでは無いので劇中のAOIとの共通点は顔出しをしないというところだけ、バッシングするには弱いよ!

というか、今の人たちは作って歌うシンガーソングライターと作るだけで歌わないソングライターと作らないけど歌うシンガーを一緒にしてるんじゃないのかな?と思ったんですよ、なのでそれらを含めた音楽全般の事を独自に考察してみました

歌手(シンガー)という職業

歌手と言う職業は伝統音楽やオペラからアニソンや童謡まで様々なジャンルが存在するのですが歌謡曲の歌手というジャンルを日本は、アジアは他の地域より受け入れ力が高いんじゃないのかな?と思うんです

例えば今なら48グループとか坂道グループとかモー娘とかジャニーズっていうアイドルグループは歌手ですよね?自分たちで曲を作っているわけでは無い人、近代の日本のヒットチャートは大多数を歌手が占めています、J-POPと言うジャンルです、お隣韓国のK-POPも日本と同じスタイル、J-POPがアジアのスタンダードになっていますね
一方全米ヒットチャートを見ると大部分がシンガーソングライターなんですよ

スポンサーリンク

各種ランキング

歴代のランキングを見てみよう
(SSW=SingerSongWriter)

1970年のオリコン年間シングルランキング

  1. 黒ネコのタンゴ/皆川おさむ 歌手(童謡歌手で子役)
  2. ドリフのズンドコ節/ザ・ドリフターズ SSWバンド(コメディアン)
  3. 圭子の夢は夜ひらく/藤圭子 歌手(宇多田ヒカルの実母)
  4. 女のブルース/藤圭子歌手(宇多田ヒカルの実母)
  5. 逢わずに愛して/内山田洋とクールファイブ 歌手(グループサウンズ)
  6. 手紙/由紀さおり 歌手(安田祥子は実姉)
  7. 愛は傷つきやすく/ヒデとロザンナ 歌手(夫婦デュオ)
  8. 今日でお別れ/菅原洋一 歌手
  9. ヴィーナス/ザ・ショッキング・ブルー SSW(オランダのロックバンド/ビルボードで1位)
  10. 京都の恋/渚ゆう子 歌手

さすがに曲は一つも分りません、あ、1位のはカバーを聞いたことがあります

1980年のオリコン年間シングルランキング

  1. ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ SSW
  2. 異邦人/久保田早紀 SSW
  3. 大都会/クリスタルキング SSWバンド
  4. ランナウェイ/シャネルズ 歌手(現ラッツ&スター)
  5. 順子/長渕剛 SSW
  6. 贈る言葉/海援隊 SSWバンド(作詞:武田鉄矢)
  7. おまえとふたり/五木ひろし 歌手
  8. 別れても好きな人/ロス・インディオス&シルヴィア 歌手
  9. さよなら/オフコース SSWバンド
  10. 哀愁でいと/田原俊彦 歌手

ニューミュージックが一世を風靡していた時代ですね
この当時はまだCDではなくレコードです

1990年のオリコン年間シングルランキング

  1. おどるポンポコリン/B.B.クィーンズ 歌手
  2. 浪漫飛行/米米CLUB SSWバンド
  3. 今すぐKiss Me/LINDBERG SSWバンド
  4. さよなら人類/たま SSWバンド
  5. OH YEAH!/プリンセス・プリンセス SSWバンド
  6. Dear Friend/中森明菜 歌手
  7. 情熱の薔薇/THE BLUE HEARTS SSWバンド
  8. くちびるから媚薬/工藤静香 歌手
  9. 真夏の果実/サザンオールスターズ SSWバンド
  10. IF WE HOLD ON TOGETHER/ダイアナ・ロス 歌手(ドラマ『想い出にかわるまで』の主題歌)

CD黎明期でバンドブームですね

2000年のオリコン年間シングルランキング

  1. TSUNAMI/サザンオールスターズ SSWバンド
  2. 桜坂/福山雅治 SSW
  3. Wait & See~リスク~/宇多田ヒカル SSW
  4. Love, Day After Tomorrow/倉木麻衣 歌手&作詞家
  5. SEASONS/浜崎あゆみ SSW
  6. らいおんハート/SMAP 歌手
  7. 恋のダンスサイト/モーニング娘。 歌手
  8. 今夜月の見える丘に/B’z SSWバンド
  9. ちょこっとLOVE/プッチモニ 歌手
  10. NEO UNIVERSE/L’Arc~en~Ciel SSWバンド

