モヤモヤさまぁ~ず2

さまぁ~ず

さまぁ~ず大好きなんですよ

今は終わっちゃったけど、さまぁ〜ず×さまぁ〜ずの感じ、友達がどうでもいい事を適当に話してる感じ、感じじゃなくて実際そうなんだけど、暴力的じゃなく、外をいじる芸風でもなく、2人ともぽんこつで、楽屋は一緒だし、飛行機の席も隣同士、何故なら「知らないおじさんの隣になるくらいなら知ってるおじさんの隣が良い」高校の同級生なので思い出が一緒だったり

さまぁ~ずライブは秀逸、シチュエーションコントだけど、どんなシチュエーションかは説明したくないというこだわりがあって、セットや会話で何となくわかる感じのすごく練られたコント、プラチナチケットだからもっぱらDVDやブルーレイで

最初はルックスで大竹さんが好きだったけど、神経質で運が悪くて歪んだ健康志向で面倒な人なのが分かってからは三村さんが好きになったり
初期のモヤさまで年寄りのお店に寄った後、三村さんは必ず「お元気で」って挨拶をするのがとても耳心地良い

バカルディの頃から好きで、大石恵三(バカルディとホンジャマカの番組)見てたし、内Pも好きで、でもQさまみたいな芸人以外と絡む感じの番組はあまり見てないし、野球とかプロレスの話には付いていけないけどw
他に、とんねるずとヒッチハイクで伊勢参りとか出雲参りとか、志村内村三村岡村日村田村の村の6人の村人!全員集合とかリンカーンまっちゃん宮迫があまり好きじゃないのであまり見てないけど、さまぁ~ず○○的な番組は結構見てます

で、モヤモヤさまぁ~ず2ですよ、一番最初のお正月スペシャルから始まって、深夜帯を乗り越えて、日曜日の鉄腕ダッシュ裏っていう捨て枠時代wも乗り越えて、やっと競合の少ない日曜9時に落ち着いて、今度は会員登録不要のTverで見逃し配信が始まりました!!毎回録画はしてたけど、録画失敗に怯える毎日曜9時wがやっと終わるw

スポンサーリンク

深夜帯が終わってからは時々共感性羞恥をくすぐる件が入るのが不満だけど、それでも欠かさず見ています、毎回夏になると水風船と水鉄砲を買い込んで始まる通称:真夏のテレ東祭、今年はオリンピックとコロナで夏の放送ほとんど無かったけど、収録は夏にしているはずなのである事を期待して待ってます

モヤさまに2が付いてる最初の理由がバカw
Wikipediaにある2が付いた理由が本当なのかもしれなけど、初回放送時に伊藤Pはさまぁ~ずからそのことを聞かれて「2が付いていれば面白くて2期が始まったと錯覚させられるから」後日談として「放送した後局の上層部からこっぴどく怒られた」初回からそんなゆるく始まった番組が15年目に突入

なぜ今Tverなのか

「なぜ今Tverで見逃し配信を始めたのか」を勝手に考察

サブスク時代だからだと思うんですよね、モヤさまといえば深夜の頃からDVD化されてて、取って出しなので未公開シーンが少なくて、未公開シーンを新しく撮るという暴挙をレギュラー放送でばらすという出たがり敏腕プロデューサー伊藤Pの手腕が光るテレ東のエースバラエティー番組

各局が自前の動画配信サイトを作ってサブスクで人気バラエティー全話配信なんて結構前からやってたけど、モヤさまがパラビで見逃し配信され始めたのは2018年12月から、他の強豪バラエティー番組が無料見逃し配信されている中、頑なに有料を続けていたのは、おそらくDVDが売れなくなるから

でもこのコロナ禍でビジネスモデルを刷新した様で時代はサブスクだってね
DVD1枚約\3,000で今まで発売されたのが35本、計算すると年に2本発売、ファンは買うけどそれ以上には儲からない
これをサブスクにすると、パラビ月額約\1,000でモヤさまを見たくてパラビに加入するけど、他の番組も見るから更新される率高いし、サブスクは解約手続きをしないと自動更新で\1,000くらいならまあ良いか、となるのでコスパも良いし円盤化より儲かる

スポンサーリンク

円盤作るにはパッケージを考えなきゃいけないし、未公開映像撮らなきゃいけないしw副音声の収録も必要だし、プレス費に印刷費に宣伝費にタレントとの取り分の交渉等々とにかくお金がかかるので、もう時代にそぐわないという結論なのでは無いかな?と思うわけです

こうなると、サブスクに呼び込む手法を考えていかないといけない、人気番組の見逃し配信をサブスクに限定するのと、無料配信を天秤にかけた結果、無料にして釣り餌にした方がよりアピール度が上がるという結論になったんだと考察します

最初のツイートにもありますがTverは著作権上、本放送では流してOKば楽曲でもネット配信ではNGなんて事が多々あるので、バラエティー番組を見逃し配信するとBGMが無くなる事が多々あって、すべてが伝わらない番組も出てくるのですが、それでも、登録不要というかユーザー登録機能が無いシステムでマイリストはクッキーに記憶するスタイルなので、個人情報が漏れるのを極端に嫌う情弱さんにも人気があるサービス、そのおかげで今では見られない連ドラはNHKとWOWOWだけ、東京キー局だけじゃなく地方局のドラマも見られます!バラエティー番組も結構な数見られるので、地上波をほとんど見なかった私が連ドラ視聴にはまったのもTverのおかげです

Amazon Fire StickでTverアプリを使ってTVで毎日Tver見てます