歴史的ニュースをスルーする大手まとめサイト

ゼロ打ち

ゼロ打ちとは、開票開始時刻の20:00ジャストに出口調査の結果で当選確実の速報を流す事を言います

2021/8/22に投開票の行われた横浜市長選挙で野党統一候補と首相の側近が闘って野党統一候補に軍配
首相とずぶずぶだった現職さえもぶっちぎって野党統一候補がゼロ打ち当確、歴史的なニュースですが、大手まとめサイトや大手アンテナサイトでは今の所どこも取り上げていません、まるで選挙なんかなかったかのようにw

何が歴史的なのかと言うと、大本営発表と揶揄されるNHKが日本で一番人口の多い政令指定都市である横浜市長選挙クラスの選挙で、新人の野党統一候補が首相に近い与党系の候補者や現職を打ち負かしてゼロ打ち当確を出すのは異例中の異例、ここまで票差が付かなければ忖度でゼロ打ちはしなかっただろうしね

大手まとめサイト、アンテナサイトとはこの辺の事
【2ch】ニュー速クオリティ
痛いニュース(ノ∀`) – ライブドアブログ
もみあげチャ~シュ~ – ライブドアブログ
ニュース30over
暇人\(^o^)/速報 – ライブドアブログ
カオスちゃんねる
ラビット速報|2ちゃんねるまとめブログ
哲学ニュースnwk
NEWS SELECT – 2chまとめアンテナサイト
まとめサイトのまとめ – カナ速5センチメートル
(注意:単に羅列しただけで、すべてが政治ニュースを扱っているかどうかは調べていません)

こういうまとめサイト、個人が運営している様に見えますが、大多数が企業運営です、担当者が仕事としてまとめ記事をアップしています、これらの企業の裏には…
元々はすべて個人運営のサイトだったけど、ある程度PV(ページビュー)が稼げるようになると、企業から「売りませんか?!」ってメールが来ます
大手まとめサイトをウォッチしていると野党や左翼勢力を蔑む記事の多さに気が付きます、2ch(5ch)はネトウヨが好んで使う傾向にはあるけど、それでも逆側の意見は書かれますが、まとめサイトはそれを拾わないので、一方的な意見のプロパガンダ状態になっていますし、あえてそれを狙っています
2ch(5ch)にそういう記事が無いんじゃないの?って思うかもしれませんが、執筆時点の8/23-12:00で活発に書き込みがなされているスレッド順を見ると7位に【FNNプライムオンライン】自民党「菅首相では戦えない」 横浜市長選 惨敗で [孤高の旅人★]14位にIR誘致に弾み、大阪期待 横浜市長選 ★2 [蚤の市★]24位に菅首相 横浜市長選「大変残念な結果 謙虚に受け止めたい」 [蚤の市★]こんな状況

スポンサーリンク

野党寄りの記事を取り上げるまとめサイトも存在します
情報速報ドットコム
てきとう
ハンJ速報
なんJ政治ネタまとめ

市政は市議会で決めます

今回、野党統一候補(立憲・共産・社民・市民連合・その他)の山中竹春さんが当選しましたが、彼の政策には各政党それぞれにとても認められない物も多数含まれています
そもそも選挙での野党共闘とはすべてを容認できるわけではないけど、メインの争点になる部分で一致していれば選挙期間中はそれを実現するために共闘するのであって、公認ではなく推薦です
今回のメインの争点はIRと打倒自民党候補、他の政策は山中さん個人の政策であって関知しません
解るでしょ?自党の考えと100%一致するなら公認候補にしますよ、公認と推薦、違いを理解してください

それに、共闘は選挙期間だけ、市政はこれまで同様に各党派で議会に臨みます、市長の権限は議会に法案を提出できるだけ、市長のマニフェストを独断ですべて実現できるわけじゃありません、基本的な事を思い出して欲しい、日本は議会制民主主義の国だって事を

野党共闘に参加していない野党支持者の中には、その政策すべてを容認して「○○党腐ったな」的な認識で的外れなバッシングをしてきたりしますが、じゃああなた方はワンマンな長を求めているの?って話で
ちなみに横浜市議会の与党は自民党です、市長が野党統一候補であっても、議会は自民党が与党です

会派所属議員数
自由民主党横浜市会議員団・無所属の会36人
立憲民主党・国民フォーラム横浜市会議員団20人
公明党横浜市会議員団16人
日本共産党横浜市会議員団9人

内訳を見てわかる通り、今回共闘した立憲と共産の人数を足しても与党自民党には勝てません、公明党がしれっと寝返らない限りw(公明党とはそういう政党、勝ち馬ライダー)自民党有利なのは変わりません
今回の選挙結果をみて、世論を評価して考えを変える自民党議員さんが出てくれば横浜は変わるかもしれませんが、そう簡単な話ではありません

スポンサーリンク

投票率

前市長、林文子さんが初当選した2009年は68.76%でしたが、この時は衆院選と同時だったので投票率が高かったのですが、今回はそれに次いで近年では2番目に高い49.05%でした、横浜市に限らず、全国の自治選挙って投票率あまり高くないんですよね、悲しいですね
コロナ禍で投票率は下がると思ったけど、やっぱりコロナで林さんは一切表に出ないし、自民党はいまだにグダグダだし、さすがに普段物を言わない横浜市民も「これはヤバイ」って思ったのかもしれませんね
普段から政治を監視している後援会側の人たちにとっては争点はIRでしたが、一般市民はIRなんて関係ないからね、IRってなんなの?くらいの認識だと思います

みなさんこの思い、まだ忘れないでね!本番は10/21までに行われる解散総選挙ですよ

得票数

順位氏名得票数得票率
1山中 竹春506,39233.59
2おこのぎ 八郎325,94721.62
3林 文子196,92613.06
4田中 康夫194,71312.92
5松沢 しげふみ162,20610.76
6福田 峰之62,4554.14
7太田 正孝39,8022.64
8坪倉 良和19,1131.27

政令指定都市の市長選挙の供託金は240万円です、供託金没収点は有効投票総数の10分の1

今回の横浜市長選挙の有効投票総数は1,507,554なので、供託物没収点は150,755.400です