CD全盛期でSSWとアイドルが混在しているJ-POPの最盛期ですね

2010年のオリコン年間シングルランキング

  1. Beginner/AKB48(秋元劇場)歌手
  2. ヘビーローテーション/AKB48(秋元劇場)歌手
  3. Troublemaker/嵐(ジャニーズ事務所)歌手
  4. Monster/嵐(ジャニーズ事務所)歌手
  5. ポニーテールとシュシュ/AKB48(秋元劇場)歌手
  6. 果てない空/嵐(ジャニーズ事務所)歌手
  7. Lφve Rainbow/嵐(ジャニーズ事務所)歌手
  8. チャンスの順番/AKB48(秋元劇場)歌手
  9. Dear Snow/嵐(ジャニーズ事務所)歌手
  10. To be free/嵐(ジャニーズ事務所)歌手

CDはアイドル用、SSWはデジタルへ移行し始めた時期ですね

スポンサーリンク

2021年のオリコン年間シングルランキング

  1. Grandeur/Snow Man(ジャニーズ事務所)歌手
  2. HELLO HELLO/Snow Man(ジャニーズ事務所)歌手
  3. 初心LOVE(うぶらぶ)/なにわ男子(ジャニーズ事務所)歌手
  4. Secret Touch/Snow Man(ジャニーズ事務所)歌手
  5. 僕は僕を好きになる/乃木坂46(秋元劇場)歌手
  6. ごめんねFingers crossed/乃木坂46(秋元劇場)歌手
  7. 君に叱られた/乃木坂46(秋元劇場)歌手
  8. I promise/King & Prince(ジャニーズ事務所)歌手
  9. A/INI(吉本興業)歌手
  10. 君しか勝たん/日向坂46(秋元劇場)歌手

アイドルオタクしかCD買わない時代なので全員アイドルなのは当たり前の結果ですね

2021年のオリコン年間デジタルシングルランキング

  1. ドライフラワー/優里 SSW
  2. うっせぇわ/Ado 歌手
  3. 夜に駆ける/YOASOBI SSWユニット
  4. 怪物//YOASOBI SSWユニット
  5. 炎/LiSA 歌手&作詞家
  6. Dynamite/BTS 歌手
  7. Cry Baby/Official髭男dism SSWバンド
  8. Butter/BTS 歌手
  9. 廻廻奇譚/Eve SSW
  10. Pale Blue/米津玄師 SSW

K-POPは各国版を出す事で上手い商売してるよね

2021年のビルボード年間ランキング

  1. LEVITATING / Dua Lipa(デュア・リパ)SSW
  2. SAVE YOUR TEARS / The Weeknd & Ariana Grande(ザ・ウィークエンド&アリアナ・グランデ)共にSSW
  3. BLINDING LIGHTS / The Weeknd(ザ・ウィークエンド)SSW
  4. MOOD / 24kGoldn Featuring iann dior(24kGoldn フィーチャリング イアン・ディオール)共にSSW
  5. GOOD 4 U / Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)歌手

5位を見ても分る通り、米国にだって歌手は存在しますが割合が違います、ちなみにオリヴィア・ロドリゴさんは俳優でディズニーのサブスクで有名になった方です

ビルボードランキング100の上位に入った日本人ミュージシャンは坂本九さんの『SUKIYAKI(邦題は上を向いて歩こう)』が1963.06.15に記録した1位を筆頭にYMO、ピンクレディー、松田聖子、宇多田ヒカル、ピコ太郎、等々全部で19組がランクインしましたが、大多数がSSWなんです、アメリカ人の好みって言っちゃあそれまでなんですが、世界で一番規模の大きいチャートなので影響力は大きくて

アジアの人は歌手だけでも評価する人が多いけど欧米の人はトータルで評価する人が多いのではないかと言う結論