ネットゲーム

2019年5月16日

目次

LAN

Doom

初めてネットワークゲームに出会ったのはLAN対戦の出来るDoomという洋ゲー
MS-DOSで動くジャンルで言うとFPSになるのかな?
三半規管弱くてすぐ酔っちゃうので、深くプレイはしてません
元々ビデオカードのおまけだったので出来なくても特別何もw
隣の席の先輩の画面に自分が映ってる!っていう驚きの記憶しかありません

DOOM【CEROレーティング「Z」】 - PS4
DOOM【CEROレーティング「Z」】 – PS4

モトレーサー

PC版のモトレーサー、これもビデオカードのおまけだったけど
レースゲームなのでDoomの様に酔う事もなくレースが楽しめましたが
当時はPCスペックでゲームプレイに差が出る様な時代だったので
社内でシステム管理をしていた私が常勝w
後にプレステ版のソフトも買いました

モトレーサー
モトレーサー

MMORPG

MU -奇跡の台地-

「MU -奇蹟の大地-」のオープンベータが初MMORPG
当時はハンゲームのアカウントでプレイ出来たので何となくやってみました
スゴイ世の中になったな~って感動してました
オープンベータとはいえ、あれだけのシステムでプレイ料金無料って

スポンサーリンク

リネージュⅡ

2004年2月11日からオープンベータサービスがスタート
たまたま購入した週刊アスキーに特集記事があって興味津々で待ってました

初日からプレイ開始、最初は暇なときにちょこちょこ遊ぶ程度だったんですが
1か月くらいたったころ、一緒に遊べる仲間が欲しいなって思うようになって
他のゲームではギルドとかって言うんですが、リネ2では血盟っていうグループを作ったんです
ゲーム内やHPを作ったりして仲間を集めて
当時作っていた血盟HPはここ、 ちょこちょこ休止を挟みながらも、約10年続けました

リネージュM

最近少年隊の東出演のTVCMで「リネージュM」 の宣伝してますが

これはリネージュ1のモバイル版でストーリーが違うので遊びません
先行登録で武器が貰える!とかってCMしてますが、先行でサービスしている
本家韓国版のプレイ動画を見てから始めるのをお勧めします
居間で遊んでる4人の手元のスマホが武器に変わっていく風CGになっていますが
リネージュ1は視点が斜め固定の2.5Dゲームで、一昔前のゲームですよ

スポンサーリンク

リネージュ2レボリューション

一昨年の秋頃矢沢永吉のTVCMで宣伝していた「リネージュ2レボリューション」
これは少しやったけど、運営会社が違うのですぐ飽きました

リネージュ2M

今待っているのは「リネージュ2M」来年日本上陸予定のある
本家リネージュ2のモバイル版です
オリジナル版をやっていた頃の様なプレイはもうしないけど
未だに現役でサービスが続いているMMORPG作品のモバイル版には期待しかありません

ちなみに、モバイルゲームと謳っていますが、本当にモバイル端末でプレイすると端末の寿命が縮まります、ご注意ください
モバイルゲームと名乗っているのは対応OSがi OSとandroidだからですよ
PCでandroidエミュを使ってプレイするのが一番環境にやさしい遊び方です

本家のリネージュ2は月額課金+アイテム課金なシステムです
サービス開始当時は日本一高いプレイ料金のゲームでした
おかげで子供が乱入せず荒れないゲームで結果オーライでしたけどね
クラッシックと言われるバージョンは基本プレイ無料+アイテム課金です
リネージュMは基本プレイ無料+アイテム課金です
運営は別会社ですがリネレボも基本プレイ無料+アイテム課金です
この流れや業界の感じを見るとリネージュ2Mも基本プレイ無料のアイテム課金だろうなと思われます
韓国でも開発が遅れているようで、本来であればもうサービス開始がされていたはずでしたが、開始時期が今年の下半期にずれました
速く実際のプレイ動画を見てみたいな

Pick Up!