ひきこもりは非常に犯罪率が低い集団としか言いようがない

斎藤氏は「ひきこもり傾向だということは事実であろうことなので仕方がない部分もあるが、過度に犯罪に結びつけることはやはり違うと考える。川崎と練馬の間には福岡で子どもが母親を刺すという事件があったが、”連鎖”があったかどうかは検証しようがないし、ひきこもりという言葉が使われ始めて20年が経っているが、明らかにひきこもりの人が関わったという犯罪は数件しかない。つまり、100万人の当事者がいて数件しかないというのは、非常に犯罪率が低い集団としか言いようがない。相関関係がない問題を無理に結び付けようとするのではなく、抑制的に報道をして欲しい」と主張。

アクティブに外出まくってる人の犯罪率を示した後で引きこもりの犯罪率の話をして欲しい物です
結局いかに早く考えなくて済むような状態に持っていけるか
何かしらの傾向をこじつけてそれ以上考えることを放棄したいって姿勢
こんな人たちがどの口で報道機関名乗ってるんだって話ですよ

スポンサーリンク